2017年11月25日

【日記】メトシェラの死

 聖書の登場人物の中で、一番長寿の者は誰か――それくらい知ってるよ、という方もいらっしゃるのではないだろうか。創世記5:21-27に登場しているメトシェラ≠ナある。

メトシェラは九百六十九年生き、そして死んだ。(創世記 5:27)


 口語訳だとメトセラ=Bそう、ロバート・A・ハインラインの「長寿」をテーマにした名作「メトセラの子ら」はここから取られている。

 わたしはカトリックなので、聖書を信仰的フィルタにかけて読むが、それはすなわち、プロテスタント福音派とは違い、 聖書に載っている一字一句すべてが字句そのままだとは思っていないということである。現代科学と照らしあわせて、これは寓話的な意味だろう、これは誇張された表現だろう、と「常識的に考えて」読む。

 それでもプロテスタントリベラル派とも違うので、イエスが湖上を歩いたことや、五つのパンと二匹の魚を五千人に分け与えたこと、そして一番大事な復活≠ワで「トリック」だとは言わない。そこはそこで奇跡として信じている。ここを譲ったら、カトリックの信仰ではなくなってしまう。
 このあたりのさじ加減が、各教派の微妙な違いにもなっているのである。
(もっともカトリックは幅が広いので、「聖書は一字一句すべて事実を記したもの」という修道会や、逆に「復活はトリックです」と言ってのける司祭がいてもおかしくはない。いやほんと、カトもいろいろなんですよ)

 さて、メトシェラだが、やはり常識的に考えて、人間が969年生きるということは考えられない。もちろん実際の没年齢はわからないが、当時としてはかなり長寿であったので、箔づけにそういう数字が出てきた、と捉えるのが正解だろう。

 では、メトシェラの死因がなんだったのか、わかる方はいらっしゃるだろうか。
 実はコレ、みなさんもご存知のはずなのである。

 ここで、メトシェラ前後の家系を追ってみよう。
 メトシェラの父はエノク。エノクはエノクで有名なのだが、それはまたの機会にして、メトシェラの子はレメク。そして孫があのノアである。ノアの箱船のノア。
 メトシェラがレメクをもうけたのは187歳のとき。

メトシェラは百八十七歳になったとき、レメクをもうけた。(創世記 5:25)


 そしてレメクをもうけたあと、782年生きていたとなっている。

メトシェラは、レメクが生まれた後七百八十二年生きて、息子や娘をもうけた。(創世記 5:26)


 187+782=969。ピッタリ。間違いない。没年齢は969歳である。
 では、その年になにがあったのか――。

 メトシェラの孫、レメクの子であるノアが生まれたのは、レメク182歳のときとなっている。

レメクは百八十二歳になったとき、男の子をもうけた。(創世記 5:28)


 つまりノアがうまれたとき、おじいちゃんのメトシェラは187+182=369歳であった。メトシェラの寿命が969歳であるので、969-369=600。ノアが600歳のとき、メトシェラは死んだことになる。
 では、ノアが600歳のとき、いったいなにが起こったのだろうか?

ノアが六百歳のとき、洪水が地上に起こり、水が地の上にみなぎった。(創世記 7:6)


 そう、ノアが「ノアの箱船」で乗り切った「洪水」が起きているのである。
 メトシェラの死因、それは、神が「地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。(創世記6:6)」ことで、地上から悪しき人間を拭いさるために起こした洪水だったのである。

 ちなみに、ノアの父親レメクは洪水の五年前に死んでいる。

 聖書を読みつつ電卓を叩いて、この数字の整合性を見たとき、旧約聖書を書いた太古のイスラエル人も設定厨だなぁ、と、クスッときたものだった。

 メトシェラがノアの箱船に乗せてもらえなかった理由はわからない。
 イスラエル民族の伝承によると、メトシェラは一万の悪魔を倒し、その名を刻んだ剣を持っていたともいわれている。となると、神さまに「地上から洗い流される」悪者ではなかったのかもしれない。

 聖書中の「人間の異常な長寿録」はこの先も続くが、その後、イスラエル民族がエジプトへ寄留し、出エジプトを経て荒れ野をさすらう民となったとき、

五十歳に達した者は務めから身をひかねばならない。二度とそれに従事してはならない。(民数記 8:25)


 と、定年の規定ができていたりする。当時の五十歳はかなり老けていたと思われるので、これも妥当だろうか(ヨベルの年(*1)を越えた、ということももちろんあるのだろう)。

(*1)聖書中、7x7=49の翌年50年目は特別の年として「ヨベルの年」と言われる。クラシックなどで見かける「ジュビリー・エディション」はこの「ヨベル」からきている。

 聖書にはけっこう、こういう数字≠ェ出てくる。メトシェラのように前後関係「計算ぴったり」だったり、あるいは「大ハズレ」なこともある。設定厨甘いよ、なにやってんの! と苦笑してしまうこともあったり。
 そんな大ハズレの例は、またの機会に。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記