2017年12月26日

【日記】やっぱり五十肩

 五十肩だとばかり思っていた左上腕の痛みが「五十肩ではないよ」と診断されたという話は「【日記】五十肩だと思っていたら」に書いた。
 それ以降、その医院に定期的に通い、低周波治療と一緒に肩を暖め、さらにマッサージも施術してもらっているのだが、よくなるどころか、むしろ状態は悪くなる一方である。
 最初は背中に手が回せない程度で済んでいたのだが、今や左の上着のポケットからなにかモノを出すのにも痛くて難儀する次第。左を下にした寝返りもうてないし、安静にしていてもジンジンと痛む。

 もちろん、「【日記】五十肩だと思っていたら」にも書いた左手マウスオペレーションは自重して、もう無理はしていない。

 そうこうしているうちに、ついに左腕が上に上げられなくなってきた。腕組みもできない。朝起きてベッドメイクをすると激痛にのたうち回る醜態。
 最初に罹った医院では、以降、ずっと整体師の施術(低周波治療)ばかりだし、医師の再診もなく、クスリとシップ薬が出続けるだけ。しかもお薬手帳にシールを貼ることもない。
 第一、最初にレントゲンすら撮りもしなかったのだ。
 わたしはドクターショッピングはしないタチだが、こりゃあ、ひょっとしてあれなんじゃないの? と、さすがに他の医師に罹ってみることにした。

 そちらの医院はもうちょっと大きい病院。子どもの頃から何度もお世話になっているが、資本が変わってからは縁がなくなっていたので行くことがなくなっていたところ。
 こっちの整形外科は、丁寧にレントゲンを二枚、別角度から取って、さらに医師が細かくいろいろと見てくれた。

 結果――やっぱり五十肩でしたorz
 なんだよこのオチは、という感じだ。

 結局、今は肩を温め安静にしつつ、痛み止めとシップで耐え、その段階が終わったら徐々に動かすリハビリを、となるらしいが、要するに「時間が解決してくれるまで耐える」しかないらしい。
 この病院でも、出たクスリとシップが前の医院と変わらなかった、というのは、まあ、ちょっとホッとしたところである。違うのは院外処方で、そちらではちゃんとお薬手帳にシールを貼ってくれるところ。そして次回の予約は特になし。痛みが続いたらまた来てください、と。

 うがった見方だが、最初の医院は「五十肩」だと「時間が解決するしかない」症状だから連続して来院する患者にはならないので、別の名前をつけて施術に通わせる算段だったのではないか、などとも思ってしまう。

 ネットで「五十肩」を検索すると、それこそ山のように情報が多くリストアップされて、いったいなにが正しいやらわからなくなってしまう。オカルトっぽいものも多いし、いったいどうするのが正しいのやら。

 今までタッチタイプには支障はなかったのだが、左手首を浮かせてタイプするような上段キーは、ズキッとまではいかないが、重い痛みが上腕に残るようになりつつある。

 もともと体が硬いので、手が届く範囲が狭いのはそれほど苦にならないのだが、眠っているとき、痛みで中途覚醒してしまうのはよろしくない。夜だけは痛み止めのクスリを飲むことにした。

 本当に自分は、季節の変わり目に弱いのだなぁ、と思う(これを書いているのは十一月。突然暑くなったり寒くなったりの妙な時期)。
 むしろ、寒いなら寒い、暑いなら暑いで安定してしまえば、体調も安定してくるのだけれどね。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記