2017年11月20日

【日記】ぼうはん!

 最近は外出中の空いた時間に集中してモノ書きしたいときは、スタバなどのお洒落なカフェではなく、ネットカフェに入ってしまうということは以前にも記した。
 コストパフォーマンスを考えると、三時間から六時間くらいならネットカフェを使う方が、お洒落カフェやファミレスを利用するよりいいという計算の上である。

 お洒落カフェやファミレスで、オーダーを何度か取りながらも居られる時間は九十分程度だと感じている。それ以上になると、店側に迷惑をかけているのでは、という自責の念が沸いてしまって落ち着かない。
 その点ネットカフェは「時間貸し」なので、時間内はこのいたたまれない気分にならないのが良い。もしウッカリ延長してしまっても、その分、代金を払えば良いのだから明朗だ。

 反面、ネットカフェの不安は防犯面である。
 この「防犯」はネットカフェのPC使用にあたっての防犯ではなく、もっと物理的な「置き引き」のこと。
 フリードリンクやアイスクリームを取りに行ったり、トイレに入ったりしているちょっとした隙に、ブースにひょいと入られて荷物を盗まれてしまう可能性はゼロではない。

 ちなみに、PC的な防犯面の解決策は簡単である。「ネットカフェのPCは使わない」でOK。
 わたしはフリースポットのWiFiも使わない。それは徹底している。たとえばスタバのフリーWiFiはWEPすらかけていない。これはちょっと信じられない。最近のスマホは裏で通信していることが多く、どんなデータがやりとりされているかわからない。パケットスニファリングされたら、個人情報ダダ漏れである。
 VPNを使えばいいわけだが、そこまでするのなら、手持ちのスマホの通信会社で直に通信する方が素直で良い。

 今まで十数回、ネットカフェに入って、マンガも読まず集中して書き物をしてきたのだが、幸い、置き引きにあったことはない。
 しかし振り返ってみて、これは僥倖なのだと考えを改めた。いくら半個室とは言え、ブースの扉を開けてカバンをひょいっと盗んでいくくらい、三十秒もかからずできることである。
 財布や免許証などの本当に大事な物は、常に肌身離さず身につけているので、それらが盗まれる心配はほぼないが、カバンとポメラDM200を置いたままブースを離れることはたびたびあった。考えれば危ないことをしていたものである。

 そこで思案し、防犯のためのグッズを購入してみた。



 錠前式セキュリティワイヤー(サンワサプライのSL-57)と、三桁ロック式巻き取りセキュリティワイヤー(iBUFFALOのBSQ04A)の二本である。

 この記事もいきつけのネットカフェで書いているので、さっそく、試してみた。
 まず、錠前式セキュリティワイヤーを、愛用のカナナ3Wayバッグの中央金具に通して抜けないようにする。



 ワイヤーのもう一方の先は、ブースの適当な場所に固定し(今回は引き出し型キーボード台にぐるりと巻いた)、錠前でロック。



 これで、ワイヤーを切られなければ、カバン本体を置き引きされることはなくなった。しかし、肝心のカバンの中身を盗まれてしまっては意味がないので――



 カナナバッグの主収納コンテナにも錠前を掛ける。
 しかしこのファスナーにつける錠前、「ポテチ開け」という方法でけっこう開口できてしまうのは、知る人ぞ知る知識だったりする。


(これがポテチ開け。カバンの中身によっては、もっと広く開けられてしまう。恐ろしや)

 そこで、この錠前の可動性を低くするために、もうひとつの三桁ロック式のセキュリティワイヤーを錠前に通し、ぐるりとブースの家具に短く固定。これで、ポテチ開けも多少はやりにくくなる、はず。



 運用してみて、難点がある。
 ひとつは、ちょっとしたドリンクのお代わりに立つときも、いちいちポメラDM200をカバンにしまわなければいけない。そのたびに錠前を開けてしまってまた掛けて――をしなければならないのは、考えていたより面倒だ。
 もうひとつ、チャック式バッグは「ポテチ開け」以外にも「ボールペン開け」という方法で簡単に開いてしまうということ。そこまでされたら、もうどうしようもない。

 うーん。ここで行き詰まってしまった。出来心の置き引き犯なら、おそらくこの対策で心理的にやめるだろう。しかし、常習犯は防げそうにない。

 沈思黙考しばらく。結論はこうだ――



 カバン本体から必要な物を出したら、それをネットカフェ設営の無料ロッカーに入れてしまった。
 ポメラDM200はエコバッグに入れて、フリードリンクのおかわりのときにも持っていく。ブースには盗まれても金にならないメガネを置いておくくらいにしておこう。

 せっかく防犯グッズを買ったのに、なぁんだ、意味なかったじゃん――という気持ちもあるのだが、万が一の盗難にあってガックリくるより、このストレートな方法で身を守る方が良いと悟ったのであった。
 結局、答えは最初から、身近にあったのである。

 とはいえセキュリティチェーンは他の場所で使う機会も多そうだから、カバンに常備することにした。
 こうしてまた、カバンがちょっと重くなってしまうのだった。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記