2017年09月10日

【回想録】日本文藝家協会会員証コレクション

 わたしが日本文藝家協会に入ったのは、旧い会員証のストックから見ると、どうやら1988年のことであったらしい。まだギリ昭和、63年だ。
 当時の入会に際するレギュレーションは、「文芸的著作を二冊以上出版」「理事一名と会員一名の推薦が必要」だったと思う。今は「文芸的著作を一冊以上出版」になっているから、だいぶ入会も楽になっているはず。

 さらに言えば、近々「冊子体の出版」という条件もなくなる方向でいくらしい。Webなどで執筆していても「文藝家」として認められる日が来るのである。大きな変革だ。

「理事一名と会員一名の推薦者」は、今も昔も変わらず、「ご自身でお探しください」である。わたしのときは、丹羽文雄先生と井上ひさし先生のご推薦をいただいた(というか、ご勧誘いただいての入会であった)。
 お二人とも鬼籍に入られてしまった。あの世で、推薦したわたしのふがいなさを嘆いていらっしゃらなければよいが。

 というわけで、おそらくフツーに生きていたら見ることがないであろう、日本文藝家協会の会員証コレクションを一挙公開してみる。



 1988年4月1日から1990年3月31日までの会員証である。この頃の会員証は二年おきに更新されていたのであった。右上の会員ナンバーは手書きで四桁。
 ケント紙に住所と筆名を貼り付け、ラミパウチしてある。大きさは旧型免許証と同じくらい。
 そう、ラミパウチなのである。まるでレンタルビデオ屋さんの会員証みたいな感じだ。
 しかしそれでも当時嬉しく、これで一人前の職業作家として認められたんだなぁ、という気持ちを持てた、感慨深い最初の一枚である。



 1990年4月1日から1992年3月31日までの会員証。
 筆名と住所が逆になり、右上のナンバリングがスタンプになった。前のカードと会員番号は変わり、番号は五桁となっている。といっても頭にゼロパディングした、内実は四桁と変わらないもの。
「【日記】自分が殺人を犯す想像力がないものが小説を書いてはいけないか」で書いているが、当時、死刑囚だった永山則夫氏がもし入会を果たしていたら、この会員証を拘置所で手にしていたはずである。欲しい? ラミパウチカードですよ?



 1992年4月1日から1994年3月31日までの会員証。
 紙質がいきなり茶色になっている。そして、また前のカードと会員番号が違う。頭にゼロパディングした五桁というフォーマットは変わらないが、毎回毎回、会員番号を振りなおしているのだなぁ、と、妙に感心。



 1994年4月1日から1996年3月31日までの会員証。
 今回の紙色は青である。前のカードと会員番号が違うのは恒例のことだが、今回は頭に「94」をパディングした六桁となっている。「94」はおそらく、この会員証の開始年を振ることにしたのだろう。



 1996年4月1日から1998年3月31日までの会員証。
 特筆すべき点として、画像ではわからないが、ひとまわり小型になっている。新型免許証やクレジットカードと同じサイズに合わせたようだ。ラミパウチは変わらず。
 また、有効期間に開始年月日が記されなくなっているのと、今までなかったFAX番号が記載されているという微妙な違いも。
 会員番号が違うのもお約束。ヘッダの二桁は「96」の六桁フォーマットで、やはり開始年を振っていると推測される。



 1998年4月1日から2000年3月31日までの会員証。
 カードのサイズは前回を踏襲してクレジットカードサイズ。
 六桁の会員番号が変更されているのはいつものこと。ヘッダが「98」になっており、これは1998年で理解できるのだが、次の四桁がいきなり数字が増えている。会員数でナンバーを振るのをやめたのかもしれない。



 2000年4月1日からの会員証。
 それまで「社団法人」だった日本文藝家協会が、「公益社団法人」となった。
 なんと今回から、ラミパウチではなく、プラスチックカードになった。しかも筆名と会員番号が直接印字されている。それまで手押しだったハンコも印刷だ。
 会員番号は七桁のものとなり、明らかに法則性がわかるナンバリングである(ので、詳細は書かない)。ひとりひとりユニークな番号を振るフォーマットにして、退会しても詰められることがない番号になったということだろう。
 プラスチックカード化にともなって、驚くべきことに有効期限が廃止された。
 そして裏面にも印刷がなされるように。



 本名と住所を自署する欄が設けられている。そして――

 ・この会員証は他人に貸与、譲渡することはできません。
 ・この会員証を紛失した時は協会へご連絡ください。
 ・当協会を退会された時は速やかに会員証を返却してください。
 ・この会員証を拾得された方は、下記までご連絡をお願いいたします。

 という記載。
 FAX番号の記載がなくなり、代わりに日本文藝家協会のウェブサイトURL、http://www.bungeika.or.jpが記されていることに時代の変化を感じる。

 ここから先、会員証の更新はない。プラスチックカードにして会員番号をパーマネントにすることで、経費および手間の削減をはかったのだろう。

 ひょっとしたら、2000年より後に入会された方の会員証は、わたしが持っているものとは違うかもしれない。
 二年ごとの更新がされなくなったのは淋しいところもあるが、かかる経費と手間を考えれば仕方のないことと理解している。

 ちなみに、この会員証を持っていても、どこかの公共施設がお安く使えるなどの利点はなにもない(笑)。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録