2017年05月11日

【日記】警察は甘くなくはなくもない

どっちだ!?

さて、以前、ミステリを書いていた頃の話である。わたしの担当H氏は、大学のミステリ研出身者とのことで、ミステリについての造詣は深かった。
対してわたしは「ラジオライフ」マニアであったので(笑)、警察のアレコレには、まあ詳しくないわけではなかった。

で、お話の中で、警察がポカや見逃しをするシーンを書くと、担当H氏は言うのである。

「警察はそんなに甘くありませんよ」

あーまいんだなー、これが!
警察はね、甘いんですよ。もうベリベリスィート。刑務所で出る「アルフォート」より甘い部分≠ェある。あくまで部分≠セが。
これはネット時代になって、そういう部分≠ェあるところ、みなさんもう、よくご存知でしょう?

警察のやり方というのは、旧態依然としていて、一度「犯人だ」と思い込んだ者に対しては、本当は無実なのに自白強要させるくらい、そちらは辛い=B激辛である。
ところが、それ以前のところでは、容疑者を「泳がす」どころか、見逃しちゃったりを平気でするのである。

今回もやっちゃったでしょう? なんの事件とは書きませんが、参考人を「泳がす」どころか、見逃しちゃった。手の届かない世界まで。
警察は以前にも似たようなことをやっている。強盗にあったという被害者≠ェいたのだが、それがいかにも狂言であったのに、被害者≠自由に外出させて、夜中に自殺されてしまった。

もし、こういう話を書いたら、担当H氏は絶対こう言ったことだろう。
「警察はそんなに甘くありませんよ。参考人には必ず尾行をつけるので、自殺なんかできるわけがありません」

現実にやられてんじゃん、警察。

担当H氏はミステリ研だったので、想像上の「切れ者の警察像」しか知らなかったようだが、実際の警察を知っていると、そこはやっぱりお役所のひとつであり、メンツと縄張りと事なかれ主義と前例主義のはびこる魔窟なのである。

残念な話だが、正義感を原動力として働いている組織ではない。むしろそのほうが物語の世界だ。
そういうことではいけないと思うし、警察を志す者は、キャリア組から末端の警察官まで、揺るがぬ正義感を持って職務に当たって欲しい、とわたしも心から願っている。
が、現実に警察官の不祥事が多いことは、このネット時代になって、やっとみなさんにもわかるようになった。

どうみたって他殺なのに、警察によって「自殺」にカウントされてしまう「エクストリーム自殺」などという言葉が作られてしまうような時代である。

ちなみに余談だが、わたしはストーリーの中で「覚醒剤依存のホームレス」を出したことがあるのだが、担当H氏は「覚醒剤は高価ですのでホームレスは買えません」と言い放った。
が、いるのである。覚醒剤依存のホームレスってのは。確実に。あのね、ホームレスが覚醒剤依存になったのではないの。覚醒剤依存だからお金を使い果たして家庭も崩壊して、ホームレスになっちゃったの。そういう例は珍しくないの。
今ならネットで検索して、そういう例をチョチョイのチョイで出せる時代だが、当時の編集H氏を納得させるには、ルポルタージュの書籍などのコピーを渡すしかなかった。

ミステリプロパーの方は、どうもミステリのカテゴリの中でだけで、物を考えるきらいがあると感じる。はっきり言ってしまえば、ご存知の世界が狭い。もっともこれは20世紀に感じた話。今はそうでもないのかもしれない。

閑話休題。
ある日のことだった。ファミレスで靴を脱ぎ、だらしなくドンと足をソファに投げ出して、通路を歩く人の迷惑になりつつダレている若者二人がいた。その手元にあったのは「平成××年警察官募集要項」。
正直、こういう若者たちが警察官に応募するのか! とびっくりした覚えがある。

本稿では、真面目で正義感に燃える警察官の方に対しては、本当にひどいことを書いたと思う。素直に申しわけない。ごめんなさい。
警察が、そういう方の正義感が実る組織となってほしい、と思いつつ、筆を置く。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記