2017年09月05日

【昭和の遺伝子】体罰はこれを容認してはならない

 体罰はこれを容認してはならない。これは、家庭においても、もちろん学校においても容認してはならない。どのような事情、経緯、相手であろうとも、体罰を行ってはいけない。

 現代だからいけない、昭和の頃なら体罰は良かった、というわけではない。昭和の頃だって体罰はいけなかったのだ。

 わたしは昭和の男であるので、「体罰上等」の学校生活を送ってきた。
 今、わたしに体罰をしてきた教師たちと同じ年代か、それ以上の歳になってわかることがある。わたしに体罰をしてきた教師たちは、みな弱虫で、指導力が低く、薄っぺらいプライドを保とうとしている、人間として尊敬できない者ばかりだった。

 逆に、当時はわからなかったが、体罰を絶対に行わなかった教師たちの方が、今、振り返ってみると「あの先生はいい人だった」「尊敬できる人間だった」「軟弱なようで強い指導力があった」「本当の教師としての矜持を持っていた」とわかる。

 教師には、教育者となるべく教育学部を出た者も多いだろうが、教育学の教科書のどこに「体罰のやりかた」という項目があるのか? 「生徒への効果的な体罰の方法」が記されているのか? 根本的に「体罰は必要である」と書いてあるのか?
 もちろん、そんなものが書いてあるはずがない。

 この記事はもちろん、トランペッターである日野皓正氏が、世田谷区で行われたライブで「ノリすぎた」中学生のドラムスにビンタ等をした事件と、その社会的な反応を読んで書いている。
 日野氏は(一般的に言って)教育者ではないから、これは「体罰」ではない。もっと悪い「傷害事件」である。
 だがことが公になっても警察が取り扱わず(刑事事件として通報されていない)、当の中学生とその親が「あれは仕方なかった」と言っているそうだから(民事でも訴える者がいない)、まわりがどうこう言える問題ではない。
 どうこう言うのなら、警察に電話して「傷害事件が発生した」と通報すればよかったのである。

 本来「体罰」も「傷害事件」なのである。だが、教育者が生徒に暴行を働いた場合にのみ、なぜか「傷害事件」が「体罰」と名を変えて容認されてしまう風潮が、過去には確かにあったし、今でも残っているのだ。もちろん、良いはずがない。

 こういうときは「体罰」という言葉をうまく言い換えるのが一番良い。「教育の名を借りた一方的暴行」というのはどうか。うーん、長すぎていまいち一般化しないか。
 ならば「ハラスメント」である。「エデュケーショナル・ハラスメント」で、「エドハラ」。ううーん、これもインパクト小でダメそうだ。

 なんにしろ、体罰はどんな理由があっても容認されない。
「体罰で育ってきた世代がまともなオトナにならなかったようで否定される気持ちになる」と言っているタレントがいるそうだが、うん。「体罰」を容認している時点で、やっぱりそのタレントはまともなオトナではない。

 わたしがクリスチャンと知ると、ニヤニヤしながら「右の頬を打たれたら左の頬も打たせるんでしょ?」という人がいる。わたしは答える。「ええ。左手でスマホを出して警察に電話しますよ」と。

 聖書を正確に引用すると、こう書いてある。
「だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。(マタイによる福音書 5:39)」。
 左の頬を打たせなさいとは書いていない。向けなさい、だ。

 いろいろな説はあるが、ここでひとつ、考えていただきたい。二千年も前から、人間は右利きの人の方が多かったのである。普通に右手でビンタするとしたら、相手の左頬を打つのが当然である。なのにイエスは「だれかがあなたの右の頬を打つなら」と言っている。不思議ではないだろうか?
 実はこれは、主人が奴隷をしかるための打ち方だったのである。つまり、右手の掌ではなく甲の方で相手の右頬を打つやり方だ。

「奴隷」などと言うと、主人がなにをしてもいい存在、回転寿司の地下で機械を回すカッパたちのようなものを想像するかもしれないが、当時「奴隷」は「家畜」と同じであり、「家畜」が大切にされていたように「奴隷」も大切にされていた。その奴隷を傷物にしないために、思い切り打つことができない「右手の甲で右頬をはたく」方法をとるのである。

 逆に言えば、対等な人間関係の中でこのような打ち方をされたのなら、相手に人間として見られてない、ということなのだ。「右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい」というのは「俺を奴隷扱いするな。やれるものなら左の頬を打ってみろ、そうしたらもう――


(福本伸行「賭博黙示録カイジ」5巻より引用)

 という意味なのである。
 だから、イエスの時代から二千年を経た今、もしわたしが右の頬を打たれたら警察を呼んで刑事事件にする。クリスチャンとしてなんら矛盾を感じない。

 話が飛んだが、本来「体罰」も同じだったのである。自分の権力を傘に着て、一方的に生徒を奴隷とみなして打っているのである。いや、二千年前の奴隷が大切にされていたことを思えば、現代(昭和・平成)の体罰の方がもっとタチが悪い。

 わたしは昭和の男だが、ノスタルジーに浸って「体罰は必要」と言っている同世代の人間は、やはり体罰を行う教師と同じで、弱虫で、口ばかりで、人間として尊敬できない者ばかりに感じる。
 もし今まで深く考えず「体罰は必要」と思っていたわたしと同世代の人間は、本当に体罰を行っていた教師が尊敬できる者だったか、いま一度、考えなおしてみていただきたい。本当に尊敬できる教師は暴力をふるっていただろうか?
 いかがだろう?
posted by 結城恭介 at 08:00| 昭和の遺伝子