2017年09月24日

【回想録】銃撃事件

 わたしもダンスィであるので、小学生から中学時代は年頃の同級生がみなそうであったように、銃器や武器が大好きだった。
 小学校高学年のとき、お年玉をはたいて、ルパン三世愛用の「ワルサーP38」のモデルガンを買ったこともあった。お値段は、5,000円くらいではなかったかな。当時のモデルガンは、すでに銃身が埋められていて、ただのオモチャであったが(当たり前だ)、そのずっしりとした重さと油の匂いは小学生心を実にくすぐったのであった。
 そして、引き金が小学生には重い! こんなに重い引き金で自由に撃てるものなのかな? と小坊のわたしは思ったものだった。

 あれから年齢を重ねて、今のわたしは、そういうチャンスがあっても銃器には恐くて触れられないだろう。指先に力を込めるだけで、人の命を奪えるアイテムを、小学生のときのような気持ちで手にすることは、とてもできそうにない。

 という前フリで、わたしと細君が何度か行ったことがあるファミレスで銃撃事件が起こったことがあったのであった。2005年4月25日のことである。


(これがそのファミレス)

 暴力団組員同士、三人対二人の話し合いがこじれ、三人の側が二人の方を銃で撃ったのである。時間は21時頃。店内には20名以上のお客と従業員がいたという。わたしたち夫婦も、なにか気まぐれがあったら、その場にいてもおかしくなかった。
 撃たれた相手の暴力団員二人は即死。8発撃たれた弾丸は周囲のテーブルにも着弾し、店内はパニック状態になったという。

 犯人の三人は即逃亡。二人は逮捕され、一人は自殺した。裁判によって、二人には死刑宣告がなされ、2013年4月26日、二人の死刑が執行された。

 そのファミレスは、やはりゲンが悪いとか、いろいろあったのだろう。2007年に閉店した。そのときの写真が残っている。


(クリックで拡大できます)

 この写真、2ちゃんで事件が話題になったとき、適当なアップローダにうpしてスレに貼ったのだが、NAVERまとめに勝手に転載されているのを今知って、草生やしているところだw
 まあ2ちゃんに貼ったものだから、パブリックドメイン扱いで良いのだけれど。わたしが撮影したものがオリジナルである証拠に、生画像をリンクしておく。Exifを見れば分かるとおり、N901iSで撮ったものだ。

 建物は取り壊され、しばらくは地鎮のためか空き地となっていた。


(2008年の同所)


(2009年の同所。工事が始まっている)

 そして2010年にはコンビニが建てられた。



 この横を通るたびに、ファミレス時代に食事をしたことを思い出し、あんな日常の世界で銃撃などという恐ろしいことが起こったのだなぁ、と身を震わせている。
 もし、自分がその場にいたらどうしただろうか、細君を守れただろうか。いろいろと考えてしまう。

 バンバン銃を撃ちまくるハリウッド娯楽映画は大好きだが、あれはやはり映画の中だからこそ。現実では勘弁願いたい。一般市民が銃を持てない国日本に生まれ、本当に良かったと思っている。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録