2018年01月13日

【日記】苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺!のザ・サンデー

 デニーズの「苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺!のザ・サンデー」。



 イチゴの名品とちおとめ≠贅沢に十一個使ったデザートメニュー。1月11日から始まった期間限定&店舗限定品となれば、スイーツイーターとしては試しにいかねばなるまいよ。

 なお、苺¥\一文字を使って、読み方は――



「いつまでもどこまでもいちご!のザ・サンデー」だそうだ。
 最近は「無限なんちゃら」というようなメニューが多いので、これは否が応にも期待が高まりますな。「もうイヤ」というほどイチゴを堪能できれば嬉しい。

 というわけで、丁寧な作りで届きましたよ。



 おぉう、イチゴの花が咲いたようで美しい。
 しかしこれ――



 上から見るとこんな感じで、いわゆるトライポフォビア=iぶつぶつがダメな人。蓮乳とか)の人はちょっとツラいかも?

 全体はこのような層になっている。





 下から見上げたところ。迫力満点だ。
 というわけで、射祈も早々、いただきます。



 イチゴは文句なく美味ーい。
 しかしパフェとしては、最初にイチゴの山をバランスよく平らげないと下の層になかなか届かないのがもどかしいカモ。
 細君と半分こ≠オたので、「いつまでもどこまでもいちご」という感は残念ながらなく、ちょっと物足りない感じで食了。ごちそうさまでした。
 惹句のとおりだったら、もう少し量があってもよかったなー、という気分になったり。
 ちなみにお値段1,402円(税込)。コスパはちょっとなぁ。

 なお、このメニューは一番最初にも書いたとおり、店舗限定で、しかも販売時間も15:00〜23:00とリミットがあるメニューである。チャレンジの際はご注意を。

 その昔、大崎に「キャッツカフェ」という店があり(名古屋のチェーン店)、そこで「ネバーギブアップ」と銘打たれた巨大パフェを出していた。これがそれ。



 このときはBLTクラブサンドと一緒に注文し、2,610円だったと日記に残っている。コスパ的にはこちらのほうが大勝という感じ?
 しかしもう、このお店は閉店してしまったのだった。残念無念。

 食後、細君と二人で、巨大パフェが食べられる近隣の店はないだろうかと検索しあったりして、「また巨大パフェを食べたい」マイブームが起こりそうである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記