2017年04月23日

【日記】キリスト者の声は届いているか?

「イエス様は、わたしたちの罪のために十字架にかけられ、わたしたちをあがなってくださったのです。この福音を喜び、神様の恵みを分かちあいましょう」

毎週、ミサに通い、司祭の説教を聞くたびに、わたしは考えている。これを未信者が聞いて、果たして、キリスト教徒になりたい、と思う人がどれだけいるだろうか、と。

カトリックのミサにおける司祭の説教は、プロテスタントの牧師先生のそれよりもはるかに短いと思う。実際、カトリックの場合は、説教はそれほど重要視されていない。なぜならミサのクライマックスはホスチアとぶどう酒を聖変化させたキリストの肉と血をいただくこと――聖体拝領――にあるので、説教自体に重きを置くことはあまりないからである。

もちろん、司祭によって、説教の上手い下手はある。説教の上手さイコール司祭の司牧能力ではないし、逆もまた真なりではある。
このあたり、プロテスタントの牧師先生とは、またちょっと違うのかもしれない。エキュメニカルなイベントなどで、牧師先生の話しぶりを聞くと、「うまいなあ」と、正直、感心してしまう。

ただ、その「感心」も、わたしがクリスチャンだからこそ、なのだ。一番冒頭に書いた台詞。いかにも司祭や牧師先生が言いそうな一言だ。どうだろう、これを読んで、すんなり「キリスト教っていいな」と思う未信者がどれだけいるだろうか。

司祭の説教集や、牧師先生の書いた本を読む機会もたくさんあるが、それらの言葉の大体が内向き、つまり、クリスチャン向けに書いてあるとわたしは思う。
クリスチャンの方のブログなども拝読しているが、やはり同じような印象を受ける。とてもピュアであり澄んではいるが、やはりクリスチャン内部での言葉のやりとりに終始している印象を受ける。。

「イエス様=v「罪」「十字架」「あがない」「福音」「恵み」「分かちあい」。言ってしまえば、これらはすべて、業界用語である。日本人の97パーセントを占める非キリスト信者にとって、こんな言葉を使われた説教をされても、ピンとくることはないだろう。「いいお話だったなぁ、来週もまた教会に来てみよう」などとは思うまい。

そこで、キリスト教系新興宗教に限らず、仏教系新興宗教であっても、逆の手段で信者の獲得を図るようになる。つまり「脅し」である。「今のままだとあなたは地獄に墜ちる」「今、あなたが不幸なのは信仰がないから」と脅すのである。もちろん、これは間違った布教方法だし、それ以前に、間違った宗教である。

わたしはクリスチャンなので、キリスト教のことしかわからないが、上記のような業界用語で韜晦することなく、本来、もっとピンポイントで、わかりやすく「キリスト教」の良いところを伝えるべきではないか、と、日々、思っている。

それは簡単なことだ。「我々の人生は死で終わるものではない」という、シンプルな話である。それを2000年前にイエスが先陣を切って証明してくれた、ということである。

我々自身も、我々の愛した人々も、あらゆる創造物も、それを信じれば(イコール、イエスを信じれば)、かの日にすべて復活する。これこそが業界用語で言うところの「福音」なのだと。
他のいろいろな概念や神学は、結局はこれにすべて収斂するのだ。

キリスト者は、このシンプルな「喜び」を未信者に伝えるべきなのである。あなたの人生もまた、死で終わるものではない、と。
「信じる者は救われる」のではない。「救われたから信じる」のである。「あなたはもう救われている」と、気づかせてあげるのが宣教なのである。

わたしの友人は仏教徒(宗派は知らない)なのだが、やはり尊敬できる僧侶がいて、その行動や気遣いに、仏教はいいな、と思ったのだそうだ。
キリスト教徒も同じである。洗礼を受けた我々は、すぐに内向きになってはいないだろうか。勉強会といい、聖書研究会といい、業界用語を使う内輪褒めの集団化してはいないだろうか。
クリスチャン人口3パーセントのこの国では、本来、もっともっと外を向くことができるはずだ。それは決して、某新興宗教のように戸別訪問をしよう、ということなどでは絶対なく。日々の生活を通して。

