2017年12月18日

【回想録】アクアラインを歩く

 今日、12月18日は、20年前の1997年、東京湾アクアラインが開通した日である。
 その20年ちょっと前の11月、開通前のアクアラインを歩く、という抽選イベントがあり、当たったわたしと細君は、当時はまだ珍しかったデジカメ片手に参加したのであった。

 歩くといっても全路ではなく、木更津側から入って海ほたるパーキングエリアまで。帰りはバスという行程である。距離としては5キロちょっとの道のりだ。

 というわけで、そのときのレポートを20年ぶりにしてみたい。



 まずは参加者ぞろぞろと木更津ジャンクションへ。左側に「自動車専用道路」の看板があるところをこうやって人が歩いているのは新鮮である。



 木更津本線料金所。ETCすらまだない時代。



 ただひたすら一直線のアクアラインを歩く。当日は雨の予報だったのだが、予報は完全に外れ、いい感じで晴れてくれたのだった。



 雨合羽を着ている人がいるのは、上にも書いたが「大雨の予報」があったため。しかしいい天気である。気象庁がいつもやる仕事ですな。



 途中の看板を見上げてみる。もう少しで海ほたるパーキングエリア。



 途中の非常用電話もパシャリ。今もこうなっているかは知りませんが。



 いよいよ海ほたるパーキングエリアが見えてくる。あれですな、日本にゾンビが蔓延したら、こうやってアクアラインをぞろぞろと歩いて東京湾を移動する、そんな感じですな。



 海ほたるパーキングエリア着。当日はいろいろと出店や、警察の「覚せい剤取締りフェア」みたいのをやっていた記憶。逆に言えば、今やっている普通のレストランやフードコート、サービス施設は稼動していなかったのだと思う。



 これは今もある「カッターフェイスの巨大モニュメント」。

 こんな感じで、半日楽しく過ごして帰ってきた。帰路は前述のとおり、バスで海ほたるパーキングエリアから木更津ジャンクションへと送ってくれた。

 今は、アクアラインはごくたまに使うだけだが、この道をクルマで走っていると「開通前にここを歩いたんだよなぁ」と懐かしく振り返る思い出である。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録