2017年07月06日

【カットリク!】「神父さま、なぜ日本に?」の書評

 2017年7月2日の読売新聞に、宮部みゆき先生による、女子パウロ会編著の新刊「神父さま、なぜ日本に?」の書評が出ていた。



 ちなみに同著「神父さま、なぜ日本に?」は良作である。もちろん、わたしも即買いしている。

 さて、宮部先生の評の中に「ん、これはカットリク!」と言わざるを得ない一文があったので、指摘しておく。



 今でもキリスト教に対しては、チャペルの結婚式に招かれ、祭壇に立つ神父様を見て「映画みたい」と思うくらいの距離感しかないけれど、自宅の近所に教会が二つあるのは知っている。散歩や買い物でその前を通りかかると、法衣を召した方をお見かけすることがある。


 宮部先生。申しあげにくいのですが、その……。先生がチャペルの結婚式で見た「神父様」は、99.99パーセントの確率で「ニセ牧師」です。「神父」ではありません。

「【カットリク!】プラチナ」でも触れたが、カトリック教会の神父が民間の「なんちゃってチャペル」に出向いて、「結婚の秘跡ミサ」はもちろん「結婚の祝福式」を行うことは、ほぼほぼない。

 ほぼほぼない、と書いたのは、そういうケースも稀にはあるだろう、と考えられるから。このあたりのことは、二度書きするのが面倒なので、「【カットリク!】プラチナ」の記事をお読みいただきたい。
 とにかく、ここ日本において、カトリック教会の司祭が民間のチャペルに出向いて結婚の秘跡ミサをあげることは99.99パーセントない。その証拠にみなさん、ホテルのチャペルでご聖体を配るような結婚の秘跡ミサ≠体験したことはありますか? ないでしょう。結婚の祝福式もまずない(逆に、葬儀ミサの場合、出張はよくあるのが面白いところではある)。

 そして、民間の「なんちゃってチャペル」で登場してくる司式者は、日本語たどたどしい白人の外国人で、中身は英会話スクールの先生がアルバイトでやっているような、ニセ牧師ばかりだ。
 はっきり言って、キリスト教式結婚式の真似事。コスプレ結婚式である。

 だいたい、街なかのなんちゃって教会には、恥知らずにも「○○カテドラル」などと看板が掲げてあることがある。カテドラルとは「司教座聖堂」である。お前のトコ、どこの教派なんだよ、司教の名前を言ってみろ! とツッコミを入れたくなる。日本にカトリックの司教座聖堂は16しかないんだよ!

「【カットリク!】プラチナ」でも書いているが、何度でも繰り返して書かなければいけないと思うことはあるので、これは書く。

 みなさんは「同窓会で結婚式をあげたの」と友人に言われたら、「へえ、どこの同窓会会館であげたの?」などと莫迦な質問をするだろうか? しないだろう。
 普通は「ああ、昔の学校の仲間に囲まれて、どこかのホテルなどで会場を借りた同窓会で、皆に祝福されながら結婚式をあげたんだな」と思うのではないだろうか。

 教会での結婚式も同じである。「教会」という建物がリアルにあるのではない。「教会」とは、キリストに結ばれ身を寄せあった人間の集まりを指して言う言葉なのである。「同窓会」と同じなのだ。

 想像していただきたい。慶応幼稚舎の同窓会がいくら素敵だからと言って(いや知りませんがね)、その同窓会の主催者に「わたしたち、慶応幼稚舎は出てませんけど、ここの同窓会で結婚式を挙げたいんです」と言ったら――



 というような扱いを受けること、間違いなしである。

 だから日本のカトリック教会では、洗礼を受けていない信徒以外の結婚の祝福式を引き受けるときでも、必ず「勉強会」を行う。洗礼まではいかなくても、「勉強会」を通して、求道者という「教会の一員」の形を取らせるのだ。

 本物の牧師や神父に司式される、本物のキリスト教式結婚式を挙げたいという憧れを持つ、結婚式に夢を抱く女性は少なくない。しかし冷たいようだが、ここははっきり言っておく。

「あなたが洗礼を受けてクリスチャンにならない限り、どこまで行っても、その結婚式はなんちゃってチャペルで挙げる、ただのコスプレ結婚式だから」

 だってこれ、当たり前のことじゃないですか。
 毎年、お正月に神社へ行っているのなら、結婚式も神式で挙げなさいよ。
 信仰している仏教宗派があるなら、仏式で挙げなさいよ。
 無宗教だというのなら、人前式で挙げなさいよ。
 結婚式のときだけ、にわかクリスチャンになろう、なんて節操のないことはおやめなさい。

 神社にも行きクリスマスも祝い葬式は仏教でやる。それが日本のいいところだ、という人がいる。それは大間違いだ。そんな風だから、神社はお賽銭を挙げればご利益のある自動販売機だと思い、クリスマスはカップルの性の祭典になり、仏教は葬式宗教になってしまうのである。そんな社会で茹で上がった人間が、筋の通ったまともな意見を持てるはずがない。

 日本の離婚率が徐々に高くなっているひとつの要因に、この、「なんちゃってチャペル」であげる「キリスト教式コスプレ結婚式」の増加があるのでは、と、内心、思っているところもある。
 自分がなにに誓っているのかも自覚せず「誓います」もないものだ。そんなだから「病めるとき、貧しいとき、苦しいとき」に相手を捨てるような薄っぺらい結婚が増えるのだ。

 わたしにしては珍しく、いささか筆鋒鋭くなってしまったかもしれない。
 しかし、民間のホテルのチャペルで登場してくるような司式者は、ほぼほぼ99.99パーセントの確率でカトリックの司祭ではない、ということは、何度でも指摘しておく。

カットリク!ポイント70――
カットリク!では、街なかのなんちゃってチャペルで登場してくる司式者も「神父さま」


 なお、ずいぶんロングパスだが、女子パウロ会編著の新刊「神父さま、なぜ日本に?」は本当に良著である。信徒には馴染みのあるお名前の神父さまが並び、読んでいて楽しい。

 書評の一部だけを抜き出して、ずいぶん辛辣なことを書いてしまったが、この書籍を一般紙で紹介してくださった読売新聞と宮部みゆき先生には感謝感謝である。
 あと、書評自体も(上記のカットリク!部分を抜かせば)素晴らしい。さすが宮部先生でいらっしゃる、と、フォローを入れておく。
posted by 結城恭介 at 08:00| 新興宗教カットリク!の研究