2017年03月26日

【日記】占い

「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする(ヨハネによる福音書 8:32)」

キリストもんになって、自由になった部分は少なくないが、「占い」に一喜一憂、右往左往することがなくなったというところは確実にある。

たとえば毎日テレビでやっている星占いとか(細君がテレビをつけているので嫌でも耳に入ってくる)、雑誌に載っている干支占いとか、手相とか、風水とか、縁起かつぎとか、六曜とか、天中殺とか、そういうものに振り回されなくなった。

なお、血液型性格診断は、ある考察により「無視はできない(必ずしも非科学的とはいえない)」と思っている。このことはそのうち、また別記事で。

意外に思われる方がいらっしゃるかもしれないが、キリスト教は占いの類に頼ることを良しとしていない。どっちもオカルティックといえばオカルティックだが、オカルティック同士、縄張りがあるということである。
主に占いを禁じているのは旧約だが、たとえば「占いや呪術を行ってはならない(レビ記 19:26)」のように、占いや占い師を排斥せよとする文言は少なくない。

教会学校の子に「どうして占いに頼っちゃいけないの?」と訊かれたときは、こう答えた。
「創世記のヨセフ物語は知ってるよね(皆で「ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート」見たことがあった)。もしあの日、ヨセフが占いで外出とお兄さんの意地悪に注意≠チていうのを聞いて、ヨセフがお兄さんたちのところに行かなかったら、彼はエジプトで活躍できなかったし、最後に一族の飢えを救うこともできなかったでしょう? つまり、神さまが立てた大きな計画が、人のこざかしい知恵でダメになっちゃうことがあるから、占いはあてにしない方がいいってことなんじゃないかな」

この説明で、子どもたちが納得してくれたかどうかはわからない。が、結局、キリスト教が占いを良しとしないのは、そういうことなのだろうと思う。

なんにしろ「今日の俺の星座は最悪かよー」と朝から暗い気分になることがないのは良いことだ。
良いことも悪いことも、主におまかせである。

ハナっからあてにしなくなると、そういう記事や放送も目や耳に留まらなくなるから不思議だ。
それにしても、NHKはやっていないからまだマシだが、朝の情報番組でこぞって「今日の星占い」をやっている先進国というのはどうなのだろう。新聞も日曜版に占いが載っていたりする。

この記事で、わたしはこれまで、慎重に「占いは信じられない」とは書いてこなかった。というのも、これは紙幣の価値と同じようなところがあるからだ。たかが紙切れに価値を見いだすのは、それに価値があるという約束事≠ナある。
たとえば今月の乙女座はラッキー≠ニいう価値があって、皆がそれに注意を向けるようになれば、ああ、確かに乙女座のわたしは今月ラッキーなことばかり≠ニいう気持ちが強化されることがないとはいえない。逆のパターンもあるだろう。
占いは「当たるから占い」なのではなく「当てるから占い」になっていくのである。

よって「占いは当たらない」と言い切ってしまうのは、福沢諭吉の肖像が印刷された紙を「たかが紙切れに価値はない」と言う程度に論理的である。

上のちょっと皮肉めいた書き方で、思い出したことがある。
二十年位前だっただろうか。黄道十二宮が実は十三宮で、星占いも新たに「へびつかい座」を増やすべきではないか、という揶揄含みの指摘があり、占星術界が騒然としたことがあった。
そして――結局定着しなかったが――十三星座占いというものが生まれたのである。
その本の前書きに、たしかこんな文言があった。

「心理学者のユングはこう言っています。心理学というものは、占星術と同程度に信じられるものだ≠ニ。このように学者が保証するくらい、占星術は確かなものなのです」

いやそれは――ユング自らが心理学への皮肉をこめて言った台詞じゃないの!? それを真に受けるなんて、と、当時吹き出してしまった。
と、同時に、占星術界の逞しさも感じられて、いやはや、この世界から星占いが消えることは当分なさそうだ、と思ったものだ。

ところで、わたしはカトリックなので、いろいろなものに司祭から「祝福」をいただく。代表的な物はロザリオとかメダイだが、他にもクルマとか、新築した家とかにも祝福をいただく。
そして、基本的に、祝福をいただいたものは「聖品」となるので、売買できなくなるのである。
わたしは数年前に新車を買って、神父様に祝福をいただいたのであった。このクルマはもう「聖品」なので、中古になっても売ることはできない。乗り潰すしかないのである。

