2017年12月21日

【日記】体は男だけど……

 3DSのゲーム「とび森」では村長を「男の娘」にしているし、マンガはTS(トランスセクシャル)もの大好きである。
 しかしこういったものは「ファンタジー」だから楽しめるのであって、リアルにおいて、わたしは保守派。LGBTの「T」に関しては固ゆで卵くらいの保守派である。

 これから書くことは、一部の方にはとてもつらい内容かもしれない。しかし、インターネットでずっと「彼ら彼女ら」のことを眺めていた自分が出した、率直な感想である。

 LGBTの「T」。トランスジェンダー。性同一性障害。「体は男だけど心は女」な人はMtF GID、「体は女だけど心は男」な人はFtM GIDと呼ばれている。

 わたしはある縁があって、個人ホームページ華やかなりし頃から、「彼ら彼女ら」のウェブサイトをずっと見続けてきた。
 最盛期には、そういった方々のブックマークが100以上もあり、更新チェッカーを使って日記を拝読していた。
 当時は、まだGIDという言葉も一般的ではなく、議論も活発で、わたしもよく勉強させてもらった。
 そして、個人の情報発信方法がほぼブログに移り変わった現在も、そういった方々の日記を読み続けている。

 その上で、こう、結論を出さざるを得ない。
「体は男だけど、心は女」の人間など存在しない。
「体は女だけど、心は男」の人間など存在しない。
 と。

 最初に結論を言ってしまうと、存在するのは――
「体は男だけど、心はあなた」
「体は女だけど、心はあなた」
 である。

 まず、素の心自体に、本来、男女の別がない、とわたしは考えるようになった。
 以下、二回書くのが面倒なため、主にMtF GIDについて触れることにする。FtM GIDは男女を逆に読み替えていただきたい。

 肉体の性別が男である人間が、男らしい心を持つようになるのは、単に周りが、彼に社会的な男性性を期待するからである。
 男の子だから黒いランドセルを好むのではない。周りが「男の子だから黒いランドセルね」と与え、素直な子は「そういうものか」と考えるようになるのだ。
 もし「男の子は赤いランドセル」という社会があるのならば「なんだおまえ、男の癖に黒いランドセルなんて女々しいな」と学校でからかわれたはずである。

 MtF GIDは、幼少期に「自分は赤いランドセルがほしかった」「お人形遊びが好きだった」「少女マンガが読みたかった」などという生育歴を語りだすが、それは大人の男が振り返って些末な思い出を拡大解釈している作文に過ぎない。

 これは個人的体験としてもそうである。なぜならわたしも「赤いランドセルがほしかった」し「お人形遊びが好きだった」し「少女マンガが読みたかった」からだ。しかしわたしは、MtF GIDではない。
 こういう男性は、実はけっこう多いのだ。ただ、GIDとは無関係な生活を送っているので、ことさら思い出して言い出さないだけなのである。

 結局のところ、心の性を決めるのは、周囲が期待する社会的な性別である。それを素直に受け入れて成長するか、抵抗しつつ成長するかの差異がGIDを生むのだとも言える。
 昭和の時代は、男が厨房に入ることさえ疎まれた。それが今や、飯マンガで男が味をどうこう言うのは普通になっている。男が少女マンガを読むのも普通のことだ。
 社会的に期待されるその性別像というのも、また、変わっていくのである。

 おそらくジェンダーレスの社会の到来を、GIDは好まないはずだ。「自分の語る心の性別」があやふやになるからである。
 余談になるが、その意味において、LGBとTは共感しあえないし、むしろ本質からして違うと思うのだが、政治的な点から共闘しているのだろうか。将来的に、お互い足を引っ張りあうような存在になるような気がしないでもない。

 結局のところ、MtF GIDは「体は男だけれど、心は女だと自分が信じる生育歴を送ってきた人」になってしまう。実に回りくどいが、ストレートに「心は女」ではないのだ。

 MtF GIDのサイトやブログを拝読すると、過度に女言葉を使用していることが多い。今の女性は「そうだわ」などとは使わない。「そうよね」などとも言わない。そういった女言葉を使いすぎて、MtF GIDの多くの方の書く文章は、気味が悪いほど「オカマな日記」になってしまっている。

 また、ヒゲの話でも書いたように、FtM GIDはよく男性ホルモンを入れてヒゲを生やしているが、真の男ならば「ヒゲなんてめんどくさい」と思うのが自然である。
 同様に、真に心が女なら「化粧なんてめんどくさい」というのもあるかもしれない。MtF GIDは喜んで化粧をしているが、それだけ心が真の女ではないということである。

 長くなったので、「【日記】心は女……」に続く。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記