2017年07月16日

【書評】春の呪い

 小西明日翔「春の呪い」1〜2巻(完結)

 初読だが、よいマンガであった。おそらくわたしの人生で、これからも、二度、三度と読むようになる気がする。

 と、上の行を書いてから、残りは寝て起きて書こうと思ったら、どうにもたびたび早朝覚醒してしまう。そのたびに本作のことを思い出して、いろいろ考え、また眠りにつくという繰り返しである。
 自分でもそこまでと気づいていなかったが、かなり感動していたのだろう。

 あらすじに触れる前に――
「妹が病気で他界し、その姉が、妹の婚約者とつきあうようになる。妹の婚約者は、妹が他界する前から、姉に心魅かれている自分を感じていた」
 こう書いたら、「なんて不品行な姉だ!」「なんて不誠実な婚約者だ!」と拳を振り上げたくなるだろう。
 このお話は、そういうストーリーだ。だが、ことはそう単純ではないのである。

 あらすじ――
 やんごとなき血筋を持つ柊冬吾と立花夏美は、秘かに交際している。夏美の妹、春と冬吾は、血筋の関係で婚約者であった。しかし春は19のときに病で他界してしまい、葬儀場で冬吾は、春が他界したのなら夏美と付き合ってみることを淡々と彼女に言う。あまりにひどい提案。夏美はそれに対し、ひとつの条件をつけた。「春と二人で行った場所に、わたしを連れて行ってくれませんか?」
 そして二人は、春への罪悪感を持ちながら、冬吾と春が過去にデートしたという場所を巡っていく――。


 ここから先はネタバレも多いので、ネタバレなしで本作に触れたい方は、別ページへ移動していただきたく。しかし、良作である本作をとても紹介したいという自分の気持ちもまた、抑えられない。



「物静かで頭のいいショートカットの大和撫子」の春と比べ、夏美は「うるさく騒がしく前に出るタイプでロングヘア」である。しかし春と冬吾が交際中、夏美はそれを隠していたのである。
 しかし冬吾はそんな夏美の正体にいつしか気づき、惹かれるものを感じていた。それを一切おくびにだすこともなく。

 冬吾は家柄も才能もあるイケメンで、いわば少女マンガで言えばよくあるタイプ。わたしはたいてい、こういうタイプに好感を覚えないのだが、不思議と彼にはそれを感じなかった。
 それは彼が「誠実」であったからだろうと思う。
 春と婚約していながら、姉の夏美に惹かれている男を誠実か? と疑問に思うのなら、それは考え方が間違っている。彼はそれをまったく表に出さなかった、それが誠実というものなのだ。

 たとえば、女の結婚詐欺師が、資産家の男をだまして遺産を奪ってやろうと思い結婚する。が、彼女はその資産家の男が死ぬまで誠実な妻を努め、資産家の男は彼女に看取られて幸せに息を引き取り、女は遺産を受け取った。この女を、誰が「結婚詐欺師」だという事ができるだろうか。これが「誠実」というものである。
 別の話。たとえば、ある女が男を好きになった。とても心から愛して結婚した。ところがその後、街で、昔好きだった男に出会ってしまう。女は心変わりをして、「自分に誠実でいたい」と夫と離婚する。いったいこの女のどこが「誠実」か?

 冬吾は、夏美に惹かれている。それは事実だった。春はそれに気づいていた。それは春が本当に彼のことを愛していたからだ。



 冬吾モノローグ「そうして病院を訪れるたび、いつでも春の陽気を纏っているような女と交際を続けながらも、実際はその女の姉を無意識に探っていた」


 冬吾と夏美は、かつて春と冬吾が回った場所を訪れていく。旧相馬庭園、バッティングセンター、美術館。
 妹「春」にかけられた呪いを感じながら、もともと明るい性格であった夏美も冬吾に心を開いていく。
 そしてついに、無意識に冬吾を「夏祭り」に誘ってしまうのだ。それは、「春」の知らないデート場所であった。それは彼女が冬吾に出した「春と二人で行った場所」という制限を破ってしまうことであることにも気づかず。