新しく買った一眼レフは、将来、売る可能性もあるかと思い、祝福は受けなかった。
が、復活祭を撮影しているとき、お茶目な老司祭に聖水を真正面からパパッと掛けられて(防水防塵仕様なのでメカ自体は大丈夫)、聖品化してしまった(笑)。なのでこのカメラも、もう中古で売れないのである。

ま、そこまで堅く考えることもないのだけれどね。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年03月25日

【日記】イサクが好き♪

「好き」のあとに♪マークを入れるのは、パソコン通信時代の名残である。わかる人にだけわかればよろし。

宗教音痴の平均的日本人にとって意外なことかもしれないが、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は「アブラハムの宗教」と呼ばれ、同一の唯一神を信じる啓典(旧約聖書)の民である。
といっても、その「アブラハム」が教祖というわけではない。彼はあくまで預言者であり、ユダヤ教徒は「神」を、キリスト教徒はイエスと聖霊を含めた「三位一体の神」を、イスラム教徒はこれも預言者ムハンマドによって伝えられる「アッラー」を信じている。

じゃあ別々の神じゃん、という感想をもたれるかもしれないが、それでもこの三つは同じ「創造主」なのである。

「アブラハム」というと、日本語で「脂ハム?」という語感だが、英語名だと「エイブラハム」である。リンカーン大統領の名だ。
アブラハムの息子はイサク。英語名だと「アイザック」。SF作家アシモフの名である。
イサクの息子はヤコブ。日本語だと「や瘤?」というダサい印象だが、英語名だと「ジェイコブ」。映画「ジェイコブズ・ラダー」のそれである。ちなみにこの映画タイトルは、そのまま聖書の「ヤコブのはしご」からとられている。

聖書の中で、神はたびたび「わたしは、アブラハム、イサク、ヤコブの神である」と述べられる。それだけ、この親子孫の三人は特別な預言者であったということだ。

わたしはこの三人の中では、イサクが好きだ。なぜって、彼はとても愛妻家だったのである。

アブラハムは正妻サラの他に、妾ハガルがいる。
と言っても、これはサラが子どもができなかったが故に、サラ自身がハガルによって子どもをつくってくれとアブラハムに願った経緯があるのだが。その後、サラもイサクを産むことができ、妾ハガルの子イシュマエルはアラブ人の祖先となって、二十一世紀の今でもなんやかやと紛争の原因となっているわけだ。

イサクはエサウとヤコブという二人の子宝を得ることができた。双子である。聖書中に「二人は似ている」というような記述はいっさいないことから、ニ卵性の双子だったのではと思われる(勝手な想像)。

その昔、日本では双子が産まれると、あとから出てきた方を兄または姉とする習慣があったが、今は法律的にも出生順に順番が決まる。
イサクの息子、エサウとヤコブも、その順番で産まれたので、本来、イサクの家督を受け継ぐのは長兄エサウになるはずであった。が、ヤコブはちょっとズル賢かったので母リベカと組んで父イサクをだまし、ちゃっかり家督を相続してしまったのであった。
詳しい経緯は、それこそ聖書の「創世記」をお読みいただくとして、このヤコブは正妻を二人、レアとラケルをめとった。二人は姉妹である。
まあこれにも経緯があって、ヤコブはだまされて二人をめとらされたようなものなのだが(ヤコブ自身はラケル――英語名だとレイチェル――が本命だった)、とにかく、一夫多妻だったのである。このヤコブはレアとラケル以外にも妾を二人とって、そこからイスラエルの十二部族が産まれていく。

さて、話を戻してイサクだが、彼は愛妻リベカ――英語名だとレベッカ――以外、妾を取らなかった。

古代の厳しい砂漠の生活に、現代の風習を当てはめるのは間違いのもとだろうとは思う。子孫ができないということは、即、民族の途絶につながる時代であったろうし、経済力のある男性が複数の女性を養うのは理にかなってもいたのだろう。

それでも、そういう時代だからこそ、リベカ一筋で浮気をしなかったイサクはいいなあ、と思ってしまうのである。

二人は自由恋愛で知り合ったのではない。リベカはアブラハムの命によって見つけられた、イサクの許嫁であった。
この二人の出会いのシーンがまた、良いのである。

夕方、野原を散策していたイサクが、ふと、目をあげると、遠くにらくだがやってくるのが見える。乗っているのはリベカだ。彼女もイサクを見つけて、従者から、彼が結婚の相手だと知らされる。彼女はらくだを降りてベールをかぶる。
ここから先は、聖書をそのまま引用しよう。

