2017年11月15日

【書評】ウワガキ

 八十八良「ウワガキ」(全4巻・完結)

 自分の想い人には、もう恋人がいる。そんなつらい状況に置かれたら、誰だってふと思う。もし、想い人が恋人と出会う前に自分が告白していたら、うまくいっていたのではないか、と――。
 そのようなif、「もしも」をシミュレートしてみたら、というのが、本作「ウワガキ」の導入部である。

 この記事に関しては、ネタバレ全開かもしれない。もし、ネタバレがお嫌いな方は、あらすじの前に別の記事へ飛んでいただけたら、と。

 しかし本作「ウワガキ」は、ネタバレを知っていても面白い! と太鼓判を押す。なにしろわたし、本作を四、五回は通して読んでいる。そして毎回、文句なく楽しく、また心地よい読後感に浸っているからである。

 あらすじ――
 安治川良男(アジオ)は高校2年生。同級生の照井千秋が好き。ところがある日、罰当番を一緒にしているとき、彼女に既に恋人がいることを知ってしまいガーン。告白前に失恋してしまう。
 ショック覚めやらぬ内に、罰当番を命じた化学の山田先生が、こんなことを言い出した。「研究対象として、照井君と相思相愛になってください」
 そしてなんと、不思議な力で千秋を二人に分裂させてしまう! ひとりは恋人とつきあっている今までの千秋、もうひとりは恋人とつきあっている記憶のない、コピーされた千秋。
 先生は言う。「照井君(千秋)には彼氏との愛を今までどおり育んでもらう。安治川君はコピー千秋を口説く。数ヵ月後、千秋とコピー千秋を融合≠オ、そのときふたりの好きな気持ち≠ェ、彼氏より安治川君に傾いていたら――照井君(千秋)の好き≠ヘ上書きされる」
 果たしてアジオはコピー千秋(後に小秋と命名)の心をつかむことができるのか。変な実験に巻き込まれた千秋の恋の行く末は?
 東京、門前仲町を舞台に繰り広げられる、ちょっと不思議でほろ苦く、そして楽しいラブ・コメディのはじまり、はじまり。


 なんとも、とんでもない導入部だが、この「とんでもない」を読者にサラリと納得させてストーリーに引き込んでしまう飄々とした展開力が素晴らしい。力づくではなく、ストーリーの主眼はそこにはないよ、と、読者の疑問をヒラリとかわす山田先生の台詞が良い。「宇宙人、未来人、異次元人、魔法使い、エトセトラ、エトセトラ。好きに呼んでもらって構わんよ」



 八十八良先生の描線はカッキリとしていてカラリと乾いた風のような絵柄がわたし好み。ヒロインの千秋も可愛らしい。

 コピー千秋こと小秋≠ヘアジオのところへ居候することに。恋人の記憶をなくした彼女はアジオのことがまんざらではない様子。
 対して千秋の方をネタバレしまうと、彼女は実験開始後、そうそうに彼氏にフラれてしまうのである。oops!
 小秋は千秋の双子の妹として学校にも編入。髪をショートにして見分けがつきやすいように。同居生活に学園生活、加えてデートなどもして、彼女の心はどんどんアジオに傾いていく。



 対して、彼氏にフラれてしまった千秋も決意する。自分の彼にたいする好き≠フ気持ちは失わない。失恋しても好き≠ネ気持ちが消えてしまったわけではない。融合≠フとき、彼氏への好き≠ネ気持ちで上回ってみせる、と。

 一方、アジオはバイト先で頼りになる男性、和也と知り合う。なんと彼は千秋の元カレ。この和也が、決して悪い人ではないのである。彼もずっと想い人がいたのだが、バイト先の女の子(千秋)から告白され、それで想い人のことを忘れられるかとつきあったが――という顛末。
 悪い人ではない、と書いたが、ちょっと男目線かもしれない。この和也、想い人から心を向けられて、それで千秋をフッたのだから。

 その事実を知ったとき、アジオも激昂。小秋とのデート前だというのに――



 千秋の想いを知った小秋は、自分がアジオから身を引くことを決意。そうすれば融合≠フとき、千秋の和也への想いが上書きされることがないから、と。アジオも千秋を大事に思っている。そこで――



 こりゃあ小秋ちゃんもキュンときますなぁ。

 話は佳境に入り、謎の山田先生を追っている組織とともに修学旅行へ――。


(修学旅行の予備部屋でふたりきり。「ウワガキ」屈指の名場面)

 敵の組織に追われながら、融合≠フ準備を急ぐ山田先生。遊園地で追いつ追われつのアクションシーンが続く。追い詰められたアジオと千秋&小秋。そこで我を失った追手のひとりが拳銃を発砲。



 アジオをかばって、千秋が撃たれてしまったのだ。
 駆けつけてきた山田先生が、撃たれた千秋を救うために、小秋との融合≠試すが、機械にエラーが出てしまってうまくいかない。融合≠ナはなく上書き≠ェできずに失敗してしまうのだ。
 山田先生は一言。「千秋君、安治川君の事、好きになってるね?」



 千秋の想いも和也から離れ、アジオのことが好きになってしまっていたのだ。
 ということは? 上書きではなく? 融合すると、どうなるの?


(好きの足し算! アジオ、男冥利につきますな)

 緊迫した中にも、とてもユーモラスで、ニマニマしてしまうシークエンス。この一連のコマ運びは、何度読んでも楽しいところ。

 ラストは計算されつくした大団円。
 融合した千秋&小秋に「なにせアタシふたり分で、アジオの事好きだからな」と言われ「俺もふたり分好きだから」と返すアジオ。これもキュンときますわなぁ。



 実に実に読後感が良い。街中でこんなキスをしている高校生カップル、普段なら「許せん(嫉妬)」だが、隅田川の中央大橋でこんなに絵になる二人に祝福を!

 ところで、アジオが好きになったのは千秋なのか小秋なのか、ちょっと気になりません?
 それがわかるのがこの後の番外編。これがまた読者サービスの一本、スラップスティック色満載で楽しい。本編の「一分でも一秒でも早く」の伏線まで回収して、読者は心の底から満足できること間違いなし。

 四巻という長さで、急ぐことも間延びすることもなく、遊び心も満載で、読後感はホッコリ。引用が多くなってしまうので貼れなかったが、ほかにも名シーン、グッとくるシーケンス、楽しいサイドストーリー。そして、登場人物みなが、本心から悪い奴ではないことも特記しておきたい。
 八十八先生のサービス精神がつまったこの「ウワガキ」。ラブコメ好きなら絶対に読んで損しない作品。お勧めです。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評