 もう二人の交際は終わりにしなければならない、と、冬吾は言い、淡々と、誠実に、かついきなり、夏美に告白をする。



 冬吾「俺がお前に好意を抱いていると、孰れお前も気づいていたんだろう。隠していたつもりもないが、到底お前の情が俺に傾くとも思えなかったので、話す必要性を感じなかった」


 二人は別れを選択する。夏美はやっと気づく、春と一緒に彼が行った場所を巡るという条件は、尋常ではない罪悪感を彼に感じさせていたはず、と。しかし、彼はそれを一言の恨み言も言わずやりとげてくれた。



 妹「春」の足跡をネットに追って、夏美は春が書いていたブログを見つける。そして――



 話は進み、夏美は罪悪感に苛まれながらも、やはり冬吾を好きでいる自分を抑えられない。冬吾もまたそれは同じであった。

 事情があり運び込まれた病院で、夏美が冬吾と再会するシーンが圧巻だ。



 二人は決して、「春の呪い」を乗り越えたのではない。「春の呪い」をあえて甘受して、そのつらさの中、苦しみの中でも、二人の愛を成就することを決意するのである。

 夏美は家を出て、冬吾も家柄を捨て、二人の男女として生きていくことを決める。「春の呪い」を思う夏美は、後ろを振り向いてみる、そこには、誰もいない。そこで初めて、夏美は「春が死んでしまった」という事実を受け入れる。





 そして冬吾も、最後まで誠実だ。決して「春も我々を見守ってくれる」「春も喜んでくれているよ」などというような、少女マンガにありがちな自己中心的なことは言わない。

 冬吾「俺もお前も、本当は呪われてなどいないのかもしれない。…だが、それが解ける瞬間は恐らく一生来ることはない。俺にも、おまえにもな」


 二人は、「春の呪い」とともに、前を向いて生きていく。しかしその「春の呪い」は、二人にかけられていた、もっともっと大きな「生家の呪い」を解いてくれてもいたのだ。

 単行本に初出の「番外編1」「番外編2」が短いながらも良い。これで読後感が実に爽やかに。
「春の呪い」を解くことはできないだろうが、この二人の暖かい、ラブラブな話をもう少し読みたいとは思いつつ、二冊というボリュームで美しくまとめたストーリーテリング力に感服する。これが一冊でも、三冊でも、どこかアラがでていただろう。

 マンガでも、小説でも、その作家の力量が一番試されるのは中編だと思う。長編だと冗長で編集者に無理矢理ストーリーを伸ばされた駄作になり、短編だと名作というより佳作になる。
 本作はその点でも素晴らしいと思う。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評

2017年07月15日

【日記】スマホ版がたまに更新されない件

 この「いまさら日記」は「さくらのブログ」で書いているわけだが、これの大本がSeesaaブログのエンジンであることは、画面デザインから一目してお分かりいただけるとおりである。
 使い勝手は、まあ悪くはない。広告をいれていないしね。

 さて、一年間、毎日、朝8時にいち記事を定期公開の設定でやってきて、四回、不具合を経験した。
 PC版のほうはちゃんと更新されているのに、スマホ版の方が更新されていないという謎現象があるのである。

 これがスマホ版のブラウザキャッシュの問題ではないことは確認済だ(いやまあ、スマホのブラウザキャッシュが悪さして同じ現象が起こっている方もいらっしゃるかもしれないが、ここで書いている現象は純粋にさくらのブログサーバのバグである)。

 もし、スマホ版のみでご覧いただいている読者の皆様が「あれ? 今日の記事、朝8時過ぎても更新されていないぞ?」ということがあるときは――



 この右下の「デスクトップ版」のところをタップしてみてはいただけないだろうか。
 すると、画面がPC版のそれに変わるはず。
 PC版の方の最新記事が、スマホ版と違っていたら、このバグが発生中である。