イサクは、母サラの天幕に彼女を案内した。彼はリベカを迎えて妻とした。イサクは、リベカを愛して、亡くなった母に代わる慰めを得た。(創世記 24:67)


最後、ちょっとマザコンっぽいが(笑)、夕方の砂漠で二人が初めて出会うこの情景、まるで、映画のいちシーンのようだ。

が、が、が……ちょっと現代人としてはムムム、なところもあるのである。
このときのリベカであるが――

妹が着けている鼻輪と腕輪を見、妹リベカが、「その人がこう言いました」と話しているのを聞いたためである。(創世記 24:30)


そう、当時の女性は「鼻輪」をつけていたのである。うーん、鼻輪、鼻輪かぁ……。当時の人々の美観からすると、女性のアクセサリーとして美しかったんでしょうなぁ。

でもやはり、少し唸ってしまうのは、わたしの頭が固いからだろうか。鼻ピはやっぱり、ちょっとネ、と思ってしまう昭和のオッサンなのである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年03月24日

【日記】「わたしはある」・その1

「今さらに、何をか言わめ、言わずとも、尽くす心は、神やしるらむ」

これは、高橋荘左衛門、十九歳の辞世の句である。父は高橋多一郎。と言っても、あああの、とすぐに思い当たるのは歴史おたくくらいであろう(※荘左衛門は庄左衛門とも)。
この親子は、1860年の今日、3月24日に起きた「桜田門外の変」の首謀者のうちの二人である。現場からはすぐに逃走し、大阪に潜伏。幕吏に探知され自刃したときの句がこれだ。切腹し、自分の血でふすまに書いたものだという。

先に父、多一郎が自刃していたが、息子、荘左衛門は儒教の教えから介錯を固辞したという。

最初に一読したとき、この十九歳が詠んだ壮烈な辞世の句に「神」が出てくることが、わたしには不思議であった。
もちろん、江戸時代末期であるから、キリスト教の「神」のわけはない。儒教で神にあたるものは「天」であろうから儒教的な意識から出た言葉でもない。

「桜田門外の変」で大老、井伊直弼を暗殺した十八烈士は尊皇派であったが、天皇が神格化されだしたのは明治政府からである。となると、この「神」は「すめらぎ」のことでもないだろう。

いったい、この十九歳で自刃した高橋荘左衛門が、この辞世の句で「神」を詠んだとき、どんな「神」を頭に浮かべていたのか、それを知りたいと思った。

自然に考えれば神道の神であろうか。しかしみなさんご存じのとおり、神道の神は「八百万の神」であって、この句のように単独で「神」とひとくくりで出すのはどうかと感じるところもある。それとも荘左衛門は、すでに神格化していた東照大権現(徳川家康)の意で「神」の語を出したのだろうか。

江戸時代には、すべての者がどこかの寺の檀家にならなければいけないという制度から、日本人は全員仏教徒であった。
しかし荘左衛門は辞世の句で、「仏やしるらむ」と詠んだのではない。自刃し腹から血や臓物がこぼれてくる凄絶な苦痛の中で、十九歳の荘左衛門は、自分の心は仏≠ナはなく神≠ヘ知ってくれている、と書き残したのである。
死を前に彼が頼りにした何か≠フ正体を知りたいと思う。
(繰り返すが、荘左衛門が実はキリシタンだったのでは、などの珍説を出す気はまったくない)

不思議なことに、読めば読むほど、この辞世の句は、たとえば現代日本のクリスチャンが自殺するときに詠んでもおかしくない句だなあ、と感じてしまう。ちなみにカトリックは自殺は禁忌だが、プロテスタントにそういうしばりはない。

現代の日本では、神道の「神」と、キリスト教の「神」とがごっちゃになってしまっている。これはある面、不幸であり、ある面、良いことでもあると個人的には思っている(それについては、いつか書く)。

この記事のタイトルとなっている「わたしはある」は、旧約聖書「出エジプト記」第三章で、神がモーセを呼び、イスラエル人を率いてエジプトを出よ、と命じたときの一言である。
モーセが、神の名を問うたときの、神の返事だ。

