2017年06月15日

【カットリク!】ロマンティックな狂気は存在するか

 春日武彦著「ロマンティックな狂気は存在するか」

 そうそう、【日記】解離性同一性障害(DID)に関する私的メモでも触れた、春日武彦先生の「ロマンティックな狂気は存在するか」にも、初歩的な「カットリク!」があったので指摘しておこう。



「第1章・正常と狂気境い目はあるのか」の「精神科医は狂気をどう見るか」の中にある。


(クリックで拡大できます)

(前略)キリスト教旧約聖書の冒頭の『始め言葉ありき』の文が示すように、言葉のみが人間の種族としての本質を現していることから次第にエイドスの使用は廃れた。(後略)


 本ブログで「カットリク!」シリーズをお読みいただいている読者には、もう、おなじみだと思うが、「はじめにことばありき」は「旧約聖書」冒頭の言葉ではない。これは新約聖書の福音書、しかも四番目の「ヨハネによる福音書」の冒頭である。

 カットリク!ポイント44―
 カットリク!は「はじめに言葉ありき」が聖書の一番最初の一節だと思っている。


 くわしくは【カットリク!】はじめに言葉ありきの記事をお読みいただくとして、「始め言葉ありき」という訳文も関心できるものではない。きちんと、現在流通していて普通に入手できる文語訳聖書を調べて書けば「太初に言あり」である。「初め」と「始め」では意味がまったく違う。
 また「言葉ありき」という翻訳が非常に少ないことも上記記事で述べた通り。

 カットリク!ポイント46――
 カットリク!は「はじめに言葉ありき」という一節が聖書に載っていると思っている。


 ただこの箇所は、春日先生が吉永五郎氏の「内因性精神病――臨床精神病理学の立場から――」を引用した部分で、上記の一文も「著者の脚注」として記されている。ので、これは春日先生の間違いではなく、吉永氏の間違いなのかもしれない。

 であったとしても、間違いの拡大再生産はよろしくない。
 また、上記記事でも触れている通り、ここで言う「言(ことば)」とはイエス・キリストそのものを現すものであり、言語という意味ではない。吉永氏はそこも誤解していると思われる

 カットリク!ポイント45――
 カットリク!は「はじめにことばありき」の「ことば」が「Language」という意味の「言葉」だと思っている。


 なお、わたしの手持ちの「ロマンティックな狂気は存在するか」は1993年の初版で、今は文庫本で入手できるようだ。そちらの版のほうでは直されているかもしれない。念のため。
posted by 結城恭介 at 08:00| 新興宗教カットリク!の研究