2017年10月22日

【回想録】風邪の思い出

 風邪をひいてしまった。
 とは言え、昨日朝あった喉の痛みはだいぶ治まり、今は耳の奥がかゆい感じ。快方に向かっている感じがする。

 というわけで、おとなしく横になって寝ていればいいのに、風邪のときだからこそ書ける、風邪の思い出話。

 わたしは体の弱い子だったので、しょっちゅう風邪をひいていた気がするが、あまり学校は休まなかった。昭和の時代はインフルエンザと風邪の区別もいい加減で「防疫のため、他の子に感染さないよう休む」、という考えがなかったのだ。なので誰でも、ちょっと体調が悪いくらいだったら登校するのが普通であった。

 無理をしてバス+電車登校し、学校につくなりゲーッと吐き、保健室で寝て、そのまま帰ってくるという、「なんのために学校いったの!?」という思い出も懐かしい。
 その日の風邪はけっこうつらく、家に戻ってホットミルクを飲んで、すぐ吐いてしまったほどだった。よく登校したものだ。別に親が無理を言ったわけではなく、わたしの中で「多少の風邪なら登校」という昭和の遺伝子は確実にあった。

 小学生の頃は、近くの総合病院へ行くと、ピンク色をした液体の総合感冒治療薬を渡されたものだった。味音痴のわたしだが、あれは本当にまずかった。子ども用にシロップが入っていたはずだが、甘いという思い出はない。

 学校を休んだ日は、いつもは見られない教育テレビを視聴できるのが楽しかった――と、書いて、この記憶はおかしい。わたしの部屋にはテレビがなく、ベッドから見られるはずがないからだ。なのに、確かにベッドから教育テレビを見ていた記憶がある。どうもなにか大きな力によって、記憶改変が行われているようである。

 高校生くらいになると、さすがに自分で容態の境界線がわかるようになる。無茶な登校はしなくなり、風邪をひいたな、というときは無理をせず病院へ行って休む。
 家に戻ってベッドに入り、少し容態がよくなると、決まって読む本があった。小松左京先生の「復活の日」である。これは風邪(インフルエンザ)を装ったウィルス兵器の漏出により、世界が滅ぶという物語である。風邪の日に読むには最適な物語ではないか。



 成人してからも、妙に冬場に風邪をひく妙な習慣がついてしまい、三年くらい連続で、大晦日に寝込んでいたような記憶がある。そのたびにいつも「復活の日」を読んでいた。

「ポケットの中の戦争」の構成原稿を書いている途中でも、ひどい夏風邪をひいていたことを思い出した。
 あのときはビールで解熱剤を流し込んで体をだましながら脱稿。NTTまでクルマを飛ばしてサンライズにファクスしたのだった(当時はまだファクスが珍しい時代)。家に帰ってバタンQ。ただ、重荷が外れたせいか、すぐに快方に向かったと記憶している。

 結婚した年の末にも風邪をひいて、高熱を出して寝込んだ。病院にかかると、生まれて初めて、熱冷ましの「座薬」というものを出された。

 わたし「そんなものは入れない。お尻は出すところで入れるところではありません!」
 細君「いいから、大丈夫だから」
 わたし「やだ」
 細君「安心して、約束するから」
 わたし「いーやーだぁあああ」

 まるで処女を奪おうとするヤリチンのような言いぐさである。ある意味実際そうなわけだが。
 そして細君はわたしのお尻に座薬を入れると――。

「じゃ、わたし仕事してくるから。寝てなさいね」

 新婚一年目だというのに、旦那様が高熱を出して座薬を入れられ唸っているというのに、新居を後にして事務所の方へサッサと行ってしまったのであった。
 わたしは初めての座薬体験に身悶えしながら、ひたすら、高熱が下がるのを待つしかなかった。
 このときの恨み言は、24年経った今でも、たまに細君に漏らしている。が、とりあってはくれない(悲)。

 振り返ると、その頃から、風邪で寝込んでも「復活の日」は読まなくなっていたように思う。逆に、寝込んでいるのにあの長編を一冊読めたのは、若かったからなのだなぁ。

 このブログを毎日書き始めてから今まで、持病による体調不良は何度かあれど、風邪をひいたのは、今回が初めてなような気がする。
 ストック記事はあるのだから、こんなもの書いてないで早く横になりなさいよ、と、自分の中のまともな意識は言っているのだが、逆に風邪で熱を出しているからこそ書けるなにかの領域があるのではないかという悪魔のささやきもある(なんだそれ)。

 がーん、熱、上がっているではないか。37.8度。
 もうこの記事は推敲せずにアップしてしまおう、たまには、こんな熱に浮かされた記事もいいでしょう。って、リアル熱をあげてどうすんだよ俺。

 寝ます。寝よう。寝なければ。
 おやすみなさい。バタンQ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録

2017年10月21日

【日記】エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ

 サムゥイ!

