2017年07月02日

【日記】セブン限定「北海道産マスカルポーネ仕立ての濃厚ティラミス」

 体調よろしくなく横になっていると、細君がもぞもぞと着替えて外出し、戻ってくると、例の今週末(06/29〜07/01)のプレミアム・フライデー限定スイーツの残りのひとつ、「北海道産マスカルポーネ仕立ての濃厚ティラミス」を買ってきてくれていた。

 なんということだ。そんなに俺の××をもぎたいのかね君は! やめてくれ、だから俺は風景写真家なんだ。左右ともディスポーザーに捨てるのはカンベンしてくれ(出典:映画「ハード・キャンディ」)。



 外見は普通のティラミスである。



 けっこう丁寧なつくりだ。
 このティラミスも、昨日のドゥーブルフロマージュと同じ、直径12センチ。繰り返すが、これで「巨大」とな? 



 スプーンですくってみたところ。一人で全部も簡単にいけそうな量だが、もちろん細君と半分こ。

 細君の感想は「うん、まあ昨日のよりこのティラミスの方がおいしいね」
 これも同感。
 しかし、期間限定品というので買ったが、これがいつでも売っているとなったら、買わないと思う。

 たかだか12センチで「巨大」を謳うセブン企画部は、下記のコストコで買えるケーキの大きさを見習っていただきたい!



 横の包丁で大きさを想像していただきたく。30センチかける45センチ、48人前である。しかもこれで2,500円弱。


(諫山創「進撃の巨人」関西弁版 1巻より引用)

「でっかいおっさんや」
 その日、関西人は思い出した。ヤツらにキャン言わされとった恐怖を…鳥籠ん中に、閉じ込められとった屈辱を……


 というわけで、まあ二つとも、味は良かったんですけどね、たかが直径12センチで「巨大」を謳うなんて「ちゃんちゃらおかしい」ので、雪辱戦は直径24センチでやってください、セブン企画部さん。期待しております。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記