 なお、「デスクトップ版」から「スマホ版」へ戻すには――



 この一番上の「スマートフォン専用ページを表示」をタップすればよい。これで、また、「スマホ版」で昨日の古い記事がトップになっているとしたら、完全に「さくらのブログ」の「スマホ版がたまに更新されないバグ」に陥っている。

 直す方法は、今のところ、わたしがコンソールに入って投稿しなおすしかないようだ。ううむ……。

 なるべく、この現象が起きてもすぐにリカバーできるよう、気をつけてはいるのだが、もし同バグにお気づきの場合は――

 やめて! さくらのブログのバグで、スマホ版を焼き払われたら、闇のデスクトップ版で読める最新記事まで燃え尽きちゃう。
 お願い、死なないで結城! あんたが今ここで倒れたら、細君や読者の皆様との約束はどうなっちゃうの? ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、記事投稿できるんだから!
 次回「結城死す」。デュエルスタンバイ!


 などと思わず、「デスクトップ版」からお読みいただければ幸いである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年07月14日

【日記】インターネット・Wi-Fi設備に関するお知らせ

「【日記】某:COMの点検営業来たる」の最後に、某:COMとは比較にならないほど悪質なネット契約のチラシがポスティングされていたことを記事にしようと記していたので、それを一筆。

 ある日、こんなチラシがポスティングされていた。


(クリックで拡大できます)

 検索で引っかかるよう、文字起こしもしておく。

お客様各位
お知らせ

インターネット・WiFi設備に関するお知らせ

インターネット設備のご案内を受けていないお客様へ

こちらの地域は既にインターネットサービスをご利用いただけるWi-Fiエリアとなっており、ご地域にお住いのお客様は割安で高速Wi-Fiサービスをお楽しみいただけます。新たにインターネットを始められる方、現在のインターネット料金にお悩みの方、携帯電話の毎月の速度制限にお困りの方は、是非この機会にご相談ください。
接続機器をお持ちでない方は、タブレットPCまたはノートパソコンを支給します
(先着順の為、在庫が無くなり次第終了となります)

平成××年××月××日(×)〜××月××日(×)××時まで

ポケットWiFiルーターライトプラン

通信料金 4,980円→2,980円※端末代金込み


 裏面はこんな感じだ。


(クリックで拡大できます)

 こんなものは、あきらかに詐欺まがい商法である。だまされてはいけない。
 第一、文章がわけがわからない。誰でも自宅にネット回線を引いてWiFiルータを置けばWiFiエリアとなるのである。「ご地域にお住いのお客様は割安で高速Wi-Fiサービスをお楽しみいただけます」というのは意味がわからない。
 アパートなら共用WiFiというのもあるのかもしれないが、ウチは戸建てである。

 ようするにモバイルWiFiルータを売りつけようという詐欺まがい商法である。
 価格やその他の要因は、こんな詐欺まがい商法をやっているというだけで検討するまでもない。
 もし「それでも、ひょっとしたらお得かも……」とお思いになられる方がいらっしゃるなら、Googleで「インターネット・Wi-Fi設備に関するお知らせ」で検索してみれば、多くの方がこの詐欺まがい商法と、実際に会社が存在するのかどうかまで調査しているので、それらをチェックの上でチラシの番号などへご連絡を。
 ここまで「あやしい」と言われているのに、ご自分の選択で血の池地獄へ飛び込む方までとめようとは思わない。

 さて――

 わたしは「情弱相手の商法」と「情弱相手の詐欺まがい商法」は違うと思っている。以前話題になった、ある大手のPC販売チェーンがやっていたのは「情弱相手の商法」だが、「詐欺まがい商法」ではなかった。

