2017年11月10日

【日記】席取り

 はっけよーい、ノコッタノコッタ――それは関取。

 スタバを始めとする「お洒落カフェ」で、どうしても馴染めない習慣がある。それがこの「関取」。はっけよーい。くっ、DM200の単語学習が機能が悪さを……。「席取り」だってばよ。

 まずお店に入って、先に席を取ってから、注文の列に並ぶという、アレである。
 昭和生まれのわたしの感覚だと、並んでいる段階、オーダーを注文するまではまだ客ではない、という意識があるのだ。注文列を尻目に先に席を取っておくということに、多少なりとも抵抗感がある。

 混んでいるお店によっては、入店するとすぐPTRさんが「お席はお取りですか?」と聞いてくれる。こういう店はよい。お店の方が「先に席取り」を勧めている、とわかるからである。
 さらに、PTRさんが先に席を取ってくれて、プラカードを置いてくれれば、安心して注文列に並べるというものだ。

 そういうことをやっていない店舗だと、先に席を取っていいものかどうか、躊躇してしまう。入店して、注文列にも並ばずズカズカと奥の席に歩いていって、いい席にドッカと荷物を置いて席取りすると、まだ席を取っていないのに注文列にいるお客さんから「図々しい奴」「先に席を取られた!」と思われているのではないか――と感じるからである。うぅ、小心者。

 お洒落カフェの基本方針が明確にアナウンスされていないというのもいけない。「当チェーンでは、まず席取りされてからご注文ください」とアナウンスしてあれば、安心してまず席取りができるというのに。
 しかし、今までも、これからも、お洒落カフェが公式に「まず席取りを」と言うことはないように思う。それをやってしまうと、万が一の置き引きがあったとき、「先に席取りを」と言っていたお店側にも責任が出てきてしまうからである。

 実際、海外のカフェなどでは「先に席取り」などは防犯面でありえない、と聞く。
 わたしがツイッタラーだったらこう書くね。「西海岸で飲む、いつもの味。僕にとって先に席取り≠ニいう新鮮みのある日本ならではの習慣が、成功の証だと思う」

 わたし自身はこの問題にどう折り合いをつけているかというと、空いているときは、まず注文列に並んで、商品を受け取ってから席へ移動する。混み加減のときは「RESERVED」と書いたカードをテーブルの上に置いて、注文列に並ぶ。
 荷物をドッカと置いて目を離すほど、今の日本の治安を信用していないし、かといって、ハンカチ程度のマーキングだと「忘れ物」と思われてどかされかねない。
 今のところ、この方法で誰かに文句を言われたことはない。

 外食店などでは、席が空いているにも関わらず手が足りていないとき、オペレーションを立て直すまで、新規のお客は席に案内せず待たせる、という基本があるそうである。
 これは、先走って席に案内してしまうと、客に「自分は客だ」という意識を持たせてしまい、その後のオーダーが遅かったりすると不満が沸いてくるからなのだそうだ。
 席に案内前だと「まだ客ではない」という気持ちがあるから、客に不満を抱かせずにおける、と、こういうわけである。


(作:久部緑郎/画:河合単「ラーメン発見伝」7巻より引用。前段はこの芹沢サンの台詞からの受け売り)

 そういう意味では、スタバを始めとする、お客に列を作って並ばせるオペレーションの店で、最初に「席取り」していいのか、ダメなのかが明確にされていないのは、あまりよろしくないと思う。

 解決法はけっこうあるのではないか。たとえば、上に書いたカード方式である。店側で今日の日付をスタンプした「RESERVED」カードを入り口に用意しておき、「これで先に席をお取りください」とでも掲示しておけばよい。
「RESERVED」カードの日付違いが10枚溜まったら、コーヒー一杯無料サービスとかもいいのでは?
 いかがだろうか、このアイデア。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記