2017年10月21日

【日記】エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ

 サムゥイ!

 気象庁によると、2017/10/19の朝は東京都心で9.9度。10度を下回るのは1986/10/20の8.0度を観測して以来とのこと。
 しかもその後も気温は上がらず、正午の気温も11.1度。10月中旬の東京でこれほど低い気温になったのは、記録史上初めてだそうである。関東周辺でも標高の高いところには雪まで降ったとのこと。

 こんな寒い日には――おウチでぬくぬく、アイスクリームに限りますな。

 というわけで、今週月曜(16日)より販売再開された、明治「エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ」を購入してきた。
 同商品は2016年12月に発売され大好評だったが、供給が需要に追いつかず、一時販売休止になったといういわくつきの一品。わたしも前回は食べられなかった。



 この「エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ」、かなり凝ったつくりになっていて、上から「苺の果肉入りソース」「ホイップクリーム風アイス」「クッキー」「カスタード風味アイス」の四層構造になっているという。
 ので、これは縦に食べていくのが正解とみた。上から均すように食べるとせっかくの四層構造が楽しめない。


(蓋をあけると、エッセルおなじみの内蓋シーリング)


(じゃじゃーん。イチゴ果肉入りソースが美味しそう)

 さっそく、スプーンで縦にすくってみる。



 おぉ、これが噂の「四層構造」。
 といっても、三層目のクッキーは、正直言ってよく見えない。
 食べてみると、ウマァイ! これはいい。イチゴソースの甘酸っぱさも、カスタード風味アイスのケーキ地っぽい味もいい。クッキーも確かに入っている。

 細君の評だと「甘みと酸味のバランスがちょうどよくって美味しい! クッキーがもうちょっとハッキリしてもいいかな。さりげなさ過ぎるかも」とのこと。


(やはりクッキー層はよく見えませんが……)

 この「エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ」。今回は製造ラインを増強してレギュラー入りしたとのこと。これは嬉しい
 難点を言うと、お値段がちょっとお高めかなぁ。そのせいか、近所のスーパーには入荷していなかった(エッセルのバニラ、抹茶、チョコは100円台で置いてある)。おそらくこれから先も安値にはならないだろう。
 このお値段(238円税込)だと、普通にコンビニでイチゴショートケーキが買えてしまいそうだ。
 まあ、イチゴショートケーキを食べたいときの選択肢が増えたということで。

 それにしても前回(2016/12)といい、なぜ寒い季節になってから出すのでしょう、明治さん。やはりクリスマス需要を見越してなんですかね。

 参考:【日記】一平ちゃん夜店の焼そばショートケーキ味
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記