2017年04月05日

【日記】君の名は?

ん?



おや?



どうして君がここに?



これは新手のブラクラ!?(漏貧じゃねーよ)

というわけで、買ってしまった。ポメラDM5を。
ポメラDM100とDM200は、基本、屋外への持ち運びはしないと決めているし、モバイルでの書き物はコクヨの原稿用紙ケ-35Nとプラチナ#3776MSで足りているわけだが、やっぱりお外でもキーボードで打ちたくなる時というものはあるもので、軽量で折りたたみできコンパクトなポメラが欲しくなってしまったのである。

ちなみに、「【回想録】執筆機の思い出・その17」でも――

実を言うと、もう生産していない、折り畳みタイプのポメラの販売残り品を、いまさらだが購入してもいいなあ、と思っている自分さえいるのだ。


と書いているので、衝動買いというわけではない。
折りたたみのポメラは現在、すべての型番が生産終了品となっている。流通在庫で新品で購入できるのは、このDM5だけなのであった(というか、名機DM100ですら生産終了品となっているのは残念だ)。

DM5は、一時、投げ売り状態で三千円以下になったこともあるらしいが、今現在の価格は一万円程度で安定しているようだ。安いときに買っておけばと思わないでもないが、そのときは必要なかった(外ではリュウドの折りたたみBluetoothキーボードとAndroidタブレットで書き物をしていた)ので仕方ない。

もう十分枯れた型番であるので、みなさんのレビューを読んで、メリットデメリット両方を承知の上での導入である。なのでいまさら、私的レビューのようなものは書かない。これはたんなる試し打ちである。

現在、PCではQXエディタを使い、文字入力に専念するときにはDM100、DM200を気分で使い分けている身からすると、こうしてDM5の電源を入れてキーを打っている最中は、なんというか残念なことだが、デメリットしか感じない。
バックライトのない液晶は見にくいし、キーボードもチャチだ。ctrlとcapsの入れ替えすらできない。改行マークが出ないのも、今、気がついた。

キーボードもちょっとガタつくし、全体的に華奢な感じは否めない。
レビューによると、一年以内の故障率も高そうである。

いやしかし、そんなことは承知の上で導入したのである。今まさに味わっている、この、「数十年前のワープロを使っている感覚」を思い出すために。

今こうしてDM5を打っていて思い出す機種は、「【回想録】執筆機の思い出・その3」でも書いた、OASYS Lite K FD20である。単一乾電池四本駆動。いっちょまえにプリンタも搭載していたので(いらないのに)、大きさは機械式タイプライター大。
液晶は確か20文字×2行だった。もちろんバックライトなどはない。取っ手の部分が、量販店で電化製品を買ったときにつけてくれるプラスチックの持ち手のような代物で、数時間も持ち歩くと指の内側にマメができる。電池だって数時間しか保たなかった。

それでも、外でワープロが使えるのが嬉しくて、いろいろなところに持ち出しては使っていたものだった。
長編はもちろん、短編すら書くことができない機種。せいぜい、原稿用紙数枚の雑文を書くので精一杯。そういうワープロだった。

今でも、後の細君の大学の講義が終わるのを駐車場の車中で待ちながら、山田正紀先生の「火神を盗め」の書評を書いていたことを、昨日のことのように思い出せる。そんな思い出深い一品だ。

そのOASYS Lite K FD20に比べれば、このDM5ははるかにすごい。電池は単四二本でエネループも使え(昔は充電池なんてものはなかった)、保ちもいい。
画面だって20字×2行のワープロに比べればかなりの量の文章を表示できる。



そしてなにより、小さく、軽い。なんと3DS LLが360グラムなのに対しDM5は309グラム(電池込み)。このメリットはこうして書斎で打っているとわからないが、これから享受できるのだろうと思う。

なんだろう。原稿用紙プラス万年筆への回帰もそうなのだが、人生の半分を過ぎて、若い頃のことを懐かしむよすがを探しているのかもしれない。

聞いた話だが、認知症気味の方などに若い頃に親しんでいた音楽を聞かせたり、当時の環境を再現した部屋などに住まわせると、心に若さが戻り、治療効果も高いのだという。

きっと、今のわたしも、そんな感じなのだろう。

といっても、1980年代はミュージックニブの万年筆も入手難だったし、顔料ブルーインクなどといういいものはなかった。当時、DM5があったら、超高機能ハイテクワープロがこの値段で!? と業界騒然となったことは間違いない。

過去に思いを馳せることができるが、当時よりはるかに高機能なものが入手できる。わたしはいい時代を生きている。

最近聴くのはクラシック一辺倒なのだが、今夜は佐野元春のSOMEDAYでも流したくなる。DM5は、そんな機種である。

タグ:執筆機
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記