2017年10月12日

【回想録】半角カナ

 その昔、半角カナはネットで嫌われていた。これはパソコン通信時代からそうではなかっただろうか。
 パソコン通信で嫌われていた理由は、今となってはわからない。技術的には問題なかったはずである(後期になって、インターネットへメールを流せるようになった頃からは違うが)。やはり見栄えが悪いのと、文字化けっぽい感じが嫌がられたのだろう。

 インターネット時代になると、確実に半角カナは敵対視されていく。これはインターネットメールのsmtpプロトコルが7bitを通す仕様で作られていたからである。半角カナは8bitを使うため、メールを通すと文字化けしたり、過激な人は「ルーティング途中の機器を壊す可能性すらある」とまで言っていた。
 がしかし、半角カナでメールサーバ、中継ルータが壊れたというような話は、寡聞にして聞いたことがない。smtpは8ビット目をゼロにするだけなので、実際、機器破壊が(ソフトウェア的にも)起きたとしたら、それは機器側ファームの実装の問題ではないかなぁ、と思ったものであった。

 そんなこんなで、インターネットメールで半角カナを使うのは御法度、というのは、まぁ、黎明期のインターネットユーザーには常識であった。

 ところが、それが嵩じて、ウェブの方でもShift JISの半角はダメだ、と言い張る連中が出てきた。
 いや、ウェブの方はいいのである、半角カナ。まったく問題はない
 まったく問題はないのに、掲示板などで半角カナを使うと、当時は鬼の首でも取ったかのように「半角カナを使うな」と叫ぶ御仁がよくいらっしゃった。
 そんな彼らに「いやいや、そんなことを言ったら、httpで画像なんか貼れないじゃないですか」と言っても無駄なのであった。



 画像が表示されるということは、httpはsmtpと違って、8bitすべてのデータが送受信できるということである。どんなにボンクラな技術屋でも、上の一言でハッとする。そういやそうだよな、と。
 もともと「ウェブで半角カナを使うな!」と叫んでいたのは、技術畑の人間ではなかったのだろう。

 その昔、まだわたしが高校生のころ、コンピュータ雑誌に載っていた記事で、相手が技術畑の人間かそうでないかを見分ける方法、というものがあった。うろ覚えだが、たとえば「シミュレータ」を「シュミレータ」と誤記したり、富士通の大型コンピュータ「FACOM」を「ファコム」と呼んでしまったり(ある事情から「フェイコム」と呼ぶ)するような人は技術屋ではない、というもの。

 インターネット黎明期では、それに「ウェブで半角を使うな」という項目を付け加えてもいいだろう、と思ったものだ。

 そんなわたしだが、それでもウェブで半角カナを使ったことはなかった。これはGUI時代であるから、ウェブから文章をコピペしてメールに貼る可能性が万にひとつもないではない、という考えからである。

 その後、2ちゃんねるなどでAAが流行し隆盛を誇るようになり、「ウェブで半角カナはダメ」という間違いも、いつの間にか消えてなくなることとなった。

 半角カナは鬼っ子である。正直、エクセルの小さいカラムに書き込むときくらいにしか重宝しない。こうやって文章を書いていて、変換リストに半角カタカナが羅列されるとゲンナリする。
 このブログでも、今まで一切、半角カナは使っていなかったはずである(AAは画像にして貼っているから)。
 正直、レガシーな存在だと思っている。あの頃、「ウェブでも半角カナを使うな」という誤ったムーブメントがもっと大きくなっていたら、日本人のコンピュータ環境から半角カナは消えていたかもしれない。それはそれで、幸せな未来のひとつだったかもしれないのだ。

追記:上記「一切、半角カナは使っていなかった」は大嘘。わりと一行AAで使っていることに気づいた。( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー。ね、こうやってまぎれこんできちゃうんですよ。半角カナ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録