2017年07月26日

【日記】洗礼なしにキリスト信者と名乗れるや否や

 つらつらとネットサーフをしていると、わりとこのような質問があることに気づく。
「わたしはひとりで聖書を読み、イエスの教えに感銘をうけました。また、その教えに従い生きようと決めました。けれど、洗礼を受けて特定の教会に属するというのは躊躇があります。こんなわたしでも、クリスチャンと名乗っていいでしょうか?」

 まあ、ベストアンサーマークがつくのは「あなたは立派なクリスチャンです。洗礼を受け、特定の教会に属していても、クリスチャンと呼ぶのは憚られるような人はたくさんいます」というような返信である。

 いや、わかるんだなぁ。質問者さんの気持ち。だって、わたしもそういう人のひとりであったから。ひとりで聖書を読んでいた頃、やはり洗礼を受けてどこかの教会に属さないと「クリスチャン」になれない、ということに、どこか抵抗があった。

 でもね、カトリック教会に通い、勉強会に出て、洗礼を受けて、所属教会ができた今のわたしは、はっきりと言う。

「洗礼を受けていなければ、あなたをクリスチャンとは呼べません」

 酷だけれど、これは明確である。ひとりで聖書を読んで、キリストの教えを守っている、などという人は、残念ながらクリスチャンではない。「ちょっとイエス・キリストが好きな人」くらいで留めておくのがよろしい。


(アサダニッキ「青春しょんぼりクラブ」11巻より引用。珠算部も部員一人なら「ただのそろばんの好きな人だ!!」)

 何度かこのブログにも書いたことがあるが、もともとクリスチャン≠ニいう言葉自体、アンティオキアで信者たちが、あまりに「キリストキリスト」とうるさいものだから、「あいつらクリスチャン≠ト呼んでやろうぜ」と、周りに付けられた蔑称なのである。
 いわば「おたく」と同じなのだ。ひとりでプリキュアを見てテレビの前で「ぷいきゅあ、がんばえー」と言っていても、それはひとりのプリキュアが好きな人。
 映画館でプリキュアの映画を見て、ちびっこたちに混じって大きなお兄さんたちが「ぷいきゅあ、がんばえー」とやって、はじめて「やだ、あの人たち、プリキュアおたくじゃない?」と言われるのである。

 わたしはこんな想像をする。
 船旅で事故に遭い、ひとり、無人島に流れ着いたとする。一冊の聖書とともに。
 その人は、たったひとり無人島で暮らすというサバイバルの中、生きる希望を聖書の中に見つける。そして、ひとりでも死を選ばず、神から与えられた生をまっとうして、寿命が尽きるまでその島に留まり帰天する。
 その人を、誰がクリスチャン≠ナはない。と言えようか。こういう状況だったら、わたしも、この人は洗礼の有無関係なく、クリスチャン≠セと思う。

 しかし、この人が救助されて、現代社会に復帰したとする。そうしたら、自分はイエスの教えで助かったと、誰かにキリストの話をしたくてたまらなくなるのではないだろうか。ただ胸の内に、島の中で得た信仰を留めておくことは、クリスチャンなら&s可能なのである。

 この現代社会で、ひとりで聖書を読み、洗礼を受けずに、イエスの教え通りに生きよう、と思う程度の「イエス好き」に、わたしはクリスチャン≠名乗る信仰などないと思う。

 パウロも、イエスと信者の関係を結婚に例えている。好きだけれど結婚はしないというのは、聖書の教えに反しているのである。
 第一、イエス自身が洗礼者ヨハネから洗礼を受けることを「正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです(マタイ 3:15)」と言い、マタイ 28:19-20では「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。」と使徒たちに使命を与えているのである(これを教会用語で「大宣教命令」という)。

 ひとりで聖書を読んで、クリスチャンを名乗りたい人の奥底にある気持ちは、結局のところ、教会という人間関係の中に身を置きたくない、というところがあるのではないだろうか。
 しかしイエス自身が、こう言っているのである「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。(マタイ 18:20)」と。ひとりで聖書を読んでいても、その中にイエスはいないのだ。

 世の中にキリスト教の教派はたくさんあるから、中には無洗礼派や、無教会といった形をとる教派もあることは承知している。しかし彼らはやはり特殊であるし、同時にやはり、結局のところ人間の集まりであるという教会≠ナあるという指摘はしておきたい。

 要するに、無人島でもなければ、クリスチャンというものは、ひとりではなりえないのだ。この現代社会の中にいるのなら、どんなに聖句を暗記して、イエスの教えを守って生きようが、それは聖書マニアのイエス好きにしかなれない。

