2017年12月27日

【日記】エッセルスーパーカップティラミス

 最近攻勢に出ている明治エッセルスーパーカップに「ティラミス」味が出たというので、遅ればせながら試食してみた。

 価格は「苺ショートケーキ」と同じ238円(近所コンビニ価格)。強気である。この価格帯だと同じエッセルスーパーカップでもスーパーには並ばない。
 というか238円なら、フツーにスーパーでティラミスが買えてしまう価格である。ううむ。

 外見はこんな感じ。



【日記】エッセルスーパーカップ苺ショートケーキでも「苺ショートケーキ」を紹介したが、どうもこれは、「エッセルスーパーカップ」の中でも「Sweet's」を冠するシリーズになるらしい。



 フタを開けてみると、おや? おなじみの白いフィルムシーリングではなく、透明である。このあたりから、ははぁ、あのうわさは本当だな、と思い始める。



 というわけでシーリングを外すと。でたー。うわさで聞いた「植木鉢」。なるほど確かにこれは植木鉢。なにかの種を埋めてみたくなる衝動がわかりますな。



「苺ショートケーキ」と同じように、層が凝っている。一番上はココアクッキー(土)。下はエスプレッソソースをクリームチーズ風味のアイスとマスカルポーネ使用のアイスで挟み込んであるとのこと。

 味は「苺ショートケーキ」の華やかさと違って、落ち着いた甘さ(とはいえ、甘党が言う落ち着いた甘さ≠ナすから)。とても上品な感じである。

 美味しいし、リピートもしたくなる。ただ難点を言えば、やはり「苺ショート」と同じく価格設定だろう。このお値段だとなぁ。スーパーの「切れ端ケーキ」などが買えてしまう。午後のひととき、サイフォンでのんびりコーヒーでも入れてくつろぐならば、やはりアイスよりケーキの方が良い。

 とはいえ、「苺ショートケーキ」と「ティラミス」を限定品ではなくレギュラー商品にしたという明治の英断には拍手。もっと暑い季節になったら、けっこう店頭で衝動買いするようになってしまう気もする。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記