 気象庁によると、2017/10/19の朝は東京都心で9.9度。10度を下回るのは1986/10/20の8.0度を観測して以来とのこと。
 しかもその後も気温は上がらず、正午の気温も11.1度。10月中旬の東京でこれほど低い気温になったのは、記録史上初めてだそうである。関東周辺でも標高の高いところには雪まで降ったとのこと。

 こんな寒い日には――おウチでぬくぬく、アイスクリームに限りますな。

 というわけで、今週月曜(16日)より販売再開された、明治「エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ」を購入してきた。
 同商品は2016年12月に発売され大好評だったが、供給が需要に追いつかず、一時販売休止になったといういわくつきの一品。わたしも前回は食べられなかった。



 この「エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ」、かなり凝ったつくりになっていて、上から「苺の果肉入りソース」「ホイップクリーム風アイス」「クッキー」「カスタード風味アイス」の四層構造になっているという。
 ので、これは縦に食べていくのが正解とみた。上から均すように食べるとせっかくの四層構造が楽しめない。


(蓋をあけると、エッセルおなじみの内蓋シーリング)


(じゃじゃーん。イチゴ果肉入りソースが美味しそう)

 さっそく、スプーンで縦にすくってみる。



 おぉ、これが噂の「四層構造」。
 といっても、三層目のクッキーは、正直言ってよく見えない。
 食べてみると、ウマァイ! これはいい。イチゴソースの甘酸っぱさも、カスタード風味アイスのケーキ地っぽい味もいい。クッキーも確かに入っている。

 細君の評だと「甘みと酸味のバランスがちょうどよくって美味しい! クッキーがもうちょっとハッキリしてもいいかな。さりげなさ過ぎるかも」とのこと。


(やはりクッキー層はよく見えませんが……)

 この「エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ」。今回は製造ラインを増強してレギュラー入りしたとのこと。これは嬉しい
 難点を言うと、お値段がちょっとお高めかなぁ。そのせいか、近所のスーパーには入荷していなかった(エッセルのバニラ、抹茶、チョコは100円台で置いてある)。おそらくこれから先も安値にはならないだろう。
 このお値段(238円税込)だと、普通にコンビニでイチゴショートケーキが買えてしまいそうだ。
 まあ、イチゴショートケーキを食べたいときの選択肢が増えたということで。

 それにしても前回(2016/12)といい、なぜ寒い季節になってから出すのでしょう、明治さん。やはりクリスマス需要を見越してなんですかね。

 参考:【日記】一平ちゃん夜店の焼そばショートケーキ味
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年10月20日

【日記】詐欺メール注意報発令中

 このところ、「楽天カード」「Apple ID」「オリックス・クレジット」を装った詐欺メールが続々と届いている。弊社スタッフのco.jpメアドにそれぞれ送られてくるので、展示会などで名刺交換したどこかからメアドが流出しているようだ。
 諸々の雰囲気から、同じ詐欺グループによるものと思われる。
 文面はこのような感じだ。

 まずは「楽天カード」。

From: 楽天カード株式会社 <xxx@xxx.rakuten-card.co.jp>
Subject: 【楽天カード】ご請求予定金額のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ご請求予定金額のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつも楽天カードをご利用いただきありがとうございます。
2017年10月分のご請求予定金額をご案内いたします。
カードご利用代金のお支払いは、毎月20日(金融機関が休業日の場合、翌営業日)にご指定いただいております金融機関の口座より自動振替いたします。
19日までに引落口座へのご準備をお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ ご請求予定金額
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ご利用カード】  楽天カード
【お支払い日】   2017/10/20
【お支払い方法】  口座振替
【ご請求口座】   大阪信用金庫
【ご請求予定金額】 24,840円 (仮確定)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当月のお支払い金額を今から18日まで調整OK!
詳細』を今すぐチェック! ⇒ 詳しくはこちら

