2017年06月30日

【日記】モバイルnanacoが使えなくなったとき

 わたしの使っているスマホは、正式にはnanacoに対応していない。Google Playから入れようとしても「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」とすげなく表示されてアプリをインストールすらできない。

 が、もちろん、蛇の道はヘビということで、apkを直接インストールすればモバイルnanacoが使えるようになるのである。
 そんなわけで、nanacoは還元率もいいし便利に使っていたのだが、今日、外出中に、ふと残金を確認しようとしてみると――



 やられた! バージョンアップダイアログである。
 nanacoアプリは実に卑劣きまわりないインターフェイスを用いており、こうなったら、バージョンアップ以外のことはまったくできなくなる(もちろん、Felicaなので、残高内ならお買い物は可能ではある)。

「バージョンアップする」をタップすると――



 Google Play Storeに飛ばされ、アプリである『電子マネー「nanaco」』が表示されるが、例の「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」が表示されて、なにもできない。

 こういう状況になったとき、単なるカードのnanacoにポイントやマネー残高を移せるのかどうかは知らない。
 しかし、バージョンアップのたびにこういう卑劣きわまりないインターフェイスで強制的にバージョンアップさせるアプリというのは大っ嫌いである。プログラマの常識を疑う。少なくとも「あとでバージョンアップする」という選択肢を入れるべきだ。

 さて、こんな状況になっても、上の方に書いた「蛇の道はヘビ」で、新しいバージョンのnanacoアプリをインストールする方法があるのである。これは自分が忘れない為のメモでもある。

1)まず、PCでGoogle Playのサイトへ。
2)そこの検索窓でnanacoを検索。



 無事、nanacoのページが表示されたら、そこのURLをコピー。

3)apkpure.comというサイトを開く。
 そこの(現時点では)右側にある、APKPURE or com.apkpure.aegonと表示されている検索窓に、さっきのURLをコピー。

4)素のapkがダウンロードできるので、それをPCにダウンロード。今回の場合は、『電子マネー「nanaco」_v3.0A_apkpure.com.apk』というファイル名であった。

5)そのファイルを目的のスマホに移動させる。野良apkをインスコできる設定に一時的に変更して、新しいnanacoのapkをインスコ。



6)はい、無事、バージョンアップできました。



7)野良apkインスコ可の設定を閉じるのを忘れずに。

 しかし、今後とも同じ方法でバージョンアップができるとは限らない。もう、今の残高を使いきったら、モバイルnanacoの使用はやめようかとも思っている。
 なにより、上に書いたような「卑劣きわまりないインターフェイス」を平気で用いるようなアプリを使用する電子マネーはお里が知れるというものだ。

 もともと非対応機種なのだから文句を言うのは筋違い……というのは想像力を欠いている。たとえばこの先、モバイルnanacoアプリのAndroid対応バージョンが上がり下位バージョンへの対応が切られないとも限らない。そのとき「アプリではバージョンアップ以外できないのに、GooglePlayで弾かれる」仕様は最悪のものとなる。

 細君は楽天っ子なので、メインは楽天Edyである。自分もメイン電子マネーを楽天Edyに変えようかと思案中だ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記