2017年10月07日

【回想録】近眼の女の子(※裸眼に限る)

 昭和の頃、特定の彼女がいなかったわたしは(はっきりモテないダンスィ≠ニ書かないのは見栄である)、畏友H君と出かけては、映画ばかり観ていた。
 あまりわたしとばかりでかけるものだから、H君のお母さまがご心配なさって「今日も恭介君とデート?」とお訊ねになられたそうだ。

 お母さまがご心配なさるようなことはない健全なおつきあいを重ねていたわたしとH君であったが、もしわたしが女子であったら、きっとH君の未来もまたちょっと違っていたかもしれず(笑)。H君は頭も良く優しく頼りになり、わたしが女子だったら、惚れない理由がなかったからだ。
 そんなH君もわたしも、今の時代から見たらけっこう早い歳で別の相手を見つけて(ぉぃ)結婚したのだから、世の中うまくできている。

 そんな(モテない)二人が映画を観て、その後サテン(喫茶店のこと)で感想など述べあっていると、たいてい最後は「好みの女の子」の話になるのであった。

 H君の好みのタイプがどんな子であったのか、今となってはよく覚えていない。数年後、彼のフィアンセを紹介されたとき「おぅ、H君にピッタリだ」と思った覚えがあるので、きっと彼のタイプは今の奥さまどおりだったのだろう。
 ただひとつ、今でもよく覚えている彼の「タイプ」の女の子がある。それが「近眼の女の子(※裸眼に限る)」であった。

「近眼の女の子っていいよなー」
「え、近眼?」
 ちなみに、わたしも近眼であったが、ドキッ♥とした、などということはない(笑)。
「近眼でさ、だけど無理してメガネ掛けてないの。そんな子って、すごくいいじゃない」
「メガネかけちゃダメなんだ」
「うん。ダメ。コンタクトもダメ」


(西川魯介「屈折リーベ」より引用)

 当時メガネっ娘属性≠ネどの俗語はなかった。なにしろ昭和である。

「なんで?」とわたしはメガネを取り(その日はコンタクト未装用)、目をすがめて見せ「こーんな目つきの悪い子がいいんだ?」
「いやそれは……。そうじゃなくてさ。OK。しばらくそのままでいてくれればわかる。ところでさっき観た炎の少女チャーリー≠セけど、邦題つけた奴ひどいよな?」
「原題はファイヤスターター≠セっけ。ほらパンフ」と、裸眼であることを忘れて、彼の前にパンフを置き、一緒に読む。「最近のスティーブン・キング原作の映画って邦題恵まれてないよね」
「クジョーとか?」
「苦情もんだな、って、あれは原題通りだって」
 メガネを外したままのわたしは、よくH君もパンフも見えないので、身を乗り出して話す形になる。
「……恭介、それだよ」
「なに?」
「近いんだよ」H君は苦笑し「距離感が!」

 あっ、そうか! とわたしもわかった。近眼の人間が裸眼でいると、自然、相手をよく見ようとするので、いつもより相手のパーソナルスペースに侵入することになる。

 そして――
「H君……」
「恭介……」

 いや、ならないならない! BL展開にはならないから!!(断言)

 しかし彼のその嗜好、なるほどわかるー! と思ったのであった。こちらのパーソナルスペースに、無意識かつ無邪気に侵入してくる異性には、誰だってドキッとする。
 今で言う「壁ドン」の逆パターンである。女子の方からの精神的「壁ドン」なのである。コレ。

 というわけで、まだ彼氏のいない妙齢女子で、近眼の方は、しばらく学校やオフィスで(必要時以外は)メガネを外して生活してみたらいかがだろうか。
 知らぬ間にモテモテになっているかもしれませんよ。

 ところで、実際にH君の心を籠絡した奥さまが近眼かどうかは、聞き忘れてしまった。
 わたしの方はと言えば、細君はとても目がいい。健康診断で「今年は2.0が出なかった。1.5だった悔しいー」とスネるくらいである。一番上のランドルト環すら見えないわたしにすれば、そんなものは誤差範囲だ。

 そんな細君にイタズラで、わたしの「ほむらメガネ(赤い上ナイロールフレーム)」をかけさせてみたら、これがかなり可愛らしい。惚れ直した。
 ふっふふ。あと数年もすれば、細君も近用メガネをかけなければいけなくなるハズ。今からその日をちょっと楽しみにしているのである。

 追記:細君から壁ドンされて「今の健康診断のキカイだと、最高が1.5だからそれ以上測れないの! 本当は2.0あると思うから。訂正しといて!」と、抗議を受けた。ドキッ♥
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録