2017年11月05日

【回想録】最初の記憶

「ブレードランナー」一作目(という書きかたをする日が来るとは)は、どこでどうやって見たのかを覚えていない。当時、いつも映画デート(ぉ をしていた畏友H君と一緒に劇場でか、それともテレビ放映だったのか、ビデオ視聴だったのか。

 これはわたしの記憶の悪いクセなのかもしれないが、かなりのめり込んで味わった作品は、それをどういう状況で観たり読んだりしているかを覚えていなかったりするのである。
 最近で言えば、マンガを電子書籍で読んでいたというのに、しばらくすると、「あれって冊子体で買っていたよなぁ」と本棚を探したりする。もちろん、逆の場合もよくある。

 映画も「劇場で観たよなぁ」と思っていたのがレンタルビデオだったり、テレビ放映で観たと思っていたのが劇場だったということもある。
 もっとも、あまりに記憶に残らない作品だったりすると、書斎の棚からパンフが落ちてきたとき、「こんなの全然観た覚えがないなぁ」と嘆息もしたり。



 そんなこんなで「ブレードランナー2049」はずいぶん前から楽しみにしていた映画のひとつだったのだが、どうも、同年齢のオッサンばかりに囲まれて劇場で尿意をこらえつつ(最近にしては長いんですよこの作品)観たという記憶はなくなりそうにない。
 まあ、そんな感じだったということで。

 この先、同作のネタバレがあるので、そういうのがお嫌なかたは、別ページへ飛んでいただきたく。

 作中、前作のヒロイン、レイチェルについて、ウォレス社の社長と前作の主人公デッカードが話すシーンで、聖書からの引用がある。

しかし、神はラケルも御心に留め、彼女の願いを聞き入れその胎を開かれたので、ラケルは身ごもって男の子を産んだ。(創世記 29:22-23)


 ラケルはヘブライ語の発音だが、英語に翻訳されるとRachelで、そのまま「レイチェル」である。

 ラケルは不妊症気味だったので、それ以前に夫ヤコブはラケルの姉レア(でも正妻)との間にルベン、シメオン、レビ、ユダをもうけた。
 それに嫉妬したラケルは、自分の側女ビルハとヤコブに子どもを作らせ、それがダン、ナフタリの二人。
 レアもまた嫉妬して、自分の側女ジルパをヤコブに与え、できた子どもがガド、アシェル。
 さらにレアもまた身ごもって生まれた子どもがイサカルとゼブルン。さらに女の子ディナも産んでいる。

 姉と妹の間で、壮絶な「子作り合戦」が行われていたわけだが、ラケル自身はなかなか身ごもることができなかった。そして上の引用のあと、ラケルから生まれたのが、ヨセフとベニヤミンである。

 ラケルとレアについては他にも書きたいことがあるのだが、それはまたの機会に。

 さて、ヘブライ語のヨセフは英語訳するとJosephとなり、ニックネームはJoeとなる。
 本作「ブレードランナー2049」の主人公K≠ヘ、途中、AIが超進んだGateboxみたいな「俺のヨメ」から「ジョー」という名前をもらうのだが、聖書読みとしてはデッカードとレイチェルの子どもが彼という暗喩なのかという深読みをしてしまった。
 が、そんなことはなかったぜ! なんだか肩すかしで残念である。

 それにしても主人公の名前がK≠ニいうと、これを連想して苦笑してしまう。


(原作:夏目漱石/漫画:バラエティ・アートワークス「まんがで読破・夏目漱石こころ=vより引用。お墓のシーンも有名ですが、この位牌にはK≠フDNAがメモリーされているのですきっと)

 この記事は、あまり映画評らしい内容にならないので、%title%としてみた。
「ブレードランナー2049」は、記憶≠ェひとつのテーマとなっている映画なので、わたしの最初の記憶≠追ってみる。

 あれは古い家の二階であった。掃き出し窓がある部屋で、ずいぶん広かったという印象があるが、それは自分が子どもだったからで、実際には四畳半くらいしかなかったのかもしれない。
 その部屋には白黒テレビとオルガンが置いてあり、姉が「妖怪人間ベム」を観ていた。わたしは恐くて恐くてたまらなくて、オルガンの影からこわごわとテレビ画面を観たり、隠れたりしていた。幼稚園に入る前の記憶、二歳か三歳ではないかなぁ。
 この古い家の思い出は他にもあるのだが、パッとひらめくのはこの情景だ。やはり「恐い」という感情は刷り込まれるのだろうか。

 わたしの両親は「恭介は玄関先で姉に抱っこされているとき、落とされて慌てたんだよ」と言うのだが、そちらの記憶はとんとない。
 そういえばバカボンのパパも子どもの頃は天才児だったのだが、クシャミをして頭の歯車を口から吐き出しバカになったのであった。そうか、あのとき、わたしも歯車を……(笑)。

 冗談はともかく、幼少期、少年期と、わたしは幸せに育てられたと思う。レプリカントではないが、そういった思い出が、今のわたしのベースになっているのは確かなのだな、などと感じつつ、劇場をあとにしたのだった。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録