わたしも、もし街で暴漢に刺されでもしたら「結城さんは毎週教会に通う敬虔なクリスチャンだった」と新聞に書かれる程度にはケーケンな信者だが、このブログでは、ありがちなクリスチャン像、カトリック信徒像を壊していきたいと思いつつ、いろいろ書いている。
流行の萌えアニメも見れば、バンバン拳銃を撃つ暴力的な映画も好きだ。マンガもよく読むし、甘い物には目がない。決して「主の恵みに感謝」「十字架の主に救いを」「主よ来てください」などと、神様神様した、浮き世離れした生活を送っているわけではない。前教皇はキュベレイだし、怖い顔だったと思っている(でも猫好きなんですよ、前パパ様)。

なにも難しいことなどない。我々クリスチャンが特別ではないこと。悩み、惑い、人生の理不尽にため息をつき、それでも「我々の人生は死で終わるものではない」ことを信じて生きていることを伝えれば良いのだ。

「神のいつくしみの主日」に、神の恵みに感謝しつつ。アーメン。(と、最後は業界用語でオチをつける)。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年04月22日

【日記】だから3Dは失敗するんだってば

「【回想録】レンタルビデオ」でも書いたが、当時、ビデオテープではなく絵の出るレコード≠フハード競争では、パイオニアを盟主とするレーザーディスク(以後LD)と、ビクターを盟主とするVHDが鎬を削っていた。というか勝敗は早い頃に決し、VHDの負けで決まっていたのであるが。

負けたとはいえ、VHDは、それはいい規格だった。その大きな特徴は、なんといっても静電容量方式を使った「針式」であったことである。もうCDが発売されていた時代、再生すればするほどディスクが傷むという、時代に逆行したノスタルジー機能搭載に、オーディオビジュアルマニアは涙ちょちょ切れた。

それに、動画はCAV(角速度一定)で記録されていたので、静止画、スロー再生、コマ送りがお手の物だった。

一方のLDは、長時間ディスクはCLV(線速度一定)だったもので、トリックプレイは苦手だった。ださっ。
CAVで収録された映像プログラムもあったが、これは収録時間が短くなってしまう。わたしは「2001年宇宙の旅」のCAV版を持っていたが、これはなんと6枚組だった。

それでもLDはCDと同じようにレーザーで情報を読み出すので(情報自体はアナログ)、何度再生しても、ディスクが傷むことはない。なんとも味気ない話である。うむ。
VHDのように、再生すればするほど画質が悪くなっていくようなことはないので、アナログレコードを大事にするような「一聴一会」のオーディオビジュアルマニアの琴線には触れなかった。よね?

ところで、アナログレコードはCAVなのだが、となると当然、レコードの外周部の方が情報密度が大きくなる。クラシックのレコードなどで、後半にクライマックスが来る曲をダイナミックに記録するため「内側から針を落とし外側に向かって再生するレコード」というものが本当にあった。これ、ちょっとした無駄知識な。

さて、VHDは「針式」とは言え、ディスク自体は四角いケースに封入されローディングするもので、ユーザーが自分で針を落とすわけではなかった。カッチョエー。先進的である。
しかし何度も書くが、「針式」の宿命として、VHDディスクには、再生すればするほど寿命が縮む、という、大きな欠点^h^hノスタルジーがあったのである。
CDが虹色の原音再生≠惹句に半永久的≠謳って大々的に売り出されている時代に、「いまさら再生すればするほど画質が落ちるハードなんて誰が使うかよ」と、VHDは多くのオーディオビジュアルマニアから失笑を買っていたのだった。

あっ、ここにきて、ついに本音を書いちゃった(笑)。

まあそんなわけで、VHDは最初からLDにかなう規格ではなかったのである。

さて、そのVHDには、LDにはない、さらに大きな特徴があった。「3Dメガネを使うと、3D動画の再生ができる」機能付き、ということである。

どうです? もうここらへんで、失敗を約束されたハード臭くなってくるでしょう?

