2017年08月26日

【回想録】図書券の思い出

 なにかクルマ関係のアイミツをサイトからやったら、それのキャンペーンに当たって「図書カード」をいただいたのであった。
 で、よく見てみると、これ、「図書カード」ではない「図書カードNEXT」である。裏には期限が書いてある。なんと、今までの図書券、図書カードには期限などなかったというのに。
 ちょっとびっくりしたが、使い方は図書カードと変わらないようなのでホッとしている。



 というわけで、図書券の思い出。図書券というと昭和っぽいので、「昭和の遺伝子」カテゴリにしようかと思ったのだが、調べてみると、図書券自体は平成17年まで発行されていたのである。なので、「回想録」カテゴリにした。

 わたしはよく本を買う子だったので、お年玉やなにかのお祝いで図書券をいただくのは嬉しかった。現金の方が良かったなぁ、と思ったことは一度もない。
 図書券は桜色をしたちょっと小さなお札大のチケットで、500円が額面だったと思う。
 昔は500円あれば、ちょっと厚めの文庫本が買えたのだが、今は同じくらいのボリュームの文庫本が千円する。あまり言われていないが、書籍も確実に値上げしているもののひとつだと思う。

 図書券は、後に出てくる図書カードと違って、利点があった。「お釣り」が出るのである。だから額面500円固定でもお釣りが出る分、無駄がなかった。
 図書カードはその点、全部、本を買って使い切らなければならない。残高もレシートを見なければわからない。そして一番嫌なのが、読み取り機を入れていない小さな書店だと使うことができない。
 いろいろ理由はあったのだろうが、図書カードは図書券と比べて、ユーザビリティは悪くなったなぁ、と思う。

 図書カードNEXTはその点を改良して、裏面のQRコードからサイトへ飛ぶと、そのカードの履歴がわかるようになっているらしい。ただし、先述したとおり、有効期限がつくようになってしまった。
 なにかどんどん、ダメな方へダメな方へ進んでいってしまっているように思うわたしは老害だろうか……。

 図書カードはリアル書店でないと使えないというのも難点だ。最近はめっきり、本はAmazonで買うようになってしまった。
 読みたいと思う本が、わたしの住む地方都市最大の書店でも置いていないことが多く、取り寄せを頼むと嫌がられる雰囲気もあって、なにかの機会でいただく図書カードがたまっていくばかりである。



「【回想録】満開製作所の思い出」でも書いた「電脳倶楽部」の投稿採用御礼は、図書券で来ることも多かった。これはきっと経理上の問題で、図書券ならば会社の方で源泉所得税を払わなくてすむからだったと思われる。

 テレフォンカードも、すでに過去の遺物と化しているが、おそらく図書カードも、あと10年もすれば「ナニソレ?」という若者が出てきてもおかしくないアイテムだと思う。Amazonと提携してネットでも使えるようになれば話は別かもしれないが。
 アマゾンギフトと差別化して、書籍限定で使えるアマゾン図書カードなどが作れれば良いのかもしれない。

 振り返れば、わたしが子どもの頃は、卒業祝い、入学祝いで親戚からいただけるのは「図書券」と相場が決まっていた。そういう文化まで消えていくのは、少々、寂しい気がする。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録