 洗礼を受けたからクリスチャン≠ノなるのではない。クリスチャンだから$礼を受けるのである。夫婦だから愛し合うのではなく、愛し合ったから夫婦になるのである。愛してはいるけれど、夫婦にはなりたくない、そんなごまかしは、イエスもパウロも良しとしないだろう。「また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。(マタイ 10:38)」である。

 実際、人間関係の煩わしさから、教会と関わりを持ちたくない、という気持ちもわからないではない。
 だったらそういう人は、カトリックへいらっしゃい。カトリックの人間関係はプロテスタントに比べれば希薄である。良くも悪くも一線を守り、ラインを越えて踏み越えてくることは(まず)ない。特に大きなカトリック教会ほどそうだろう。

 それでも、ミサという同じ食卓で、同じご聖体をいただく我々は、まごうことなきクリスチャンなのである。

 最初に戻って、不思議なことに「聖書だけ読んで無洗礼だけどクリスチャン」を認める人々はプロテスタントに多く、カトリックでは皆無、という気がする。このあたり、プロテスタントの方々はちょっと甘いのではないだろうか。
 プロテスタントの言葉を借りれば、無洗礼者をクリスチャンと認めるのは「聖書的」ではないと、カトリックの自分は思うのである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年07月25日

【回想録】チェルノブイリ原発事故の思い出

 1986年4月26日に、それは起こった。
 ソ連の「チェルノブイリ原発事故」である。
 その頃、わたしと悪友たちは、集まっては麻雀ばかりしていた。同年の4月8日に岡田有希子さんの投身自殺があり、話題はそれ関連ばかりであったようにも思う。


(ファーストアルバムを買うくらいのファンではございました)。

 ソ連は事故を進んで発表するような国家ではなかったので、当初は事故を隠していた。最初、異常を発見したのは、近隣諸国、確かスウェーデンの原発の放射線モニタ線量計だったと記憶している。
 当時、ソ連は日本から、距離的にも政治的にも遠い国ではあった。そこで起こったという原発事故は、同じ地球にあっても、どこか非現実的な出来事のように思われた。

 その翌月の五月の連休のこと。皆で集まって、また麻雀をした後、昼飯でも食べに行くか、と外に出たら、小雨がパラパラと降ってきていたのである。
 こんな会話を交わしたことを、良く覚えている。

「あ、雨だ。傘いるかな」
「近いし、この程度ならいらねぇべ」
「チェルノブイリの放射線物質が混ざってたりしてね」
「まっさかぁ(笑)」

 そのまさかであった。5月3日のことだ。後になって、このとき日本に降った雨に、本当にチェルノブイリの放射線物質が含まれていることを知り、仰天したのであった。
 仰天はしたが、それもまた、どこか他人事であった。恐慌をきたすこともなく、チェルノブイリとこの日本はつながっているんだなぁ、と妙に感服したような感じ。

 深夜のCNCテレビニュースでは、チェルノブイリ原発の必死の消火、対策が連日、放送されていた。これも正直、遠い国で起こった惨劇という感覚であった。
 日本の学者たちは、日本の原発はチェルノブイリ型とは根本的に違うので、同じような事故はありえないと繰り返し繰り返し言っていた。東工大に通っていた友人が、原発関係の教授に「トカマク」とあだ名をつけたんだよ、と聞いて吹き出したりもした。

 当時の日本の雰囲気は、こんな感じである。大部分の日本人にとって、チェルノブイリ事故は、遠いよその国で起こった他人事、だったのではないだろうか。
 事故の後「チェルノブ」というゲームがアーケードやメガドライブで出ていることからも、日本人にとっては「他人事」だったことがよくわかるというものだ。


(データイースト社のメガドライブ版「チェルノブ」OP画面より引用)

 さて、その映像が放映されたのが、事故直後すぐか、しばらく経ってなのか記憶にないのだが、チェルノブイリ原発の上を、取材カメラマンが必死の覚悟でヘリで飛び撮影した、というものが流れた。
 そのフィルムに移ったチェルノブイリ原発の破壊されようは、さすがに衝撃的であった。そして、フィルムのところどころに、白い点がランダムに光るのである。「これは、原発から発せられている放射線がフィルムに感光したものです」と説明されて、初めて、放射線の恐ろしさというものを感じた。

