2017年04月20日

【回想録】DOOMの思い出

映画「ハードコア」を見てきたら、やはりゲーム「DOOM」の思い出を書きたくなってしまった。
ちなみに「ハードコア」はGoProを駆使した、全編一人称映像のアクション映画で、実に面白かった。感想はネタバレを含みつつ一番最後のほうに書くので、未見でネタバレ嫌いの方は適当なところでページ移動をお願いいたしたく。
もっともネタバレしようがしまいが関係なく面白いタイプの映画ではある。

さて、DOOM。日本語だと「ドゥーム」。



これは、スターバックスのドゥーム型パイをかぶせた新作フラペチーノ「アメリカンチェリーパイ」。この一発ネタのためにスタバに寄ってきた。しかもスペル違うし(DOME)。
あ、とても美味しかったですよ。

まったくご存知ない方のために解説をちょっと入れておくと、このゲームは「ファーストパーソン・シューティング(FPS)ゲーム」といい、一人称視点で銃器等を使ってエイリアンをバンバン撃ち殺していくというものである。
画面には自分の両腕と武器だけが左右から伸びて見えており、敵が出るとバンバン。迷路のようなマップを進み、クリアしていく。

このゲーム、プレイヤーが歩くと画面が微妙に上下に揺れるものだから、ダメな人はダメ、酔うのである。
かなりゲーム上手の方でも、この「乗り物酔い」で音を上げてダメということはあった。幸いわたしは酔わないタイプであったので、本当に飽きるまでやった。

当時、わたしが主宰していた私的ネットでのログを検索してみたら、初出は1994/12/31で、それ以降164箇所にDOOMの単語が使われている。飽きてこの単語が出なくなるまで、どれだけこのゲームに人気があったかがよくわかる。
PC/AT互換機を入れたら、まずはDOOMというのが、当時のPCユーザーであった。

わたし自身は、DOOMの前身の「Wolfenstein」もやっていた。その頃のログに、怪物ではなく人をバンバン撃てるのが快感、と書いてある(ひでぇ)。

チャットで「DOOMすいません」とか「DOOMおめでとうございます」とか、しょうもないダジャレ合戦が行われて深夜に大うけしていたのもいい思い出である。どうしてこんなことで大笑いできたのか不思議だが、深夜のチャットのノリだから、まあそういうものである。

今の時代は通信対戦ができて普通だが、当時はまだそこまで日本のネット環境が進んでいなかった。ネットワーカーという言葉はパソコン通信を使う者の呼び名で、まだまだインターネットはハードルが高かった。

DOOM自体はプレイステーションに移植され、これを二台つなぐことで対戦DOOMができたので、そういうモノがなんでもある畏友R氏宅に皆で集まり、プレステ二台、テレビ二台でプレイした。いやあ、これが面白かった。協力プレイもできれば、敵対プレイもできる。わたしはやはりアクションゲームが苦手なので、上手い彼らにはとうていかなわず、悔し紛れに彼らを後ろから撃つのであった(ひでぇ^2)


(プレイステーション版「DOOM」。「このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています」というシールまで保存してあった)

同じ頃、セガサターンから「ROOMMATE」というゲームが出ていた。これは主人公が一人暮らしをしているところに、美少女が転がり込んできて同居生活を営むというものなのだが、サターンの内蔵時計を使って、現実のイベント(クリスマスなど)が連動するという点が物珍しがられた。今で言う「ラブプラス」の原型である。わたしも第一作はプレイしてみたが、謳い文句に比して内容は薄かった、という印象。
この「ROOMMATE」の惹句をもじって、仲間内で「DOOMMATE」というギャグが生まれた。

 ドゥームのモンスターと共同生活する「DOOMMATE」!

 ●モンスターの恐ろしい雄叫びから、ふたりの物語はスタート!
 ●モンスターとのおしゃべりは四六時中起こるので気が抜けないぞ。少しはこちらの都合も考えてほしい……
 ●登校前の朝の時間は、モンスターと過ごす恐怖のひととき、寝坊すると殺されちゃうぞ!
 ●ダンジョンで生活を送っているモンスターは、ただのドゥームメイト、それとも……?

 吼えたり炎を吐いたり、時にはかみついたりも。一緒に生きているモンスターにキミはなにを感じ、なにを思うのか? そして数ヶ月後、ふたりの気持ちは……


今読んでみても、すっげぇ遊んでみたい(笑)。
実は、上記のくだらないギャグを紹介したいがために、この記事を書いたようなものである。


(これが「ROOMMATE」。こんな可愛い女の子が咆哮をあげつつ襲ってくるんですよ(萌?))

DOOM2はチートモードがあったので、アクションゲームが苦手なわたしでも最終面までクリアできた。エンディングデモで敵が次々と出てきて、順番に撃っていけるのだが、最後にOUR HEROが登場し、こいつも撃ち殺せるというところに爆笑した。やはり肉食人種の作るゲームは一味違う。

     *     *

さて、映画「ハードコア」。全編FPS視点のアクション映画で、本当にDOOM系のゲームをそのまま映像化したようなアイデアである。
なもので、酔う人は酔う、とネット評で言われていた。わたしは「ブレアウィッチプロジェクト」を劇場で観ても酔わなかったが、その後、病気をして三半規管が弱くなっていたので心配ではあった。
念のため、少し後ろ目の席を取って観劇。が、最後まで酔うことなく観ることができた。わたしは乗り物酔いはしないタイプ。これは、幼小中高と電車・バス通学だったからかもしれない。
FPSゲームで酔う、という方には薦められない映画である。
細君はDOOMをやらせたとき「あ、あたしこれダメ、酔う」と言ったので、最初から誘わず一人で劇場へ。

ストーリーは本当に薄い。が、楽しい。久々にバカ映画である。途中の「馬ミッション失敗」で思わず笑ってしまった。同じ時間に観ていたカップルさんごめんなさい。一緒に笑っていたからいいよ、ね(観ていたのは我々三人だけ)。

そのうち出るであろうDVDで十分、という評もあるが、劇場の大画面でFPSゲームのリプレイを楽しめる、と思えば、観る価値はあるかと思う。おそらく地上波放送はない。
あと、かなりグロい描写シーンが連続するので、それがダメな人もダメだろう。

と言うわけで、かなり人を選ぶ映画だし、人によっては「金返せ!」になりかねないが、観ておけば「あ、俺、ハードコアは劇場で観たよ」とドヤ顔をできる程度には後世に名を残す佳作ではないだろうか。
タグ:ゲーム
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録