(中略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元  楽天カード株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 あまりに長いので途中をはしょらせていただいたが、なかなか楽天っぽいクドい文面で、詐欺メールとしては「いいセンいってる」である(なにを誉めているんだか)。実際は一行ごとに空行があり、段落ごとの線がもっと長いのだが、ウザイので上記引用では編集してある。
 htmlメールで、文中にリンクが埋め込まれている。ユニークな文字列っぽいので、アクセス先は直接確認していない(こちらのメールアドレスが生きていることを教えてしまう可能性があるため)。
 ちょっとヒネった方法で匿名アクセスしてみると、Javaスクリプトを使ったウィルスをダウンロードさせようとしてくる。くだらない。

 なお、「楽天」を騙る詐欺メールはもう一種類、「口座振替日のご案内【楽天カード株式会社】(楽天カード)」というSubjectでも送りつけられている。中身は同じようなものなので割愛。

 一方、「Apple ID」の文面はこう。

From: "xxx@xxx.apple.com" <xxx@xxx.apple.com>
Subject: あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。

安全のため、このApple IDはすでにロックされました。
あなたのApple IDはwindows PCのiCloudにログインしたりダウンロードしたりする操作があったとAppleゲームのセキュリティチームは発見しました。
日付と時間:2017/10/13
iCloudバージョン:6.2.2.35
IP:220.31.227.xxx(岐阜)
あなたのアカウントの安全性を守るために、セキュリティ質問を再設定して頂くことが必要です。再設定された後、たとえあなたのApple IDとパスワード及び元のセキュリティ情報を知っているとしても、それを使用することができません。
この問題を解決するにはこちら
このリンクとあなたのApple IDのセキュリティ質問とは、2017年10月16日から失効になります。詳細情報について、「よくある質問」をご利用いただけます。
以上
Apple IDサポートセンター


 こちらもhtmlメールでリンクが埋め込まれているが、ユニーク文字列がないのでアクセスしてみると、ページリダイレクトの後――


(クリックで拡大できます)

 Apple IDとパスワードの入力をうながす、ニセのApple Storeのページが表示される。
 適当に存在しないメアドとパスワードを入力すると――


(クリックで拡大できます)

 きたきた。クレカの番号他情報をクレクレである。クレカ番号としてありえない(チェックディジットなどが違う)ナンバーを入れてみると通らない。なかなかやりおる。
 が、ふつうの方は、このページが出たらクローズするのが吉。
 いやしかし、凝ってるなぁ。これも詐欺メールとして「合格」(ってぉぃ)。

 最後に「オリックス・クレジット」を装った詐欺メール。

From: オリックス・クレジット <xxx@xxx.orix.co.jp>
Subject: 【取組同意完了のご確認】オリックス・クレジット

お取組内容をご確認いただき誠にありがとうございます。
ご入力いただいた内容をもとにお手続きを進めさせていただきますので、ご契約成立までもう暫くお待ち下さい。
ご利用開始のご案内、ならびにお振込を希望されたお客様への振込手続きが完了した旨は、別途メールにてご案内いたします。
お客様番号 xxxxxxx ⇒ 詳しくはこちら
なお、携帯電話からは本サイトをご覧いただけませんので、パソコン又はスマートフォンからお手続き願います。(※スマートフォンの一部ではご利用いただけません。)
オリックス・クレジット株式会社
■パーソナルセンター
■0120-20-xxxx
平日(月−金)9:00-19:00


 これもhtmlメールで文中リンクがあるが、ユニーク文字列らしいものがあったので、直接、アクセスはしなかった。ある方法を使って匿名でアクセスしてみると、「楽天カード」詐称と同じく、Javaスクリプトのウィルスを仕込もうとしてくる。
「楽天カード」「Apple ID」の凝りようにくらべると、「オリックス・クレジット」のそれはいまいち完成度が低いように思われる。もう少しがんばりましょう。

 冗談めかして三つの詐欺メールを評価してみたが、みなさまにおかれましては、このようなくだらない詐欺メールに引っかかったりしないよう、ぜひともご注意および、周囲への注意喚起のほどを。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2017年10月19日

【回想録】階段落ち

「幽霊の正体みたり枯れ尾花」

 いやそれは、怪談のオチだ。そうではなくて、映画「蒲田行進曲」などで有名な、「階段落ち」の方。


(星野泰視「デラシネマ」3巻より引用)

 わたしは自宅の階段から、二回、落ちたことがある。
 我が家の階段は、初めての来訪者は皆、怖がる。角度は急ではないのだが、玄関の部分が二階へ吹き抜けとなっており、階段の片方が壁ではないデザインなのだ。
 慣れてしまえば、別段恐くはないのだが、階段の片方に壁はもちろん手すりもない、というつくりは、初見だと「恐い」と感じるらしい。