 PCを手足のようにつかいこなせる人々には想像もつかないことだが、世の中には、一度、WiFiパスワードがわからなくなったら二度とネットに繋げられない人、ワクチンソフトの更新の仕方もわからない人、アプリケーションのインストールが自分でできない人、そういうレベルのユーザーが確かにいらっしゃるのである。
 それは彼らが悪いわけではないし、彼らに勉強して「使えるようになれ」というのは酷だ(それを言うなら、誰でもBASICができた初期のマイコンユーザーから見れば、今の「パワーユーザー(笑)」などみな情弱である)。

 そういう、「できない人」は、お金で技術を買っているのである。それを「高すぎる」と思うユーザーが多かったので大騒ぎになったわけだが、騒いだ多くの人々が、「じゃあそういうお前も、アプリに文句があるなら自分でJava書けるよな」と言われたら言葉に詰まるのではないだろうか。
 これ、冗談ではない。昔のPC関係は「言いだしっぺがやる」のが当然だったのだ。

 それともうひとつ。PCコンサルの会社を経営していて悔しいことだが、なんと世の中には、ちょっとむずかしい問題を部品代プラスアルファで解決してくれる小さな会社より、高いお金を取ってくだらない問題(ナンセンスコール)を解決してくれる有名PCチェーンをありがたがる層というのが、確実に存在するのである。まあようするに、有名チェーンなら信用できるというジジババ層である。

 わたしはこれで、ウェブサイト構築を請け負っていたある組織から裏切られた経験がある。明確な契約違反な上、しかも、その組織が乗り換えた大手の会社は、うちのデザイナーが描いたグラフィックをそのまま新規サイトでも使用、文章まで丸パクリという手抜きな卑怯ぶり。あきらかな契約違反、剽窃行為であった。
 社長としてわたしは、その組織に内容証明郵便を出して、一時は裁判まで覚悟したほどだった。そこまでいかず相手が折れたことを神に感謝している。

 だからわたしは、そういう「自分の情弱を金で補う」ような層に同情しない。もちろん、弊社にご依頼があった場合は、誠心誠意、負担にならない額で対応することにしている。

 まあそんなこんなで、こんなチラシが入っていたら、ビリビリに破いて捨てるのが吉だと思うが、ここまで書いてあえて騙されたいというのなら、止めたりはしないのでご自由に。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年07月13日

【日記】機械触手に犯された姫の宴のあと

 なんだこのタイトル(笑)。
 えーっと、定期健診の胃カメラを飲んできたのである。今は胃カメラではなく内視鏡検査という方が正しいらしいが。どんなに名前を変えようが――

「苦しいことには変わりはないっ!」

 いや、少しづつ改良はされて、昔より楽になっているのはわかるのである。しかしそれにしたって「内視鏡検査ってカ・イ・カ・ン」とか「次の内視鏡検査が楽しみ(るん」なんてことにはならない。
 内視鏡検査の日が迫ってくる、というだけで、なんかもう、ストレスで胃が荒れてきてしまう感じである。まったく本末転倒だ。

 さて、世の中広いもので、わたしにはそういう性癖はないが「触手マニア」という人々がいるのである。タコやイカやイソギンチャクや、なんかそういうニョロニョロネバネバドロドロした細長いものが好き♪ というマニアックな方々だ。

 好き♪ と言っても、「食べるのが好き」とか「飼うのが好き」というわけではない。女性がそういうニョロニョロネバネバドロドロドロしたものにあーだこーだされるのがたまらない、という「性癖」である。
 古くは葛飾北斎の艶本「喜能会之故真通」の「蛸と海女」と呼ばれる木版画にまでルーツが見つけ出せるというから、なかなか莫迦にできるものではない。


(これがその版画。一度はご覧になった方も多いのでは?)

