2018年01月11日

【日記】源泉所得税の納期の特例の納期限

 小さな会社経理などをしている人ならばご存じだと思うが、その昔は、年があけると1月10日までにやらなければいけない金策があった。

 従業員の給与を支給した場合、帳簿上では「預かり金」となっている源泉所得税は、原則として翌月10日までに納めなければならない。
 しかし、毎月の給与の支給人員が常時10人未満である源泉徴収義務者(ようするに経営者)にとって、これを毎月行うのは大変である。
 そこであらかじめ、税務署に「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請」をしておくと、一年に二回、まとめて行うことができるという制度があるのである。申請だけで良く、特に審査などはない。

 これを行っておくと――

 1月から6月までに支払った所得からの源泉所得税納付は7月10日までに。
 7月から12月までに支払った所得からの源泉所得税納付は1月10日までに。


 支払えば良かった。
 しかし、1月10日と言えば、門が取れてまだ三日目である。その昔だったら、成人式が行われていた1月15日までは、まだみんな、正月気分でいたものだ。
 そんなこともあってだろうか、いつの間にか、本当にいつの間にか(わたしの)知らないうちにひっそりと、1月10日の源泉所得税納付の納期限が1月20日までになっていたのである。

 ×7月から12月までに支払った所得からの源泉所得税納付は1月10日までに。
 ○7月から12月までに支払った所得からの源泉所得税納付は1月20日までに。


 今はこれが正しい。

 これは平成24(2012)年の「納期の特例」の税制改正から行われていたものであった。
 わたしがこの改正を知ったのは2014年のことで、それを知ってもちょっと期限を過ぎてしまうのが怖く、10日までに納付したものであった。

 実際、「1月10日までに納付」が「20日までOK」となり、かなり気分が楽になったのも確かである。それまでは、おとそ気分もすぐなくなってしまうという感じだった。
 しかも1月は月末までに「法人の法定調書と支払い調書の提出」もあったりして、ちょっと気が重い。1月10日が20日に延びただけで、かなり楽だ。

 実を言うとこの記事も、昨日10日に「やっべもう1月10日だ!」と焦って、「ああ、20日までで良かったんだ」とホッとして書いているのである。

 それにしても、成人式も15日固定からハッピーマンデー法で「1月の第2月曜日」になってしまったものだから、今年の新成人は1月8日という最短の日。
 本当に日本の正月は、昔のそれと違ってせわしくなってしまったなぁ、と思う。

 この記事は、特にだからなんだ、というわけではないのだが、こういう、納税者に有利になる改正その他のアナウンスは、お役所側は本当に積極的にはやらないものなんだよ、ということで。

「オレオレ詐欺」などで、お役所の側から「還付金がありますよ」と言ってくるようなことは、絶対にないのである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記