 その階段から二回落ちているのだから、デザイン上問題があるんじゃないの? という方もいらっしゃるかもしれない。今、否定の語をつなげて書こうとして、ハタ、と筆が止まった――確かにそれはあるかもしれない。うーん。まいったな。
 しかし(と反語でつなげる)、今さらこのデザインに手すりをつけるのも格好悪いし、仕方がない。
 落ちると言っても、吹き抜け部分を落ちたわけではなく、二回とも階段を「転げ落ちた」感じであるから、横に手すりがあろうがなかろうが、結果自体は変わらなかったと思われる。

 一回目はかなり前。まだ学生時代だったかも。これは単純に、足を滑らせた。お尻を階段に叩きつけて、そのままデンデンデンッと下まで落ちた。尾てい骨をしたたかに打ち、しばらく痛みで動けなかったが、どうやら骨は無事で済んだ。このときは、半日くらいで復活していたと思う。お尻に痣ができていたかどうかは見ていないのでわからない。

 二回目は病気をやってから、上の方でふわりとめまいがして、ぐるんと天井が回ってから、そのまま足からきりもみ状態で落ちた。これは病気が原因だから仕方ないところもあるが、気をつけなかった自分ももちろん悪いのである。
 からだの色々なところに擦り傷や打撲傷を負ったが、一番やられたのは肋骨であった。といっても、ヒビが入ったくらいで済んだのは不幸中の幸いである。
 病院へ自分の足で行って、しばらくコルセット生活を送る羽目になったが、以降、気をつけているので、たとえめまい状態でも、階段落ちはしなくなった。

 二回とも、こう言ってはなんだが、「打ち所が良かった」のである。頭を打っていれば、この程度の笑い話では済まなかった。マンガ家の多田かおる先生は、引っ越しの際にテーブルに頭を打ち、それが原因で帰らぬ人になられたという。


(多田かおる「イタズラなkiss」23巻より引用。多田先生の安らかなお眠りをお祈りいたします)

 階段落ちも、あまり笑い話で済ませていいものではない。最近は夜目がきかなくなったので、夜、階段を行き来するときは、階段の電気に加えてペンライトで足下を照らして上り下りするようにしている。気をつけるにこしたことはない。

 細君は、我が家の階段で落ちたことはなかった(と思う)。あったとしても下層の方で、ちょっとしたすり傷で済んでいたはず。
 ただ彼女は、教会の階段の踊り場で転んで、左肩を脱臼したことがある。このときはかなり大騒ぎ。すぐに痛み止めを飲んで病院へ。レントゲンを取ると、脱臼自体はすでにもとの位置に納まっていてホッとしたが、だからと言ってすぐに筋の痛みが取れるわけではなく、しばらくは三角巾で腕を吊った生活であった。

 平成25年のデータによると、階段から転落・転倒事故で亡くなった方は680人いるそうである。この数字を多いと思うか少ないと思うかは人それぞれかもしれない。実は平坦なところで転んで亡くなった方は階段落ち≠フほぼ七倍、5,301人もいらっしゃるという現実もあるのである。
 そんなのお年寄りでしょ、関係ないよ、と思われるかもしれないが、死亡事故まではともかく、転落・転倒自体は20代の方が多い、という統計もあったりする。

 皆様も階段には重々、お気をつけを。なにかあっても、枯れ尾花で済みますように。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録

2017年10月18日

【日記】ポメラDM100 & DM200用キャリングバッグ

 購入時のレビューでは「基本、持ち歩く気はない」と書いていたのだが、その後、わりと気に入り、キングジムのポメラDM200を外出時のおともにすることが珍しくなくなった。

 以前にも「【日記】愛用カバン」で書いたが、わたしはポメラDM100、DM200を持って出るときは、どちらもキングジムの純正ケースに納め、Kanana 3Wayバッグのノートパソコン収納エリアに入れている。
 ひとつ工夫をしているのは、剛性を高めるために、そこへ「アクリサンデー」という板を加工して三枚入れてサンドイッチ構造にし、折り曲げ耐性を高めているところ。わりと中身が小物でギチギチだし、リュックとして背負ったりもするので、横長のDM100、DM200が曲がってしまうと嫌だな、という気持ちからである。


(前も貼りましたが、こんな感じ。黄、緑、赤の板がアクリサンデー。ガラスより剛性が高いという)

 ただ、ここまでくるとちょっとモノモノしくなってしまい、近所のファミレスや病院、図書館など、カジュアルな外出にもこのフル装備のカバンを持ち出すのが億劫になってしまってきていた。