 こうやって書いてみると、わたしや、わたしの周り、日本自体の呑気さに驚く読者がいらっしゃるかもしれない。しかし当時、日本の原発と原子力産業は信頼されており、あの、東海村の「バケツでウラン」事件もまだ起きてはいなかったのだ。

 そうしてチェルノブイリ原発事故は、「石棺」化され、人々の記憶にそれでも何かを残しながら、過去の物となっていった。

 インターネット常時接続時代になって、動画サイトも普通のものとなり、あるYOUTUBEの動画が話題になった。ひとりの女性がバイクでチェルノブイリへと向かうという内容である。ガイガーカウンターを持ち、荒廃した道を走る。
「えっ!?」というのが正直な感想だった。ソ連崩壊後、チェルノブイリ原発近辺はウクライナの監置下となったが、厳重に立ち入り禁止区域になっているとばかり思っていたからである。
 調べてみると、もう、石棺のわりとすぐそばにまで行けるのだそうだ。もちろん放射線量は高いので、いろいろと気を遣わねばならないが、決して無謀な決死行ではなくなっていることを知った。
 そのとき脳裏に、二十数年前に見た、あの、ヘリからのチェルノブイリの様子が蘇った。
 あの場所に、行くことができるのか! 旅行好きとは言えないわたしが、珍しく、反射的に「行きたい!」と思ったのである。

 検索してみると、わずかではあるが、日本からのツアーも定期的に出ているらしい。まだ個人ページ華やかなりし頃だったので、行った方がサイトで道中を公開していた。石棺をバックにとった記念写真を拝見して、本当に「そういうう時代になったのだ」とびっくりした。

 東日本大震災がくる前。福島第一原発が津波でメルトダウンを起こす前の話、である。

 チェルノブイリ原発事故が起こった時、その地は「絶対に行けない場所」であった。それがいつの間にか「行ける場所」になったのだと知ったら「いつか行きたい場所」になった。

 今は諸事情があって、住んでいる場所を長期間離れることはできないが、そのうち身が軽くなったら、細君と行ってみたい場所リストのひとつに「チェルノブイリ原発跡」と書き加えている。
 いつかそのような日が本当に来ることを祈って。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録

2017年07月24日

【日記】ISOT

「イソット」こと「ISOT」について、なにか書いたことがあっただろうか、と、このブログの過去ログを検索してみると、名称だけは何度か触れたことがあるが、中身については書いたことがないようだ。
 ISOTというのは、「国際・文具・紙製品展」のことである。毎年、七月の頭くらいに、東京ビッグサイトで行われている。

 わたしも、会社で取引している社が出展しているので、そこへの挨拶回りと陣中見舞い配りで、行けるときは行っている。ただこの季節、台風が来ることも多く、それで休んだことも何度か。

 今年は天候にも恵まれ、隣県からクルマでえっちらおっちら。ちょっと回ったところで、例のごとく社長特権でVIPルームでオレンジジュースを飲みながら、これを書いている。

 ISOTとのつきあいはけっこう長い。なにしろ、初期、まだ幕張メッセで開かれていた頃から行っている。あれは1995年のことだったから、もう22年も前のことだ。


(1995年、幕張メッセでのISOT。このときは第6回だったようだ。名称もちょっと違っていて、「事務機器」が入っている)。

 当時のISOTはすごかった。何がすごいと言って、ちょっと回るだけで、ノートやらペンやら販促品やらサンプル品などが山ほどいただけたのである。
 幕張メッセのクジラ館全館使用だったと思う。大手の文具会社はほぼすべてが出店していた。コクヨ、ぺんてる、パイロット、プラチナ、トンボのような誰でも知っている会社から、文具マニアなら知っている中規模会社、小さな会社までブースを出していて、本当に「国際・文具・紙製品展」の名に恥じない規模であった。
 一緒に回った細君など、目の色が変わってしまって、翌日もまた一人で行ってしまったほどである。

 当時の開催月は九月だったはずである。それがいつの間にか七月になり、会場も東京ビッグサイトに。

 あれから二十年以上経って、ISOTは変わった。いや、ISOT自身は変わっていないのかもしれない。日本経済がしょんぼりしてしまったのだ。
 いつの間にか、コクヨのような大手が参加しなくなり、会場のアドバルーンも、キングジム、リヒト、あと数社くらいになってしまった。そして会場自体が、ビッグサイト東館を二つ使うだけ、にまで縮小してしまった。
 別にそれ目的で行っているわけではないのでいいのだが、サンプル品も出なくなった。新製品の出るペースも遅くなった気がする。
 わたしはやはり文房具が好きなので、ISOTは毎年楽しみなのだが、現在の状況は、少々、さみしい。

