2017年04月15日

【日記】聖土曜日

「聖木曜日」「聖金曜日」ときたので、今日は「聖土曜日」である。

「聖土曜日」が、一年に二日しかない、カトリック教会でミサがない日の一日であることは、昨日述べた。
しかも典礼もない。空白の一日である。

そして「聖土曜日」には、謎があるのであった。

質問:「聖土曜日の典礼色は何色でしょう?」


カトリック教会には、その典礼暦や特別な祝日によって、司祭の祭服やストラから、あるいは司祭が座る椅子の座布団まで、使う色があらかじめ決められているのである。それを「典礼色」という。
基本的には――

待降節:紫
降誕節:白
年間:緑
四旬節:紫
復活節:白

と、なっている。
また、受難の主日、聖金曜日や、聖霊関係の日(聖霊降臨の主日や堅信、叙階関係など)および殉教者の諸祝日などには「赤」。
ちょっと洒落て待降節第三主日および四旬節第四主日は「バラ色」を用いることもできる。
「黒」はほとんど使われないが、習慣のある教会では葬儀ミサで使われることがあるという。わたしは経験がない。

気を遣う信徒は、この典礼色に合わせて、服や身につけるアクセサリなどを工夫したりする。が、そこまで気にする信徒はあまりいないのも現実である。

さて、問題は「聖土曜日の典礼色」だ。
これが、調べても調べても、どこにも明記されていないのである。

土曜日の夜に行われる「復活徹夜祭」の典礼色は「白」だが、それは「復活の主日」の先取り(復活の主日イブですな)なので、聖土曜日の色ではない。

聖金曜日の典礼色は「赤」である。しかし司祭の祭服はともかく、他の場所(祭壇など)は聖木曜日の夜から裸にしておく決まりなので、聖土曜日も赤が続くということはないだろう。

他に消去法で、年間ではないから「緑」はありえない。四旬節は「聖木曜日・主の晩餐の夕べのミサ」の直前で終わるので「紫」もなさそう。

ちなみに上記の点、現時点のWikipedia日本語版の「四旬節」と「聖土曜日」のページは間違っている。Wikipediaには「四旬節の終わりは聖土曜日」となっているが、「典礼暦年と典礼暦に関する一般原則」の28項より、四旬節は灰の水曜日で始まり、主の晩餐の夕べのミサの前まで、というのが正解である。

こんな感じで、ネットや文献で調べに調べまくっても、「聖土曜日」の典礼色は「不明」なのであった。

司祭や司教にお尋ねしたこともたびたびある。が、真剣に考えて「聖土曜日にバチカンへ行ってみればわかるのではないか」と答えてくれた司祭、「知りません」とすげなくスルーした司教、と、いろいろである。

この質問への答え方で、その司祭の姿勢がわかったりするな、と、最近は意地悪く思っていたりする。

聖土曜日にはあらゆる典礼が行われないので、典礼色は存在しない、と、書いてある英語のページもあった。
なるほどな、と納得しかけたが、たとえば、聖土曜日に緊急で「病者の塗油」や「ゆるしの秘蹟」を頼まれるようなケースがないとは言えない。そんなとき、司祭はどの典礼色の祭服を着ていくのだろうか。

というわけで、いまのところの答えは――

解答:未定義?


である。



もしあなたがガチカトで、正解をご存知なら、是非ともメールで(バチカン由来のソースつきで)教えてくださいまし。
また、もしガチカトの友人がいるのなら「聖土曜日の典礼色ってなに色?」といじめてみるのも一興かも。

追記:あっ、そうそう! 今夜の復活徹夜祭の「使徒書の朗読(ロマ6:3-11)」は朗読奉仕者の指定を忘れやすいので、典礼奉仕者は要注意ですぞ(カトリック教会あるあるのひとつ)。

追記その2:っと。なんと、ひょんなことから、わたしは「聖土曜日の典礼色」の正解を見つけてしまった! それは日本のカトリック信者にとって身近なところにあった。さっそくお教えしたいところだが、ここはひとつ、来年の聖土曜日までのロングパスのクイズとしたい。
「聖土曜日の典礼色ってなーんだ?」
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記