 そこで、ポメラDM100、DM200にあうキャリングバッグはないかなぁ、とつらつらと検索していて、見つけたのがこれ。


(クリックで拡大できます)

 PFUが出している、HHKことHappy Hacking Keyboard用の純正「ハードケース DX PD-KB01SD」である。
 検索してみると、これをポメラDM100用のキャリングバッグとして「オススメ」とおっしゃっている方がいたので、これは良さそうだ、と思いつつ、しばらく勘案事項として頭の隅に置いていた。

 気にかかる点は、「オススメ」とおっしゃってくださる方のブログを拝見すると、DM100を「裸のままで」入れている方、DM100を「百均の500mlペットボトルバッグに納めて」入れている方はお見受けするが、「キングジム純正のケースに納めて」入れている方のレポートがないこと。また、ポメラDM200でテストしている方も見当たらない。
 わたしはポメラDM100、DM200とも純正のケースを使っているので、これがすんなり「ハードケース DX PD-KB01SD」に納まってくれないと悲しい。

 というわけで、これは珍しくヒトバシラーになってみるか、と、アマゾンポイントもあったので「ハードケース DX PD-KB01SD」を購入したのであった。
 わくわくしながら中一日。届いた「ハードケース DX PD-KB01SD」を開けて、早速、ポメラDM100 with 専用ケースを収納してみた。


(クリックで拡大できます)

 ピッタリ! である。DM100右上のケンジントンロック部の出っ張りもすんなり収容できる。「ハードケース DX PD-KB01SD」はマチが広いので、収容物容量の誤差範囲が広いようだ。

 続いて、ポメラDM200 with 専用ケースを入れてみる。


(クリックで拡大できます)

 これもピッタリ! 嬉しい。DM200の純正ケースは「ハードケース」だが、四隅も引っかかることなく、まるであつらえたかのように入ってくれる。

 DM100、DM200とも、専用ケースごとスッポリ収納した上で、チャックを閉めて持ち運んでみても、中で揺れ動いている感じはない。むしろ「ハードケース DX PD-KB01SD」本体に加えてポメラ専用ケースの弾性があるので、多少の衝撃にも耐えられそうだ(むろん、保証はしない。自己責任で)。

 さて、試しに、DM100、DM200とも、この「ハードケース DX PD-KB01SD」に裸で入れてみた。


(クリックで拡大できます。DM100の場合。)


(クリックで拡大できます。DM200の場合)

 うーん、これはどちらも、ポメラの四方に指一本くらいの隙間ができてしまう。このまま持ち運ぶと、中で筐体が揺れ動くのではないだろうか。裸で収納する場合は、もしもの衝撃にそなえて、他にクッション材を入れるなど工夫した方が良いかもしれない。

「ハードケース DX PD-KB01SD」自体のレビューは他ブログでたくさん書かれているので、本稿では軽く触れるだけにする。
 名称は「ハードケース」だが、実際にはソフトバッグである。最初はメンブレンの化学臭が強いかも。わたしはメンブレンのニオイが嫌いではないので全然構わないが、ダメな人はダメかもしれない。
 メイン収納部のチャックに南京錠が掛けられたら、さらに良かったなぁ、と思う。現状、チャックの取っ手に小さな布がついているが、これはループになっていないので、錠をかけることはできない。
 サブ収納部もマチが広く、DM100なら予備電池、DM200ならモバイルバッテリーを十分に入れられる。
 まあこうやって欲張っていくと「カジュアルにポメラDM100、DM200をお外に持ち出す」という本来の目的から離れていくので、これぐらいの収容力でよい。

 ところで、Happy Hacking Keyboardは、二十世紀にはみなが「HHK」と略していたように思う。「PC Watch」の2008年の記事でも、まだ「HHK」と略されている。わたし自身も「HHKB」は違和感を覚えてアレなので、この記事でも「HHK」と書いている。
 今はPFU公式でも「HHKB」と略しロゴもあったりするので、それが正しいということになったのだろうが、かなり昔からのHappy Hacking Keybordの愛用者は、今でも「HHK」と略しているような気がする。いかがだろう>旧いコンピュータ屋の皆様。
 そんなこんなで、「ハードケース DX PD-KB01SD」のブログ記事を拝読していて「HHK」の略称が出てくると、「おっ、この人はほんとに昔からの愛用者だな」とニヤリとしていたりするのである。

 ちなみにわたしもHHKの愛用者だが、こちらは本当に持ち歩かないので、この「ハードケース DX PD-KB01SD」がそちらで活躍する機会はなさそうだ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記