 ISOTを主催しているのは、「リード・エグジビション・ジャパン株式会社」という展示会主催専門の会社なのだが、全体が閑散としないよう、他の展示会(雑貨エキスポ、インテリアエキスポ等)を同時開催して、人出自体は少なく見えないようにしている。良く工夫してうまくやっていると思う。

 2020の東京オリンピックに東京ビッグサイトが使われると、展示会が開けなくなるという問題の署名活動をしているが、これはもっともなことだ。

 いくら好景気でなくなり、展示会が以前のような規模で開けなくなっているとはいえ、展示会がなくなって一番困るのは、そこを新製品の発表の場としている中小・零細企業である。東京オリンピック2020で好景気再び! などということは、この日本ではもう絶対にない。東京都政は自分で自分の首を絞めていると思う。都民ファーストだってぇ? だったら近隣県を頼らず、都民だけでなにもかも全部やりやがれ! という気持ちだ。

 各展示会も、コミケも、東京ビッグサイト等捨てて、過去のしがらみを水に流して(あるんですな、過去のしがらみが)幕張メッセに来ていただけたら、と思うのだが、その幕張メッセも、オリンピックに使いやがるのだなぁ……。

 ほんと、東京オリンピック2020なん(ピー)。

 東京ビッグサイトに来るのは、去年秋のギフトショーかブックフェア以来だと思う。冬コミにも使われたという、新設された東館七、八にも行ってみた。これは東7のVIPルームで書いている。
 これから、西2まで移動しつつ展示を見ていく予定なのだが、西2は遠いですな……。コミケのときは、さぞや大変だったろうと思わずにはいられない。
 というわけで、体調も整ったので、挨拶回りと展示の拝見へいってこよう。どっこらしょ、と。



追記:それにしても、雑貨エキスポ等の方で、まだ「水素水代理店ビジネス」をやっているところがあってびっくりする。この期に及んで、引っかかる人がいるのだろうか……。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年07月23日

【日記】非常口誘導灯

 プラネタリウムに通うようになって、あれー、昔とコレは違うのかな? 昔もそうだったのかな? と思うことのひとつに「非常口誘導灯」の消灯がある。



 これである。
 プラネタリウムの上映中、今はこれを消している。前口上でもナレーターが必ず、上映中は消灯すること、非常時にはすぐ点けることを説明している(あと、非常時のために靴を脱ぐな、など)。
 しかし振り返ってみると、この非常口誘導灯、プラネタリウムなどのように真っ暗にしなければいけない施設では、とても迷惑な明るい光源であることに間違いない。昔も同じように説明して消していたのだろうか? このあたり、ちょっと覚えがないのである。

 こんなことを書いたのは、最近、映画館でもこの非常口誘導灯や「禁煙」の赤い電灯、それに壁面の時計などが、一切点灯されていないことに、いまさらながらに気づいたからである。
 昔は確かに、どこの映画館でも、非常口誘導灯、禁煙の電光掲示は灯されていた。「スターウォーズ・帝国の逆襲」を観ながら「邪魔だなぁあれ」と思った記憶が強く残っているので確かである。

 その昔、公的に「ディズニーランド」の取材に行ったことがあるのだが、「カリブの海賊」に乗ったとき、途中途中に「非常口」の緑の電灯が点いていて、そのとき一緒に案内してくれたオリエンタルランド広報の女性に「あれは雰囲気壊すので残念ですよね」と話したことがあるのであった。
 彼女はうなずきながらも、でも、あれは条例で消すことはできないのです、というお返事をくださったと思う。

 プラネタリウム、映画館、遊園地のアトラクション、と三例挙げたが、このうち、プラネタリウムと映画館は、今、少なくともわたしの住む地方都市では、上映中は消しても良いように条例が変わったのだろうか。

 ちょっとググってみると、同じような疑問をお持ちの方がいらっしゃったようで、こちらのページ「おっさん、映画を見る」の方が、すでに詳しい調査と結論をお出しになられていた。
 もしもの404のために備えて結論を転記しておくと、「劇場、映画館等の誘導灯を消灯する場合の取扱いについて(通知) 」という文書があり、平成8年3月21日の消防予第43号の改正によって、特に暗さが必要とされる場所での消灯が認められるようになったのだそうだ。
 ちなみに、それがこの文書である(PDF)。
「劇場、映画館等の誘導灯を消灯する場合の取扱いについて(通知) 」

