2017年07月04日

【カットリク!】内因性精神病――臨床精神病理学の立場から

「【カットリク!】ロマンティックな狂気は存在するか」の記事で、本来ならば新約聖書四番目の福音書「ヨハネによる福音書」の冒頭文である「太初に言あり(文語訳)」が、誤って「旧約聖書の冒頭」と記されている、と書いた。

 しかし、春日武彦先生の同書の該当箇所はあくまで「引用」した箇所であり、もとは吉永五郎先生の著作「内因性精神病――臨床精神病理学の立場から」から引いたものらしい、とも。

 同箇所の間違いの指摘について、わたしは「うろ覚えなどではなく、今でも街中の書店で購入できる文語訳聖書を立ち読みでもすれば間違うはずがない」、「言葉≠扱う者として、その程度の簡単な確認作業さえ行わず言葉≠云々する態度は誠実ではない」という主張をしている。
 こういうわたしが、孫引きの状態で春日先生の「ロマンティックな狂気は存在するか」を「カットリク!」だと評価するのは、いささか片手落ちではないかと居心地の悪い思いがないではなかった。

 今はいい時代である。以前だったら、おそらく大きな図書館を回ってもすぐに手に入らず、それこそ国会図書館にでも行かなければ見つからないような書籍でも、アマゾンで入手できる。



 というわけで、ゲットしましたよ。吉永五郎先生著の「内因性精神病――臨床精神病理学の立場から」。
 暇な上に粘着質だなぁ、俺(笑)。1988年の初版である。

 該当箇所は、32ページの注記の部分にあった。


(クリックで拡大できます)

 注:古代ギリシャのプラトンの時代までは、エイドスとイデアは、同じ意味で日常的に使用されていた。しかし、キリスト教旧約聖書の冒頭の「始め言葉ありき」の文が示すように、言葉のみが人間の種族としての本質を現していることから次第にエイドスの使用は廃れた。しかし、言葉は偽るが、エイドスは偽らず、認識の源泉であることに変わりがない。


 はい。ばっちり間違っていらっしゃいますね。何度も書いてきたが「太初に言あり」は旧約聖書の冒頭の言葉ではなく、新約聖書四番目の福音書「ヨハネによる福音書」の冒頭の文であり、しかもこの言(ことば)≠ニは、Languageという意味ではなく、イエス・キリストそのもの(Logos)を現しているのだ。

 カットリク!ポイント44―
 カットリク!は「はじめに言葉ありき」が聖書の一番最初の一節だと思っている。

 カットリク!ポイント46――
 カットリク!は「はじめに言葉ありき」という一節が聖書に載っていると思っている。

 カットリク!ポイント45――
 カットリク!は「はじめにことばありき」の「ことば」が「Language」という意味の「言葉」だと思っている。


 というわけで、「ロマンティックな狂気は存在するか」で引用された吉永五郎先生の著作「内因性精神病――臨床精神病理学の立場から」、カットリク!を三連発、いただきました。
 なお、「はじめに言葉ありき」の間違いについての詳細は、拙稿「【カットリク!】はじめに言葉ありき」をお読みいただきたい。

 というわけで、聖書からの引用は間違っているが、もともと精神科医と研修医向けに書かれている本書は、一般読者のわたしにもそれなりに面白そうな筆致で書かれているので、ナイトキャップ代わりに読んでいこうと思っている。
posted by 結城恭介 at 08:00| 新興宗教カットリク!の研究