 つまり触手と女性の組み合わせは、むしろ日本の伝統芸能に通じるものがあるのである。などと書いていて無理矢理感を感じないでもないがまあいいや。

 で、検査の待ち時間、どうせ受けねばならない内視鏡検査。ここでひとつ、触手に犯される姫の気分になってみれば、きっと、ちょっと苦しさから解放されるのでは、と思った次第(すでに頭のネジがゆるんでいる)。

 看護師さん「では胃の消泡剤を飲んでくださいねー」
 俺(内心姫)「わかりました(いやっ、媚薬を飲ませようっていうのねぇっ)」
 看護師さん「次に喉の麻酔の氷を舐めてくださいね」
 俺(内心姫)「はい。んぐんぐ(んごっ、んごんご。喉が、喉が痺れるうっ)」
 看護師さん「肩に胃の動きを止める注射うちますねー」
 俺(内心姫)「うなずく(ああっ、また媚薬を追加されてしまうぅっ)」

 看護師さん「じゃあ、麻酔も効いてきたみたいなので、横になってくださいね」
 俺(内心姫)「はい(ああっ、ベッドに押し倒されて、わたしになにをしようというの)」

 先生登場。

 先生「ではマウスピースをつけてくださいねー」
 俺(内心姫)「(ああっ、これがボールギャグという責め具なのね(←耳年増な姫だこと))」
 先生「行きますよー。肩の力を抜いて、はぁい」
 俺(内心姫)「(うぐうっ、うぐっ、入って、入ってくる、触手が入ってくりゅぅ!)」


(アンソロ集「もしも現代日本に触手が現れたら」より天道まさえ「うわさの痴漢電車」より引用)

 先生「はい、ぐーっと行きますねー」
 俺(内心姫)「(ん゛〜〜〜〜っ!)」


(アンソロ集「もしも現代日本に触手が現れたら」より辻風「このコ飼ってもいいですか?」より引用)

 先生「はい、ちょっと中でお水出しますよー」
 俺(内心姫)「(あ…あ…うげぇ…。やめろ! 中で出すな!!)」


(アンソロ集「触手淫獄」よりカネヤマシン「失われし時間」より引用)

 先生「十二指腸まできましたよー。空気出しますねー」
 俺(内心姫)「ふぎゃあああぅああっ。何…っ、おなかの中っ…、何か…出てる…」


(アンソロ集「触手淫辱」より抹茶ちゃもも「彼女の背中は死の香り」より引用)

 先生「はい、よくがんばりましたねー抜きますよー」
 俺(内心姫)「(はあ、はっ)」


(アンソロ集「もしも現代日本に触手が現れたら」より天道まさえ「うわさの痴漢電車」より引用)

 俺(内心姫)「な、なんだかクセになり……」

 なるかーっ!
 だいたいわたしには、根本的に触手の性癖がないのである! 人の性癖をとやかく言うのはアレだが、個人的にはキモいだけなのである。

 というわけで「機械触手に犯される姫」という妄想設定で内視鏡検査の苦しさを快感に変えるという試みは失敗したが、触手を趣味とする「我こそは」という方は、ぜひともこの方法で内視鏡検査を乗り越えていただきたい。

追記:「悪夢の宴」の後、数週間経ってから、同病院から電話があった。
「事前に射ったお薬に、酸化マグネシウムという下剤を間違って混入させてしまっていました。大丈夫でしたか?」
 いや別に、いつもお通じはいいので、特に問題があったという記憶もなく「大丈夫でしたよ」とお返事申しあげたのだが、これってひとつ間違えたら大きな医療ミスになっちゃったりしてたんじゃないの!?
 とにかく言えることは、あのとき――
 俺(内心姫)「ああっ、下剤、下剤まで打たれて、あたしを辱めようっていうのねぇーッ!」
 という一文が実は入っていてもおかしくなかったのである(笑)←じゃねぇよw
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年07月12日