わたしの父は、赤と青の色眼鏡で見るアナグリフ式の立体映画を見たことがある世代である。これは当然、モノクロ映画となる。感想は「こりゃ定着しないな」だったそうだ。

わたし自身が最初に体験した3D映画は、ディズニーランドの「キャプテンEO」だった。マイケル・ジャクソンのアレである。この立体感は素晴らしい! と感心したが、これを映画館や家庭のテレビで観たい、とは思わなかった。アトラクションだから良いのであって、映画をこれで観たいとは思わない。

ところが、ここ数年、なにを勘違いしたのだか、劇場での3D映画ブームが再来した。わたしは好んで2Dの方を観てきたが、時間によっては3Dの方を選ばなければいけないときもある。
3Dは最初の数分こそ「おっ」と思うが、すぐに馴れてきてしまうし、全体的に画面が暗くてイヤだ。メガネの上にメガネをかけなければいけないというのもウザったい。

そしてハードの方。テレビも地上波デジタル用テレビが普及してしまったので、買い換え需要喚起のため、メーカーが「3Dメガネを使って、大画面で立体映画を楽しもう」という製品をバンバカ売り出すようになった。
わたしと父は冷笑していた。父はアナグリフ式の映画で、わたしはVHDの失敗で、3Dは失敗するとわかっていたからである。

案の定、3Dテレビは売れることもなく定着せず、今年2017年、最後まで3Dテレビの生産を続けていたLGとソニーが3D対応テレビの生産終了を発表。

「祝・3Dテレビ大失敗!」

だから、3Dは失敗するんだってば。
今まで、映画界もハード界も、何度も3Dに挑戦しては失敗してきてるのに、ほんと、懲りない人たちだ。

個人的な直感に過ぎないが、頭になにかを被せて映像を見せるタイプのものは、流行はしても定着はしない、と思う。今のVRヘッドセットも一過性のブームで終わるのではないだろうか。

劇場でも、3D映画はなるべく避けるようにしていたが、最近は3D上映そのものも少なくなってきたようで慶賀の至り。
なお、4DXはアトラクションとして面白いと思っているので、これは残ってもいいな、と思っている。

それにしても、「失敗する」とわかっているのに技術者、経営者を魅惑する3Dというものはなんだろう、永久機関≠ンたいなロマンなのかもしれない。

でもね、再度言っておくが、3Dは、失敗する。
少なくとも、3Dメガネを必要とするデバイスは失敗する。肝に銘じてくださいね>経営者・技術者の方々。

そういえば、任天堂の3DSは3Dだが成功している方のハードなのだろうか。あれは特殊メガネを必要としない方式だから良いのだろう。
とはいえ、わたしはいっさい3D機能を切ってプレイしているんだけれど、ね。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年04月21日

【回想録】怪獣映画の思い出

「♪大きな山をひとまたぎ、キングーコングがやってきた」

続きはJASRAC的なアレで書かないが、わたしはこれの一番を最後まで歌える世代である。思い出的には、小学生の頃、春休みに昼間にヒマしているとき、チャンネルをガチャガチャ回して子ども向けの番組を探して観ていた、という感じ(ぜんぜん違うかもしれないが、これは思い出補正なのでその点ヨロ)。
この時間帯は、他には「出てこいシャザーン」とか「サンダーバード」とかもやっていたと思う。で、そのラインナップの中で、キングコングは、正直、あまり好きではなかった。面白いとは思わなかったのだな。

というわけで、これは映画館で、「キングコング――髑髏島の巨神――」の開場待ちの時間中に書いている。観る気はなかったのだが、空き時間にタイミングよく観られる映画がこれしかなかったのだ。
実はわたし、怪獣映画はそれほど好きではないのである。

好きではないが、コモン・センスとして「昭和29年の初代ゴジラ」、「昭和39年のモスラ対ゴジラ」程度は子供の頃にテレビで観ている。そして「1984年のゴジラ」は友人H君と有楽町マリオンで観た。
そのとき買ったパンフが、密林と化している書斎の映画パンフコーナーから発掘されたからこそ、この記事を書いているようなものである(笑)。



いやぁ「84ゴジラ」は「バカ映画」だった。見終わったあと、H君と感想戦でゲラゲラ笑いあったものであった。
なにしろ、自衛隊が政府に秘密で「スーパーX」などという超兵器を「こんなこともあろうかと」用意しているのである。今ならパヨク発狂である。ソ連が核ミサイルを誤射しちゃったり、それをアメリカに迎撃依頼しちゃったり、なんとも舞台装置が派手である。


(これが自衛隊の秘密兵器「スーパーX」の断面図だ! 政府も知らなかったぞ!!)

