2017年09月11日

【日記】PIショー

 今日はギフトショーとPIショーの最終日で、東京ビッグサイトへ。晴れていて良かった。

「【日記】東京国際ブックフェア中止とな!?」で、今秋はギフトとPIが一緒の開催で良かった、と書いているが、手帳を見ると、今年二月も同時開催だったのである。ただ、体調が悪くて、そのときは行かなかった。それで記憶に残っていなかったのだ。

「ギフトショー」は多種多様な商材のB2B展示・仕入れのためのイベントだが、「PIショー」は「販促・広告・関連商材」のB2B展示・仕入れイベントとなっている。正式名称は「プレミアム・インセンティブショー」。
 だが、正直言って、ギフトとPIの明確な差別化はなされていないようにも感じる。ギフトが一軍なら、PIは二軍。そんな感じ?

 実際、過去、ギフトとPIが別々に開催されていた時期は、二つのイベントに同じ取引先が出展しているものだから、二回、挨拶回りに上京せねばならなかったのだ。
 ちなみにギフト、PIともビジネスガイド社が主催している。
 去年末からビッグサイトに七、八号ホールができたので、全館使用のギフトに隙間≠ェでき、それでPIと一緒にしたのか、それともイベントの規模が小さくなっているので同時開催にしたのか、来る方は楽になったが、そのうちPIはなくなってしまうのではないかと心配だ。
 今回でギフトショーは八十四回目、PIは五十六回目の開催である。両方とも、歴史の長い展示会であるので、これからも続いて欲しい。オリンピックでビッグサイトが遣えなくなる「2020問題」が心配である。

 PIは以前、池袋サンシャイン文化会館で開かれていたが、その頃はいつも、会場全体がタバコくさくて閉口した。もう、建物全体にヤニ臭さが染みついてしまっているのである。
 ただ、規模自体は、今回のようにビッグサイト西館三、四ホールだけの開催より大きかったように思う。これは、ギフトと重なる出展社がいるわけだから、重なった分、圧縮されるのは当然と言えば当然なのだが。

 今はギフトの方を一から八ホールまで急ぎ足で回り、取引先に挨拶などして、あとは西館を残すのみ。一息入れようと、PIの方のVIPルームでこれを書いている。細君も一緒に来ているが、わたしと違って丁寧に回るタチなので、中では別行動を取っている。



 毎回のギフトショー、PIショーで、その時々のトレンドがわかるのだが、ことしはいまいち、それが読めない感がある。水素水ビジネスは終わったようだ。ネコノミクスは下降線だがまだ余裕あり。ハンドスピナーは終わった。全体の景気はあまり変わらず、ベクトルは下向きか、という印象。

 ギフトもPIも中は撮影禁止となっているので、インスタ映えする商材があっても撮影できず、SNS依存症の方はやきもきしていることだろう。
 ただその昔(2005年)、「のまネコ」が問題になったとき、(確か)エイベックスのブースで「のまネコの着ぐるみと一緒に記念撮影を撮ろう」という企画があり、そのときは堂々と写真が撮れた。



 そのときすでに「のまネコ」は2ちゃんで炎上しており、わたしは「この企画は潰れるな」と思っていたので、めざとく一緒に記念写真を撮ってもらったのだった。
 今だったらきっと、ツイッターやインスタ、フェイスブックに、この「のまネコ」着ぐるみ記念写真が溢れていたことだろう。笑顔がちょっと淋しいですな。

 では疲れも少しとれたので、ギフトの西館残りを回ろう。
 行ってきまーす。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記