2017年10月26日

【日記】部屋とコウモリとわたし

 先日の台風通過予報の晩、暴風雨が来る前に雨戸を閉めておこうと窓を開けたら、どうやら知らぬ間にお客さまが部屋に飛び込んでいたらしい。
 雨戸を閉めてしばらくしたら、細君が「おっきな蛾かなにかが飛んでる!」と叫んだのである。

 えっ、蛾!? いやだなぁ、と思いつつ、細君が指さすテレビ周りをレッドレンザーで照らしてみるが、そんな大きな蛾がいる様子はない。
「なんか、テレビ画面に映ったのを勘違いしたんじゃないの?」
「違う違う。本当になにかヒラヒラ飛んでたの!」

 細君が譲らないので、テレビ周りを再びレッドレンザーの光で舐めてみる。

「あっ、いた!」
「えっ?」

 確かになにかいる! なんと、テレビ台の下で、なにか小さな毛玉の塊が震えている。

「コウモリだ!」
「ちょ、ちょと。どうしよう。逃がしてあげたくても、まず捕まえなきゃ。ちょと君がコレ持って照らして」

 と、細君にレッドレンザーを預けて、光の中に毛玉ちゃんを照らしてもらう。可哀想に、毛玉ちゃんはブルブル震えているのだった。

「あぁ、恐いよね、恐いよね。お外に出してあげるから、ちょっとおとなしくしててね」

 そーっと、そーっと、両手の平で包んで、と、噛まれたか、翼の端が当たったか、掌にチクリ。でもたいしたことはない。
 なんとか、震える毛玉ちゃんは、両手でつくった球の中に収まってくれた。
 いつも想像しているコウモリより、とても小さい。握りつぶしてしまわないよう気をつけながら、細君に部屋の扉をあけてもらい、廊下の窓から、そっと外に逃がしてあげた。

 二人で、長いため息。ホーッ。
 手を丁寧に洗ってアルコール消毒。万が一のために。
 インスタ映え者なら、逃がす前にまず撮影! だったのかもしれないが、早く外に出してあげたくて、とてもそんな余裕はなかった。
 ブロガーとして失格ですな(笑)。

 というわけで、証拠はない。
 深夜にこの騒動、それに、逃がしたコウモリが無事かどうか、気にしても仕方ないのに気になって、しばらくドキドキして落ち着かなかった。

 細君調べによると、我が家に訪れたコウモリは「アブラコウモリ」だそうである。
 想像していたより小さくて、可愛くて、無事にお外のどこかで雨宿りしてくれたかな、と祈る他はない。

 わたしが通っていた小・中学校は大学の構内にあり、夕方になると、大学の校舎の中を、二、三匹のコウモリがよくグルグルまわっていたことを思い出す。
 たまにコウモリの死体が排水口の近くにあったりして、それは大きかったような記憶があるのだが、どうやら子どもの頃の思い出が変質しているようである。

 最近はめっきり、コウモリの姿を見なくなったなぁ、と思っていた。こんな形で再会できるとは、本当にびっくりである。

 コウモリは国内では特に寄生虫や伝染病の心配はないらしいが、国外では狂犬病の媒介者にもなり、国内であっても、ネズミ並の不潔さらしい。
 あんな可愛い顔をして……、と思わないでもないが、ネズミも可愛いのだから、まあおかしいことはないか。
 ゴキブリなどを捕食してくれるという意味では益獣だが、あまりたびたびのご来訪は遠慮つかまつりたいものだ。

 細君いわく、「コウモリが部屋に入ってくるのって、幸運の前兆なんだってよ」。

 へぇー。知らなかった。「幸盛り」「幸守り」の当て字があるようで、我が家にもなにか、いいことがあるといいな、と願う。

 でもその後、ひいていた風邪の熱が上がって寝込んじゃったんだけどね(笑)。
 急いでお外に逃がしちゃったのがいけなかったのかな……?
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記