2017年08月18日

【カットリク!】編集手帳――ニケのわけがないだろう!

 果たして、この記事をどう書いたら良いのか困惑している。
 2017年8月16日、読売新聞の編集手帳より。


(クリックで拡大できます)

ギリシャ神話の女神に、翼も凛々しいニケ(Nike=勝利)がいる。
(中略)
昨年のリオ五輪が終わった頃、「読売歌壇」に載った一首を切り抜いてある。<十字切り、ウサイン・ボルトが仰ぐとき神はこの世にいるとおもえり>(館山市・山下祥子)。ニケ様だろう。


 頭痛い……。
 まいった……。

 ええと、「編集手帳」と言えば、読売新聞朝刊の第一面に載っている、歴史の長いコラムである。
 記者もきっと社内から厳選された、有名大卒の学力の高い方で、深い知恵も鋭い見識もあり、長い年月によって培われた物事への洞察力と社会への問題意識を持ち、驚くほどの読書量を誇り、人脈も広く、すべてにおいてわたしなんぞとは比べ物にならないほどの知識人でいらっしゃるに違いない。

 でもね……。
 ええとね……。

「十字を切って祈るのは、三位一体の神つまりキリスト教だから! ウサイン・ボルトがニケに祈っているはずがないから!!」

 実際、ウサイン・ボルトはカトリックで、不思議のメダイを身に着ける程度には敬虔な信者である。

 というか、なぜ、「十字を切る」祈り方で、キリスト教をすぐ連想しないのか。なぜ多神教のギリシャ神話の神に祈ると思ったのか。この記者、根本的に「宗教」というものを基礎からお勉強しなおしたほうがよろしいのではないかと思われる。
 一神教の神に祈っているのにそれを「ニケ様だろう」とドヤ顔で多神教の神に祈っていると書くなど、「宗教」にセンシティブな者なら絶対にしないことだ。

 同時に、「宗教」にセンシティブでないというのは、「人間社会を理解していない」のと同義でもあるのだ。「宗教」を指す英語「religion」とは「再びつなぐ」という意味であり。人と人とを、人と時代とを、人と信念とを結ぶものだからだ。

 ああ、なるべくやわらかく書こうと思っていたのに、やっぱりちょっと本音が出てしまった。いやしかし、こんな記事が校閲部も通って活字になり、全国紙として堂々と配られてしまうのだから、ほんとうにこの国は新興宗教カットリク!に汚染されている。

 ところで、十字の切り方は、カトリックと東方正教会で微妙な違いがあり、それで教派がわかるというおまけつきだ。なおプロテスタントは十字を切らない。このあたりはまた、そのうち、別の記事で。

カットリク!ポイント72――
カットリク!では十字を切って、ギリシャ神話の神に祈っちゃったりする。


 ほんと、勘弁してくださいよ……。
posted by 結城恭介 at 08:00| 新興宗教カットリク!の研究

2017年08月17日

【日記】東京国際ブックフェア中止とな!?

 今年秋の「ギフトショー」と「PIショー」がビッグサイトで同時開催(2017/09/06〜08)という案内が来て、こりゃ会社関係の陣中見舞いが一回で済んでいいや、と思っていたのだが、ふと、今年の「東京国際ブックフェア」はいつだろう、と検索してみたら――なんとなく不吉なサジェストが……。



 そしてざっと記事を読んでいくと、なんと今年2017年のブックフェアは「中止」とのこと。無期中止というわけではなく、「来年に延期」との話だが、このままなくなってしまう可能性も高いような気がする……。
 中止自体のニュースは今年三月に流れていたとのこと。なのでご存知の方にとっては「いまさら!?」なお話しかもしれないが、その「いまさら」なことが書けるからこその「いまさら日記」ということでご容赦を。

 去年の「東京国際ブックフェア」についての記事は2017年9月25日に書いている(「【日記】ブックフェア」)。内容も、毎年、着実にショボくなっていくフェアに対して辛口のものだった。
 いやしかし、それでも、ブックフェアがなくなってしまうとは思いもしていなかった。


(これは2009年。第16回目のときの写真)

 正直、寂しく、後頭部をピコピコハンマーでパカーンと殴られたような気分である。

 これは本当に「冊子体」としての本は斜陽産業になりつつあるのではないだろうか。それを認めなければいけない日が来たのではないだろうか。

 実は、これはそのうち別記事にもするつもりだが、文藝家協会入会のレギュレーションが近々ゆるくなり、なんと、冊子体の本を出版社から出していなくとも、文芸分野で活躍している方なら受け入れる、となる予定である(もうなっているかもしれない)。
 これはつまり、電子書籍だけでなく、Webのみで執筆している作家も「文藝家」として受け入れる、ということである。(ただし誰でもというわけではなく、理事一名と一般会員一名の推薦は必要)。

