2017年10月18日

【日記】ポメラDM100 & DM200用キャリングバッグ

 購入時のレビューでは「基本、持ち歩く気はない」と書いていたのだが、その後、わりと気に入り、キングジムのポメラDM200を外出時のおともにすることが珍しくなくなった。

 以前にも「【日記】愛用カバン」で書いたが、わたしはポメラDM100、DM200を持って出るときは、どちらもキングジムの純正ケースに納め、Kanana 3Wayバッグのノートパソコン収納エリアに入れている。
 ひとつ工夫をしているのは、剛性を高めるために、そこへ「アクリサンデー」という板を加工して三枚入れてサンドイッチ構造にし、折り曲げ耐性を高めているところ。わりと中身が小物でギチギチだし、リュックとして背負ったりもするので、横長のDM100、DM200が曲がってしまうと嫌だな、という気持ちからである。


(前も貼りましたが、こんな感じ。黄、緑、赤の板がアクリサンデー。ガラスより剛性が高いという)

 ただ、ここまでくるとちょっとモノモノしくなってしまい、近所のファミレスや病院、図書館など、カジュアルな外出にもこのフル装備のカバンを持ち出すのが億劫になってしまってきていた。

 そこで、ポメラDM100、DM200にあうキャリングバッグはないかなぁ、とつらつらと検索していて、見つけたのがこれ。


(クリックで拡大できます)

 PFUが出している、HHKことHappy Hacking Keyboard用の純正「ハードケース DX PD-KB01SD」である。
 検索してみると、これをポメラDM100用のキャリングバッグとして「オススメ」とおっしゃっている方がいたので、これは良さそうだ、と思いつつ、しばらく勘案事項として頭の隅に置いていた。

 気にかかる点は、「オススメ」とおっしゃってくださる方のブログを拝見すると、DM100を「裸のままで」入れている方、DM100を「百均の500mlペットボトルバッグに納めて」入れている方はお見受けするが、「キングジム純正のケースに納めて」入れている方のレポートがないこと。また、ポメラDM200でテストしている方も見当たらない。
 わたしはポメラDM100、DM200とも純正のケースを使っているので、これがすんなり「ハードケース DX PD-KB01SD」に納まってくれないと悲しい。

 というわけで、これは珍しくヒトバシラーになってみるか、と、アマゾンポイントもあったので「ハードケース DX PD-KB01SD」を購入したのであった。
 わくわくしながら中一日。届いた「ハードケース DX PD-KB01SD」を開けて、早速、ポメラDM100 with 専用ケースを収納してみた。


(クリックで拡大できます)

 ピッタリ! である。DM100右上のケンジントンロック部の出っ張りもすんなり収容できる。「ハードケース DX PD-KB01SD」はマチが広いので、収容物容量の誤差範囲が広いようだ。

 続いて、ポメラDM200 with 専用ケースを入れてみる。


(クリックで拡大できます)

 これもピッタリ! 嬉しい。DM200の純正ケースは「ハードケース」だが、四隅も引っかかることなく、まるであつらえたかのように入ってくれる。

 DM100、DM200とも、専用ケースごとスッポリ収納した上で、チャックを閉めて持ち運んでみても、中で揺れ動いている感じはない。むしろ「ハードケース DX PD-KB01SD」本体に加えてポメラ専用ケースの弾性があるので、多少の衝撃にも耐えられそうだ(むろん、保証はしない。自己責任で)。

 さて、試しに、DM100、DM200とも、この「ハードケース DX PD-KB01SD」に裸で入れてみた。


(クリックで拡大できます。DM100の場合。)


(クリックで拡大できます。DM200の場合)

 うーん、これはどちらも、ポメラの四方に指一本くらいの隙間ができてしまう。このまま持ち運ぶと、中で筐体が揺れ動くのではないだろうか。裸で収納する場合は、もしもの衝撃にそなえて、他にクッション材を入れるなど工夫した方が良いかもしれない。

「ハードケース DX PD-KB01SD」自体のレビューは他ブログでたくさん書かれているので、本稿では軽く触れるだけにする。
 名称は「ハードケース」だが、実際にはソフトバッグである。最初はメンブレンの化学臭が強いかも。わたしはメンブレンのニオイが嫌いではないので全然構わないが、ダメな人はダメかもしれない。
 メイン収納部のチャックに南京錠が掛けられたら、さらに良かったなぁ、と思う。現状、チャックの取っ手に小さな布がついているが、これはループになっていないので、錠をかけることはできない。
 サブ収納部もマチが広く、DM100なら予備電池、DM200ならモバイルバッテリーを十分に入れられる。
 まあこうやって欲張っていくと「カジュアルにポメラDM100、DM200をお外に持ち出す」という本来の目的から離れていくので、これぐらいの収容力でよい。

 ところで、Happy Hacking Keyboardは、二十世紀にはみなが「HHK」と略していたように思う。「PC Watch」の2008年の記事でも、まだ「HHK」と略されている。わたし自身も「HHKB」は違和感を覚えてアレなので、この記事でも「HHK」と書いている。
 今はPFU公式でも「HHKB」と略しロゴもあったりするので、それが正しいということになったのだろうが、かなり昔からのHappy Hacking Keybordの愛用者は、今でも「HHK」と略しているような気がする。いかがだろう>旧いコンピュータ屋の皆様。
 そんなこんなで、「ハードケース DX PD-KB01SD」のブログ記事を拝読していて「HHK」の略称が出てくると、「おっ、この人はほんとに昔からの愛用者だな」とニヤリとしていたりするのである。

 ちなみにわたしもHHKの愛用者だが、こちらは本当に持ち歩かないので、この「ハードケース DX PD-KB01SD」がそちらで活躍する機会はなさそうだ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記