2017年09月15日

【日記】殺したいほど憎い

 かつてミステリを書いていた頃、一番困るのが「動機」であった。
「ミステリ」というからには殺人である。人を殺さないと話が始まらない。人の命を奪うということは、人間が創造しえない神からいただいた唯一無二の生命を消し去るということである。
 こんなことは、よほどの理由がないとできるわけがない。

 自分の地位のためとか、遺産争いとか、恋人にフラれたとか、なんというか、そんな理由で人の命を奪うなどというのは「ちっさ! 人間ちっさ! ありえない。おまえの思考能力は昆虫並か!?」と思ってしまうのである。

 そんなわたしが、唯一書けるのは「恨みを晴らすための殺人」であった。誰かに愛する者を殺された、そのくらいの理由でもなければ、その誰かを殺す理由が見つからない。
 しかしそうなると、ただでさえ量産されるミステリの中で、実にライタブルなエリアが狭まってしまうのである。

 正直、いろいろなトリックを考えるよりも、殺人の動機を考える方がしんどく、苦痛であった。ミステリが自分に向かないなぁ、と思うのも、そのあたりにある。

 世の中の人は、そんなに些細なことで、人を殺してやりたいとまで思うのであろうか?

 映画「ジョン・ウィック」では、病気で亡くなった妻が生前に贈ってくれた子犬を、ロシアン・マフィアのガキに殺され、その恨みで彼はロシアン・マフィアを殺しに殺しまくって壊滅させるのである。
 実は、この動機、理解できる。「たかが子犬一匹」と殺されたガキは言うが、この子犬は、ジョン・ウィックにとって、亡き妻が贈ってくれた、最後の希望だったのである。
 わたしでも同じことをされて、ジョン・ウィックのような殺人術を持っているのなら、やはり殺しまくるだろう。動機にブレはまったくない。

 今、公開中の「ジョン・ウィック・チャプター2」は、むしろ巻き込まれ型のストーリーで、これの動機も、まあ、理解できる。ジョン・ウィックにとっては、1から続く、仕方ない因縁のようなものだからだ。

「ジョン・ウィック」「ジョン・ウィック・チャプター2」とも、驚異的なタフさを持って人を殺しまくるジョン・ウィックが、むしろ痛々しく感じてしまうのは、あまたのヒーローものと違ってちゃんと彼が反撃を受けているというだけではなく、その動機に理解できるところがあるからに思う。

 なんにしろ、わたしが「殺したいほど憎い」と思うのは「愛するものを殺された」ときくらいなのである。
 裁判では、計画的殺人ほど罪が重く、粗暴犯は軽くなるものだが、わたしの感覚では、これは逆である。計画殺人の対象となるような被害者は、殺されてしかるべき理由があるのではないか? と考えてしまうからである(少し世界公正信念が入っていることは否めない)。粗暴犯は殺す理由が些細である。そういう連中はむしろ刑期を長くしてじっくり更生させなければいけない。
 もちろん言うまでもないが、計画的であろうが、粗暴犯であろうが、殺人はやってはいけないことだ。と、何度でも記しておく。

 わたしは最初の頃しか読んでいないが、「名探偵コナン」の世界では、ごく些細な動機で殺人が行われているという(細君はたぶん、既刊全巻読んでいるはず)。そんな世界、恐ろしくて住めたものではない。

 上記で少し触れた「世界公正信念」については、そのうちまた、別の記事で触れたい。

 人生半分を過ぎて、今のところ「殺したいほど憎い」と思った相手はいない。これは、幸せなことなのかもしれない。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記