神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ(出エジプト記 3:14)


旧約聖書を初めて通して読んだとき、最初に震えを覚えた箇所である。ユダヤ教の神、すなわちキリスト教とイスラム教の神は、名を問われて、真正面からは答えず「わたしはある」と韜晦したのである。
いや、せざるを得なかったのだ。それが自分の震えの正体であった。

その後、「わたしはある」とモーセに名乗った存在は、ヘブライ語から他国語へ訳される過程で、Theos=ADeus≠ネどと記され、日本では大日=A天主=A上帝≠ネどと迷いに迷った末に、現代では、英語はGod=A日本語では神≠ニ呼ぶことに定着した。

どうして日本では、古来からあった神道の八百万の存在と、唯一神の「わたしはある」が同じ呼称になってしまったのか――

そしてそれが、日本人にとって良かったのかどうか、この不定期シリーズでは、そのようなところを、書きながら考察していきたい。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年03月23日

【日記】ハンカチ

久々にジェネレーションギャップにのけぞった。
最近は、ハンカチを持ち歩かない男の子が増えているのだという。男子ばかりでなく、女性にもいるという。

「ハンカチ 持ち歩かない」で検索してみると、2005年の掲示板のスレッドがひっかかるので、もう十年も前から、そういう傾向はあったということだろうか。

確かに外出先のトイレでも使い捨てペーパータオルやハンドドライヤーの常設が普通になってきているので、そう困らないのかもしれないが、ハンカチを使う機会はトイレだけではないし、いやもう、やにわには信じられないお話だ。

かく言うわたしも、外出先のトイレで使い捨てペーパータオルやハンドドライヤーがあればそちらを優先して使ってしまうのだが、それでも、ハンカチを持って外出しないということは考えられない。
本当についウッカリして忘れて外出してしまったときは、百均に入ってその日用のハンカチを購入する。それくらい、ハンカチを持ち歩くのは当然のことと思っていたのだ。

「ハンカチ持たない派」から言わせると「ハンカチ持つ派」は潔癖性じゃないの? ということだが、いやいや、ハンカチは実は雑菌の温床である。なので「持つ派」だからといって潔癖性ということはない(もっとも病的な潔癖性は自分の物は大丈夫というところがあるので、あながち間違いではないかもしれない)。外国人などはハンカチで鼻をかんだりする。映画などで、泣いている女性に男性がハンカチをそっと渡すと、涙を拭いたあとチーンとやって、劇場に笑いが起こるシーンはけっこうある。

「持つ派」から言わせてもらうと、ペーパータオルやハンドドライヤーのないトイレに入ったときはどうするの? という素朴な疑問があるのだが、「自然乾燥させる」というのはともかく「服で拭く」「髪で拭く」という回答があったのにはさらに衝撃を受けた。街を闊歩している格好いい男の子や、髪サラサラのお嬢さんも、あの服や髪でトイレ後の手を拭いているのだろうか。開いた口がふさがらない。あきれているというわけではなく、本当に虚を突かれてポカーンとしているのである。
さすがに服や髪で拭くのは衛生的にハンカチより退化していないか? と感じるところもあるのだが、いやこういうのも科学的に証明されてからでないと、どちらとも言えないのかもしれない。

改めなければいけないのは、わたし自身の「ハンカチは当然持ち歩くもの」という認識の方である。
わたし自身は「持つ派」で半生過ごしてきたため、これからも「持たない派」に変わることはできないだろう。しかし、もう「持たない派」を非常識と斬って棄てることはできない時代なのだなあ。

少なくとも、わたしより上の世代は、疑問もなく「持つ派」だろう。きっとこの話を聞くと「今の若い人は○○△△××」と頭から蒸気を立ちのぼらせそうだ。

しかしまあ、考えてみればこういうのも単なる習慣、習俗にしか過ぎないわけで、常識、非常識の境界線も時代によって変わって当然ではある。ベルサイユ宮殿はあちこち排泄物だらけで臭かったというのは有名な話だ。
次の世紀には、「この時代の人間はハンカチなどという雑菌の温床を持ち歩いていた」などと教科書に書かれてもおかしくない。