ゴジラはよく動くよう細工してあり、撮影時には「サイボット・ゴジラ」と命名されていた。なんと、まぶたまで閉じるという凝りようである。


(まぶたも閉じれば眼球も動く仕組みはこれだ)

ところが本作「84ゴジラ」のヒロイン、沢口靖子さんは、映画の中で一回も目を閉じない。そこでわたしとH君の間では、「あの沢口靖子は人間ではない。サイボット沢口靖子≠ネのだ」という共通見解が生まれた。


(マブタハトジマセンガ、エンギハデキマス。さいぼっと沢口靖子デス)

そして前述の通り、ゴジラは1984年当時の東京を破壊する。いやぁ、今、座って観ているマリオンが破壊されるシーンは愉快だった(笑)。


(マリオンを破壊するゴジラ、やれやれーw)

そんなこんなで、バカ映画としては楽しんだが、内容はもう全然覚えていないのである。むしろテレビで観た「昭和29年ゴジラ」の方が、伊福部昭の名曲とともによくストーリーを覚えている。

それから数十年。怪獣映画は苦手なもので、進んで観る、ということはなかった。「ジュラシックパーク」が怪獣映画に入るのだとしたら、何本かは劇場で観ている。あれも観ているときは面白いが、見終わって数週もすれば、話を忘れている。

映画館によってはありがたいサービスをやっていて、夫婦のどちらかが50歳を越えていると、そろって割引で見られる、というものがあるのであった。
そこで、わたしが50歳を越えたお祝いに、二人でリブートの「ハリウッド版ゴジラ」を見ることにした。不倫をした日本の国際俳優が「ガッジーラ」ではなく「ゴジラ」と言うことにこだわったというアレである。

見ている間は楽しかったが、うーん、だんだんと、誘った細君にもうしわけなくなってきてしまった。なにしろ、ゴジラ以外の怪獣も出てきて、人間とゴジラと別怪獣の三つどもえのドンパチギャーギャーばかりである。細君は面白いと思ってくれているだろうか。
そのとき、悟った。これは女性が、男性アイドル俳優が壁ドンするだけでジワーッと脳内麻薬が滲み出るようなスイーツ映画の男版≠ネのだ。つまり、ゴジラは男どものアイドルなのである。

エンドロールが終わった後、細君に「なんか、ごめんね」と謝ってしまった自分なのだった。面白かったんだけど、ね。自分は。

そんなこともあったので、「シン・ゴジラ」は一人で観にいった。特に感想は書かない。

怪獣映画が苦手、という自分の嗜好は、おそらく根っ子のところで、「アイドル映画」が苦手だからなのだろう。最後に観たアイドル映画は、南野陽子さんの「はいからさんが通る」だったと思う。
それでも男だから、怪獣映画のドンパチシーンでは脳内麻薬が出るので、観ている間は楽しく観ていられる。が、見終わったあとには何も残らない。そんな感じだ。

「仮面ライダー」に代表される特撮モノや「戦隊」モノは、怪獣映画よりもっと苦手で、まったく食指が動かない。これは怪獣映画よりあからさまに「アイドル色」が強いからと思われる。
そういえば、前述の「ジュラシックパーク」のティラノサウルスだって、すでにアメリカ人のアイドルなのだな。

イケメン俳優にキャーキャー言っている女性の層と、ゴジラにウォーウォー言っている男性の層は、実は同じ感性なのである。

     *     *

アステリックス二つで時間の経過を表して、「キングコング――髑髏島の巨神――」を観終わったあと、こうやって続きを書いている。
感想は、やはり「むくつけきアイドル映画」であった。太陽をバックにキングコングがドラミングする胸アツシーンは、スイーツ映画でイケメン俳優が壁ドンするのと同じような定番なのですな。ウッホッホー(笑)。
エンドロールは絶対に最後まで観ることをお勧め。

それにしても、キングコングも、ゴジラも、モスラも、ラドンも、ティラノサウルスも、本当にでっかくて咆吼をあげるゴリゴリした生き物が好きなのねぇ、男の子って。いくつになっても。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録