2018年01月16日

【回想録】20年前(1998年)の1月

 わたしがデジカメを購入したのは1995年のことであった。
 それ以来、メモのようにパシャパシャと撮影しているわけだが、考えてみると、それももう20年以上前のこと。

 年月で整理されたディレクトリをSusieで眺めてみると、けっこうめずらしい記録と、記憶のよすがになっているものだと思い、こんな記事を書いてみることにした。

 これは20年前、1998年1月の記録である。

 まずはNIFTY-Serve、@niftyからインターネットへと続く仲間同士の新年会の様子から。みながそれぞれ、ノートPCを持ち寄って、LANでつなげ、QUAKE対戦をやったときの様子。場所は畏友R氏の部屋。いつもいつも、場所提供をお願いしてしまい申しわけなく。



 Panasonicのレッツノートが三台、東芝のリブレットが一台確認できる。実際には見えていないが、もう一台がLANにつながれていたらしい。

 当時の私的ネットからのわたしの書き込み――

 いやー、五人が入り乱れて闘うQuakeは燃えましたねー。二人対戦DOOMのときも楽しかったですが、今回の面白さは、その比ではなかったです(^o^)
 Yさんを追うKさんを、遠くから狙い撃ちして悦に入っていたら、後ろからNさんに撃たれたり、難しいジャンプにみんなで挑戦して、最初に成功したRさんの目から見て大笑いしたり、空気トランポリンを楽しんだり、怪しい謀議が交わされたり、本当にQuake空間にみんなでいたような感覚でした。
 久しぶりに、声が嗄れるほど大笑いしてしまいましたヽ(^o^)丿


 まだ「ネット対戦」が、こうやって顔を合わせたケーブルLAN空間でなければできない時代だった。常時接続など夢のまた夢、ましてやブロードバンド接続なんぞ、まだまだ未来の技術に感じた時代の話である。
 あ、言うまでもないが、当時、無線LANなどというものはない。



 こんな映画のパンフの一枚があるところを見ると、ちょうど「タイタニック」が流行していた頃のようだ。



 これが何だか、今の方はわかるかな?
 これは巻取り型の電話モジュラケーブルなのである。外出時に、灰色のISDN公衆電話などにつないで使ったりしたのだ。



 こんな本も買っていたようだ。
 1998年だが、Windows98が日本で発売になったのは、同年の7月25日のことである。



 当時のわたしのメインデスクまわり。
 ディスプレイとキーボードが、X68k無印のそれだが、マシンはCompact XVIになっているのが不思議。無印を使っていた細君と交換したのだろうか。
 左に映っているのは一番最初のAT互換機とディスプレイ。AT互換機は386だったと思う。その上に、外付けHDD(確か100メガ)と、重なって置かれているのはCD-ROM二台。
 Compact XVIの左に、K&RとMOドライブが置かれている。マウスの代わりにミニトラックボールも。たしかエッグマウス≠ニいう製品名だったと思う。
 やや、よくみると、PCテーブルの上にOASYS30SXも健在だ。

 この年に生まれた子供たちが、今年、新成人となったわけである。

 自分が20歳の頃、0歳の頃の写真を見せられると、その古さにびっくりしたものだが、今の若者はどうでしょう、ね?
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録