2017年04月30日

【日記】JINSメガネのラバーテンプル

「【日記】メガネ」では十二本持っていると書いているが、実はもう一本あった。ネット通販で激安なところがあり、一度、ツーポイントのものを使ってみたかったため、試しにそこで買ってみたのだった。
レンズデータなどはJINSで測っていたものがあるので、それを入力すれば、オンラインでメガネがつくれてしまう。いい時代になったものである。

出来上がってきたツーポイントのメガネ。それ自体は気に入ったのだが、レンズが安物だったため分厚くなってしまったのは誤算だった。わたしは中程度近視なのだが、妙に渦を巻いたそれになってしまったのである。まるで「キテレツ大百科」の「勉三さん」だ。


(藤子・F・不二雄「キテレツ大百科」1巻より引用。うわぁ……便三さんのメガネ……すごく渦巻いてるナリ……)

というわけで、そのあたりが気に入らなくてお蔵入りに。持っていることまで忘れてしまっていた。

というわけで、実は十三本のメガネに囲まれて生活していたのである。

十三と言えば、まったく話は変わるが、以前、新聞記事で読んだ事件を思い出す。
容疑者はネットで誰かを脅迫したのだが、それのキーワードに「13」が使われており、取調室で「13は裏切り者ユダの数字だから使った」と供述した、とあった。細かいところは忘れてしまったが、実話である。

このバチカン、じゃない、バカチンが!

イエスを裏切った「イスカリオテのユダ」は、れっきとした十二使徒の一人である。ちなみに十二使徒の中には、もうひとりユダという名の使徒もいる(タダイ)。
というわけで上の供述は、犯人が無知だったか、あるいは無知な刑事の作文ではないかと、当時思ったものだった。
記事をスキャンしておかなかったことが本当に残念である。

ちなみに十三番目の使徒は、イスカリオテのユダが自殺して抜けた後に「マティア」が選出されている(使徒言行録1:23-26)。

なにかの機会に「十三番目の使徒って知ってる?」と話題にして、相手が「ユダ?」と応えたら、ドヤ顔で上の知識を披露したら、面倒くさい聖書おたくと引かれること間違いなしだ。

話がだいぶそれたが、そんなわたしの十三メガネが十二メガネになってしまった。

「【日記】メガネ」で書いた三番目、JINSでつくった視力0.2〜0.3くらいの、一番PC作業に一番向いているメガネのテンプル部のラバーが破れ、そこからジクジクと油が染み出してきてしまったのである。


(おわかりいただけるだろうか。脳漿炸裂ラバー!)

実は以前にも同じ症状で、テンプル部のラバーを交換してもらったことがあるのだ。このラバーの変質は、おそらく加水分解だろうと思われる。「【日記】加水分解」でも書いたが、本当にこのラバー仕立てというのはよろしくない。

そして「【日記】メガネ」の六番使徒も同じフレームを色違いで作り、同じ症状でテンプルのラバー部を交換したことがあるのであった。

このラバーテンプル、こめかみに当たる部分なので柔らかい素材がいいという謳い文句だったが、こういう事態が多発してしまう以上、素材の選択ミスであったと思う。

個人的な見解だが、おそらくこのラバーテンプル、ユーザーの掛け心地重視というより、慣れないアルバイトの店員さんでもフィッティングがやりやすい為に採用したのではないかと踏んでいる。
ラバーテンプルの中に通っているのは針金で、力を入れれば誰でも曲げられるようになっており、セルフレームのようにドライヤーをかけて熱で曲げる技術を修得しなくて済むからである。


(色違いで二本。どれだけJINS好きなんだよ俺)

というわけで、わたしはJINSのメガネが好きで何本も持っているが、このテンプルがラバーになっているタイプはお勧めしない。
ネットで検索しても、同じように加水分解でネトネト、ベチョベチョになったという話がたくさんでてくる。

JINSの良心的なところは、このラバーテンプルを無料で交換してくれるところだ。
というわけで、近々、またJINSへ行かなければならなくなってしまった。それまでは、三番使徒の代わりに四番使徒を代用で使うことにしよう。
JINSに行くと、なんとなく新しいメガネを新調してしまいかねないので用心である。

街のメガネ屋さんは「メガネは医療用品なのだから高くてもしっかりしたものを」と言うが、わたしはファッション感覚でいいと思っている。
「医療用品なのだから高くても――」というメガネ業界の方々は、だったらメガネの作成に健康保険が使えるよう、厚生労働省に働きかけていただきたい。

実際、老眼は皆がなるものなのだから、遠近両用と近用メガネには健康保険が使えてもいいと思うのだけれどね……。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記