【書評】成程

 平方イコルスン「成程」

 不思議と年に一度くらい読み返したくなる本、マンガというものがあって、わたしにとって、ここ数年は平方イコルスン先生の「成程」がその一冊である。



 なんとも、不思議な魅力を持った一冊である。
 ストーリー的には、「不条理モノ」になるのであろうか。深いようでそうでもないのかもしれないし、いや浅いようでけっこう深いのかもしれない、と、読んでいて、なにか、心理的なエッジ上を歩かされているような(しかもそのエッジがなまっているのか研がれているのかわからない)、不安でありながらも「行ける!」と思えてしまうような、不思議な感覚を覚える。

 絵はけっこう癖があるのだが、読み進んでいくうちに、キャラクターたちが可愛らしく思えてきたら、もう平方先生の手中にハマっているのである。
 なんだ、この甘いピンクのヘビが頭の中でのたうつような感覚は――そうだ、これは「萌え」だ。不条理な「萌え」である。

 とにかく一話一話に、とても伝えにくい魅力が滲み出している。
 特に秀逸なのは、「とっておきの脇差」と「むずかしい」の二話。

●とっておきの脇差

 高速を走っている車の中で、女の子が「忘れたー」と叫ぶ。忘れたというのは、なんと「くさりがま」(なぜ!?)。前のパーキングのトイレに置き忘れたという。



 隣のパーキングは大きいから「くさりがま」を売っているかも(えっ!?)。と入ってみるが、売っているのは「くない」だけ(なんで「くない」は売ってるの!?)。



 ヒロインは友人から、「脇差」と「円月輪(チャクラム)」を借りることにする。



 ここで、どうやら彼女は「決闘に向かうらしい」という雰囲気がやっとわかる。しかし車内はのんびりとしたのもので、みな、決闘が終わったら温泉へ行く話などで盛り上がっている(!?)。

 そして決闘の場はどこかの野原である。相手はカップル。決闘相手は「長刀」(!?)を持っていて、そばにいるのは男である。どうやらこの男を巡ってのトラブルで決闘になったらしい。

 そして決闘は――



 友人たちがヒロインを土に埋めているようなシーンが続き、どうやら彼女は負けてしまったらしい。
 決闘場を後にする友人二人。「一応連絡しておいたって」「してるよー、メールやけど」というのは、ヒロインの家族に連絡をしているのだろうか。「髪は?」「うしろ、トランク」というのは遺髪だろう。
 なんなんだろう、この軽い感覚! 軽い、軽すぎる!?



 勝てば三人で入るはずだった温泉に二人で行く友人。「予約のあれなんですけど、二人の方で」「あー、ご愁傷様ですー」。

 そして部屋につき、二人は涙を流すこともなく、決闘相手のカップルが、今頃どうしているかと猥談に話を咲かす。Fin。

 なんとも、得も言われぬ読後感である。読者として、取り残されないようにするのが大変なほどだ。

●むずかしい

 こちらは4ページの短編である。どうやら、これから死ぬ友人のために、未来からタイムスリップしてきた二人の話らしい。
 しかしこの友人二人がまた軽い。使命感を持っているようで持っていないようで、ファミレスでどうしようか相談を始める。



 歴史が改変されてしまうのではないかとか、むしろ自分たちが友人が死ぬ引き金をつくってしまうのではないか、などと、軽い調子で悩む二人。
 悩みに悩んで、結局結論は出ず、ファミレスで寝て追い出される二人。
 ホテルに部屋を取るが、そこで――



 一人が、これから友人(相田と初めて名がでる)が死ぬことに泣き出し、もう一人も貰い泣きしながら「あたしひとりやったら絶対泣いてないのに!」と思っている。Fin。

 やっとなにか、ちょっと読者に着地点をつくってくれたようなこの短編が、本書のラストとなる。

 とにかく全編、不条理でありながら軽く、そして微妙な萌え。一切トーンを使わず、台詞も書き文字である本作の作風に、読者としては得手不得手はあるかもしれないが、ハマる人はハマる! と断言できる一冊である。
 この不思議な感覚を、一人でも多くの方にお伝えしたい!
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評