2017年06月25日

【日記】新元号を当ててみせる!

 天皇陛下のご退位も確実になり、新元号は何になるのかに気をもんでいる業界も多いという。カレンダー業界などでは一ヶ月ずれ込むごとに印刷の外注費などで総計数十億の追加費用がかかるとのこと。それは確かにしんどそうだ。

 コンピュータ業界も、既存プログラムを新元号に対応させるのに、あちこちで悲鳴があがるに違いない。

 しかし今のところ、その新元号の発表スケジュールがいつになるかすらも決まっていないような状況だそうである。なんとも、国民みんながやきもきしそうだ。

 1979年の大平内閣時代にまとめられた閣議報告「元号選定手続き」には以下の6項目があるそうである。

1)国民の理想としてふさわしいような良い意味を持つものであること
2)漢字二字であること
3)書きやすいこと
4)読みやすいこと
5)これまでに元号又は諡として用いられていないこと
6)俗用されていないこと

 これらに加えて、現在はコンピュータ、ネット時代であるから、最近の明治、大正、昭和、平成を区別できるアルファベットM、T、S、Hが頭文字になる元号は採用されないとの見通しである

 で、わたしは考えた。
 やはりコンピュータ時代であるから、古いシステムを稼動させている会社も多いことを鑑みて、新元号にUnicodeのみにある漢字はもちろん、JIS第二水準漢字が使われることもないだろう。
 となると使われるのはJIS第一水準の漢字だ。それは2965文字ある。元号は上記レギュレーションから「漢字二字」であるそうだから、その組み合わせは2965の自乗で8791225通りあるわけだ。

 要するに、それを網羅してしまえば、必ず「当たる!」のではないか?

 というわけで、ちょいと簡単なプログラムを作って、その八百七十九万千二百二十五通りの二文字の「新元号予想」をリストアップしてみた。下記からダウンロードしていただきたい。なにぶん大きいもので、zip圧縮してある。

「新元号予想リスト(zip)」

 展開するとほぼ50メガバイトのテキストファイルとなる。スマホなどのプアなエディタだとハングアップするかもしれない。



 なお、過去に使われた元号は[このカッコ]でくくっている。
 絶対に使われそうもない二文字も多量に含まれているが、そのあたりを削除していくとこの作戦の持つ卑劣さが薄まってしまうのでやらない。

 この作戦名は「必殺・暗黒流れ星オペレーション」とする。


(島本和彦「炎の転校生」7巻より引用)


(島本和彦「炎の転校生」12巻より引用)


(島本和彦「炎の転校生」12巻より引用)

「そう! あとは総当りだけだっ!!」

 なんでも新元号は「人目に触れた瞬間、絶対に採用されない案」へと替わってしまうのだそうだ。なので、上のリストはパブリックドメインとする。どんどんバラまいて、政府を困らせていただきたい。ふふふ。はーはっはっは! なんと卑怯な俺。いったいどんな新元号になるのか、今から楽しみである。

 もし新元号が上記リストの中にあったら、わたしは堂々と「新元号をコンピュータを使って当てた男」を名乗るつもりである。間違ってないし(笑)。

 ちなみに過去の元号では、「白雉」「永祚」が上記リストには引っかからなかった。だから可能性100パーセントというわけではない。
 もし、新元号が上記リストになかったら、そうだな、丸坊主になる覚悟である。

 あ、ちょっと不安になってきた(笑)。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記