2017年03月16日

【日記】はんぶんこ

兄弟にひとつのケーキを「はんぶんこ」させる、有名な妙案をご存知な方は多いだろう。

1)まず、兄にケーキを半分に切らせる。
2)そして兄より先に弟にケーキを選ばせる。


兄は公平に切らないと、多い方を弟に取られてしまう。弟も自分で納得いく方を選択できるので不満がでない。結果、二人とも満足いく「はんぶんこ」ができるというわけだ。

未来の細君と交際を始めた頃、自分はこの「はんぶんこ」が苦手であるということを思い知った。
細君は偏食が多いが、わたしはほとんどない。それでもなるべく、細君にバラエティに富んだものを食べてほしいので、外食などするときは「君の好きなものを二つとって、はんぶんこしようか?」となるのである。

上記の「兄弟メソッド」が使えればいいのだが、外食だといちいちそんなことはしていられない。お互いの食事が冷めてしまうし、取り皿をわざわざ使うのをはばかられる店も多い。
餃子のように個数が決まっているメニューならば、物理的に「はんぶんこ」は簡単である。しかしラーメンなどの麺類の「はんぶんこ」は目分量なので、半分だけ食べる、というのが難しい。

そして細君は、美味しいとなると、半分以上に食べてしまう人なのであった! 基本、食べるのが大好きな人なのである。
美味しいと評判のラーメン屋さんで、ふたりで違うメニューを取り、「はんぶんこ」して交換するはずだったラーメンを、先に三分の二くらい食べられてしまい「いっぱい食べちゃった(テヘペロ)」とやられた日には……。いまでもそのときの情景を思い出して、苦笑してしまう。


(モリタイシ著「今日のあすかショー」 4巻より引用)

当時はわたしも若く、食欲は人並みにあったので、「はんぶんこと約束したのにそれはないんじゃないの?」と不機嫌になったものである。これも今ならデートDVの範疇に入れられてしまうのだろうか?

わたしの前のラーメンは、半分以上残しておいた。そう、このときわたしは、自分が「はんぶんこ」が苦手なことに気づいたのだ。細君とは逆に、遠慮してしまって、いっぱい食べてしまうということができないのである。

こういったことを何度か繰り返し、やがてわたしは「はんぶんこ」のときは「俺、はんぶんこ苦手だから」と言って、先に細君に食べさせ、残りをいただくようになった。

最初に書いた例で言えば――

1)まず、兄にケーキを半分に切らせる。
2)そして兄が好きな方のケーキを取る。
3)弟は残った方でガマンする。


という選択である。なんと不公平極まりない(笑)。しかし、弟は罪悪感を感じずにすむというメリットがあるのである。

こういう「はんぶんこ」で、結婚してから十数年。メニューは冷めてしまうがしかたない。もともと細君は猫舌で、熱いものは食べられないタイプ。わたしは量はともかく味に頓着しないタイプ。
本当に腹が減っていて、この「はんぶんこ」がイヤなときは「俺、今日のメニューは好きなものとって、全部一人で食べるから」と宣言する。
これでずっと、まあまあうまくやってきた。

「まあまあ」というからには、うまくいかなかった経験も何回かあるのである。
夫婦の諍いの原因の多くは「金銭問題」、「子どもの問題」と言われるが、「食事の問題」も少なからずあるのではないだろうか。

わたしと細君は出身地が近いので、味の好みの違いでどうこういうことが少ないのは良かったが、細君の偏食にはたびたび悩まされてきたのであった。

が、そのあたりは、互いにヘッド(知恵)を使うことで乗り越えて――。

わたしが病気をして、食事の量が入らなくなってからは、さらに問題がなくなった。自分の前にきたメニューを適当に食べれば、おなかがいっぱいになってしまうからである。
細君に「本当に半分食べてる? まだたくさん残ってるじゃない」と、よく言われるようになった。

いいの。君の笑顔で、おなかいっぱい、だよ。

わたしたちは銀婚式を過ぎたが、交際期間を入れれば、すでにお互いの人生の半分以上を一緒に生きている。
人生の「はんぶんこ」も過ぎたので、これからはちょっとゆっくり、デザートでも楽しみたい気分だ。

もちろんそれも「はんぶんこ」で。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記