2017年12月12日

【昭和の遺伝子】町内の映画館の思い出

「【昭和の遺伝子】釣り堀の思い出」を書いていて思い出したのだが、わたしの住んでいた街にはなんと映画館もあったのである。
 しかし残念ながら(?)、ハリウッド大作や名画を上映する映画館ではなかった。やっていたのは、なんと「にっかつロマンポルノ」。

 もちろん恭介少年は、当時、十八歳未満であった。なので「思い出」と言っても、実際に観た覚えはまったくない。

 ただ、その劇場は表にエロチックな看板を立てており、そこがバス通りに面していたので、バスのルートによっては扇情的なそれを見られちゃったりするのである。うっひょー。

 昭和はエロ関係においては、むしろ平成よりゾーニングが厳しかったように思う。というか、ネット時代の今がユルユルすぎる。ローティーンの子どもでも、ググって数クリックでエロ画像が見られてしまうような現状はよろしくない。
 ネットを離れて現実でも、コンビニの書棚にエロマンガが並んでいる状態は異常だとわたしは感じる。
 ああいうものは、やはり野原とか、河原とか、そういところで風雨にさらされてカチカチになった雑誌を、クラスの皆でソーッと覗き見るような、そういう風情がいいのである。これ、老害感覚ですかね?

 閑話休題、町内ポルノ映画館。
 小学生だったわたしは、バスの中からでも、その映画館の看板を見るとオトナに怒られちゃうかもなぁ、などと戦々恐々としながらも、興味津々ではあった。
 バスがそこにさしかかる前から、周りのオトナの目をうかがいつつ、ムッツリとした顔をしながら、目の端にエロ看板を入れて、肌色を堪能するのがたまの楽しみだったのである(笑)。
 ガン見などはできない、そーっと、そーっと目の端に入れて、想像力をたくましくして、記憶するのだが、今になってみると、一本もタイトルを覚えていない。ま、子どもだからね。

 そう、子どもが女性の裸を見ることなど、名画の裸婦像でもなければない。それが昭和というものだった。

 小学生の自分にとって、十八歳というのは、遠い遠い未来、ものすごいオトナであった。とはいえ、自分もオトナになったら、この劇場に堂々と入って、ポルノ映画を観るんだ! などと決意したことはない。自分がそこでポルノ映画を観ている未来など想像もできなかったというのが正直なところ。

 そしてその劇場は――なんということでしょう、わたしがちょうど十八歳を過ぎた頃に取り壊され、お固い銀行に変わってしまったのである。
 というわけで、「にっかつロマンポルノ」を観たことは、劇場でも、ビデオでもないのであった。ポルノとは言え名作も多かったそうで、映画ファンとしては――市内ではちょっと有名だった――その町内ポルノ映画館に入れなかったのは、今となっては残念である。

 わたしの最寄り駅には、「ストリップ劇場」もあった。これも市内どころか市外、県外にも有名であった。確か、黎明期のインターネットでレビューを書いていらっしゃる方がいた覚えがあるので、昭和どころか平成まで残っていたのである。今、この記憶が蘇ってきて、自分で驚いているところだ。
 さすがにストリップ劇場は映画館よりもハードルが高く、行こうという気持ちにはならなかった。
 その劇場はボヤを出して焼け落ち閉店となり、今は住宅街になっている。

 中段でも苦言を呈したが、現代のエロ関係は妙に偏っている。子どもに見ちゃダメ、と言いながら、簡単に見られる場所にそれを置いておくのはおかしい。以前にも書いたが、これは子どもに甘い≠アとなのである。
 オトナが子どもに、エロはオトナの楽しみとたたき込んで、子どもは河原でカチカチのエロ雑誌を眺めて「いいなオトナって」と思わせる程度が良いのである。

 現代の少子化の一因は、このエロ関係が子どもに甘いということもあるのではない――え、なんでって? なんでだろう。ええとね、赤ちゃんはコウノトリさんが運んでくるから、関係ないかもね。えっと、そういう話はママに聞こう、ね。
posted by 結城恭介 at 08:00| 昭和の遺伝子