 どうやら条例ではなく「消防法」によって決められていたことらしい。オリエンタルランド広報の方も勘違いしていらっしゃったようである。わたしも条例ではないことを、今、知った。

「カリブの海賊」の非常口誘導灯は、今でも点灯しているのだろうか、それとも、もう点灯しないで運用しているのだろうか。かなりご無沙汰なので、興味のあるところだ。
 もし近々、ディズニーランドへ遊びにいく予定の方がいらっしゃいましたら、「カリブの海賊」の要所要所に、緑色の「非常口」が点灯しているかいないか、ちょっと話のタネに探してみてくださいな。

 最近、劇場で映画を見ていると、トイレにでも行くのだろうか? 上映途中でも一旦席を立って、しばらくしてから戻ってくる人が少なくないことに気づいたのであった。
 昔はそういう人はごく稀だったなぁ、ビデオ視聴に馴れて、途中退席に抵抗がなくなったのかな? などと思ったりしている。
「非常口誘導灯」は消えたのに、途中退席する人は増えている、不思議な現象ではある。

 わたしはそういう方がいても気にしないタチだが、そのうち、上映前の注意に「トイレは十分済ませた上で」などと流れたりするようになったりして。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年07月22日

【日記】★どうもすいません

 わたしは落語にはまったく疎いのだが、子どものころ、林家三平(初代)師匠の噺をテレビで見ていて「なにが面白いのだかわからない!」と思っていた。この人の噺はまったく面白くない。なぜ観客が笑うのかが理解できない、と、常々思っていたのである。

 なにより嫌いだったのが、「こうやったら笑ってください」と拳を頭に当てて、お客さまに笑いを催促するというもの。子ども心に「使えねぇ奴!」と思っていた。噺家は噺で笑わせてナンボである。それを催促して笑いを取るなどという恥知らずな行動を強要するとは、情けないにもほどがある、と。

 いやはや、落語に造詣の深い皆様、ごめんなさい。まだ年端も行かないガキが思った戯言です。あれも高度な笑いのひとつなのですよね。ただ、子どもだったわたしが理解できなかっただけなのです。
 ごめんなさい、ごめんなさい。どうもすいません(と、頭に拳を当てる)。

 いやー、正直、人生の折り返し点を過ぎて、あの意味がわかる日が来るとは思わなかった。
 とにかく、今、わたしは調子が悪いのである。なにを書いても、あまりお客さまに楽しんでもらえるものを書けているという実感が持てない。

 そこでコレ、「どうもすいません(と、頭に拳を当てる)」である。

 これから、そういう記事を書くときは、タイトル冒頭や文中に「★」マークをつけるので、読者の皆様、記事の中身がどんなに滑っていても、笑ってください。
「★」マークが頭に拳をあてるしぐさということである。

 いやほんと、365日、一日も休まずブログ書くのは大変なんすから。身体だけは大事にしないと。ゆうべも悪夢で起きてこれはネタになるとメモ帳にペンを走らせて、朝起きて読んでみたら「絶対に死なないバスでびゅんびゅん」。なんじゃこりゃ?
 このネタのどこが面白いかといいますと、夢を見た当初はすごく悪夢だったのに面白かったんですよ。が、結局、起きて冷静になってみると面白くもなんともないという――

 ★!

 先日「パイレーツオブカリビアン・ドットコム・最後の海賊・ポロリもあるよ」を見てきたんですよ。いや、ポロリは足首だけだったんですけどね、ところがあーた、どうやらわたし4作目を見てなかったらしくて、どうしてブラックパール号がボトルシップになってるかわからなくてまあそれでも楽しく観て帰ってきたんですが、このネタのどこが面白いかといいますと、カリビアン・ドットコムじゃないだろというところと――

 ★!

 わたし以前はけっこうな2ちゃんねらーだったんですけどね、神と崇められたことも厨房と罵られたこともアスペと蔑まれたこともある一人前の2ちゃんねらー。んでね、名無しさんでよくコピペをつくったもんですよ。自分でも全然知らないところで、自分の書いたものがコピペになって改変されてたりしてね。いやあこりゃ楽しいものでね。
 あるサイトなんて、まじめに「人生の真実だと思う。○○の諺」なんてコピーしてるんだけど、実はそれ、わたしの創作なんですよ。いやすまん。ここで謝っときます。

 ★!

 てなところで、あ、もうお時間ですか? あーよかった。今日もなんとかいち記事アップできました。
 それではみなさん、生きておりましたら、また明日。

 ★!
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記