 東京国際ブックフェアは、この「冊子体の本」と「電子書籍」の変換期に方向性を見失い、どっちつかずになってしまった結果、縮小の一途をたどってしまった気がしないでもない。

 電子書籍について言えば、根本的には場所をとらず好きだが、現状の「読む権利を出版社から買う」という形の電子書籍は大嫌いである。
 みなさんご存じであろうかと思うので言うまでもないが、その電子書籍のサービスが終わってしまったら、もう読むことができない、という悲劇が、今までも何度も起こってきている。
 結局こうなると、一強のAmazon、キンドル以外に選択肢がなくなってくる。
 逆に言えば、ユーザーはAmazon(キンドル)のわがままを聞かざるを得なくなってしまうわけで、ある日突然、自分のアカウントが削除され、それまで買った本(の権利)がすべて失われてしまう可能性もあるわけである。これは非常に恐ろしい。

 個人的には上記の「読む権利がいきなり削除される」ような事態がなければ、電子書籍はとてもよいメディアだと思っている。実際、集中して読んだ作品などは、あとで思いだそうとしても、電子書籍で読んだのか、冊子体で読んだのかが思い出せなかったりする。

 一応、クリスチャンとして、超小型の新約聖書をカバンの隅に入れてはいるが、実際に引くときはスマホに入れた電子書籍の方である。
 かように、電子書籍は素性はよいのである。デジタルテレビのB-CASのように、おかしな権利関係の主張で、妙な方向へいかなければよいのだが……。


(これは2011年のとき。西館上からの様子。電子出版エキスポと同時開催で、まだ勢いはあったが……)

 というわけで、話はブックフェアに戻ってきて、わたしは毎年「日本聖書協会」のブースで、新しい装丁の聖書や、関連本を買うのを楽しみにしていたのである。わたしは日本聖書協会の協賛会員なので、バッジをお見せすると、資料を無料でいただけたりもしていたのだった。 
 2018年完成予定の「新翻訳聖書」も作業が佳境に入っている時期だというのに。本当に残念だ。

 日本聖書協会直営の「バイブルハウス南青山」でも覗きにいくかなぁ……。と思う夏である。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年08月16日

【日記】ニセウイルスの詐欺ページ

 某月某日、楽しくネットサーフィンしていると――


(クリックで拡大できます)

 いきなりこんなウィンドウが。
 言うまでもないが、もちろん詐欺である。

 中央のダイアログにはこんな脅し文句が並ぶ。



 検索に引っかかるよう、文字起こしもしておこう。

 support.Microsoft.comは言う:
**お使いのコンピュータは、BLOCKEでした。

 エラー # DW6VB36.

 すぐにお知らせ下さい:03 4579 5825.
 もしこの警告批判。<br>無視しないでください。このページを閉じると、コンピューターへのアクセスは無効となります 私たちのネットワークにさらなる損傷を防ぐため。私たちのコンピューターは私たちに警告 それは、ウイルスやスパイウェアに感染しています。情報 次は盗まれた.

Facebookのログイン
>クレジット カードの詳細
>アカウント ログイン用メールアドレス
>このコンピュータに保存されている写真。
お問い合わせをする必要がありますすぐに、当社のエンジニアは電話を削除するプロセスをガイドすることができます。お使いのコンピューターが無効であるを避けるために次の5分でお電話ください。

携帯電話:03 4579 5825


 ところどころおかしい日本語でおわかりいただけるとおり、再度繰り返すが、言うまでもなく、詐欺である。こんなところに電話などしたりしないように。

 しかもご丁寧なことに、これに延々とリピートされる女声アナウンスがつく。録音してみた。

 詐欺サイトに流れる音声(mp3)

 これが再利用されて悪用されないよう、BGMに「♪たーんたーんたぬきの」が入れてある。
 実は「♪たーんたーんたぬきの」は賛美歌である。が、カトリックの使う「カトリック聖歌集」「典礼聖歌集」にはもちろん、「讃美歌」「讃美歌21」にも載っていない。なのでわたしは教会で歌ったことがない。曲名は「まもなくかなたの」だそうだ。うーん、この世界、本当に奥が深い……。

 詐欺サイトの話に戻ると、いきなり流暢な女性音声のアナウンスが流れるものだから慌てたりするかもしれないが、こんなものはただの脅かしなので、ウイルスだのFacebookのデータが盗まれただのを信じてあたふたすることはない。タスクマネージャからブラウザを落とすか、よくわからなければ再起動でよし。あなたのPCが(このページのせいで)ウイルスを仕込まれたりしていないことは、わたしが保証する。

 それにしても、詐欺の連中も手が込んだことをするものだ。女声アナウンスも合成音声ではなさそうだし、どんな気持ちでこんな録音をしたのだろう、などと想像してしまった。もしかしたら彼女もだまされて、マイクロソフトの仕事だと思って録音していたりして。

 しつこいようだが、再々度繰り返す。これは詐欺サイトなので、載っている電話番号に決して電話してはならない。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記