結婚前の細君とクルマでドライブデートしたとき、細君が助手席で、よくハンカチを握っていたことを思い出す。緊張しているのかな? 可愛らしいなあと思っていた。
そして、前にも書いたが、細君、よくこのハンカチを助手席の脇に忘れていくのである。これは「他の女性を乗せないように」というマーキングかと思っていたのだが、本当にただ単に忘れっぽいのだと後になってわかった。
こういうシチュエーションも、いずれは昭和のひとコマになってしまうのだろう。

今度街にでるときは、意識して、自分がどれだけハンカチを実際に使うのかを測ってみようと思いつつ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年03月22日

【日記】マグボトル

テルモスの……と書くと山男っぽいな。もちろんそんなアウトドア派ではない。もとい、サーモスの350mlマグボトルを愛用している。

実はこれを使い始めたのは、「kanana」の3wayバッグを使い始め、そこにちょうど、350mmlのマグボトルが入る専用のスペースが用意されていたからである。
「kanana」ブランドのリュックやバッグというと、ある程度年齢を重ねた女性御用達という印象をもたれる方もいらっしゃるかと思うが、男性が使えるものも出していて、まあまあ気に入っている。
これについては、またの機会に。

で、せっかくマグボトルを入れるスペースがあるのに使わないのはMOTTAINAIの精神で、ネットなどで評判のサーモス350mlを買って入れてみたら、これがピッタリ。それで気に入ってしまったのである。kananaバッグも、サーモスも。

スターバックスやローソンでブレンドコーヒーを頼むとき、ボトル持ち込みだと、その分、多少、安くしてくれる。
350mのマグボトルならスタバだとトールがピッタリだ。スタバはデカフェが頼めるのが良い。
吝嗇家のわたしは、その場でワンモアコーヒーを、今度はマグで注文する。二杯目は安く買えるから。
そうやって二杯分のコーヒーを確保して、テーブル席に座れたらゆっくりと原稿用紙を広げ、プラチナ#3776MSを走らせる。
コーヒーが二杯分ともなくなったら、今日はおいとまだ。



セブンイレブンでコーヒーを買うときも、一度、紙カップに入れたものを、このマグボトルへ移し替えて飲んでいる。Lサイズがちょうどよい。アイスコーヒーの氷も大丈夫だ。

カフェインは毎日飲んでいる薬の相性と持病的にも良いとは言えないが、それでも「シャキッ」っとしたい朝などは、やはりコーヒーが欲しいなあ、と思ってしまう。
いつも家から持ってでるときは、ただの「氷水」や「白湯」だ。

軽いくせに、保温、保冷性能もばっちりで、しかも小さい。それまで某国製のマグボトルを使用していたが、重さも体積も段違いである。すばらしい。さすが山男たちが「テルモス」と言って愛用するだけはある逸品だ。

そんなこんなでベタ誉めベタ惚れで毎日使っていたら、なんと、塗装が剥げてきたのである。
その剥げ方も、ちょっと傷がついたくらいなら気にしないわたしだが、まるで、日焼けした背中の皮のように、薄くペリペリと剥けてしまうのだ。

中途半端に剥けるくらいなら、みっともないから全部剥いてしまおうと、細君が止めるのも聞かず剥き始めたら、今度は途中から剥けない箇所ができて、さらにみっともなくなってしまった。ガクシ……orz

検索してみると、サーモスの塗装剥げは珍しくないらしい。
剥離剤を使って塗装をはがし、素のままのボトルにしてしまう、というページがあったので、DIYは苦手だが、そちらを参考にやってみることにした。

ホームセンターで剥離剤を買い求め、刷毛でペタペタと塗料の部分に塗ると、おぉ、ジワジワと塗料の部分が浮いてくる。これはすごい。





剥離剤を塗ってはしばらく待って、流水で洗い、また剥離剤を塗って――を繰り返す。



やはり細かいところまでは剥離剤だけではダメで、そこは耐水ペーパーでコシコシと削り落とすしかなかった。

これが完成品、ムクの一品。不器用でDIYが苦手なわたしが、ここまでできて嬉しい。



飲み口をつけても違和感はない。そのまま塗装なし、ムクのバージョンで販売してくれてもよいのではないか。



――と、思ったが、実際に使い始めると、塗料が塗られていないと、わりと冬は手触りが冷たいし、保温、保冷性能も少し落ちる感じがする。やはり薄い塗料にも意味はあるのだなあ、と思った次第。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記