2018年01月21日

【日記】眠らなくて済む体 or 食べなくて済む体

 ずいぶん前、コミケ直前の修羅場で、こんなお題をサークルメンバーに出して顰蹙を買ったことがある。

「ねぇ、眠らなくて済む体≠ニ食べなくて済む体=vだったらどっちが欲しい?」

 そのときは、みな、睡眠不足だったので「眠らなくて済む体に決まってんじゃん」とツッコまれて終わりであった。

 でもどうでしょう? みなさん、冷静になってみると、どっちの体が欲しいと思われますか?

 わたしは、そんなお題を出したときも、今も、答えは決まっている「食べなくて済む体」である。

 条件として、「眠らなくて済む体」は、別に眠りたかったら眠ってもいい。同じように「食べなくて済む体」は、別に食べたかったら食べてもいい。ただ両者とも「それをしなくても生きていける体」である、ということ。

 デメリットとして「眠らなくて済む体」は、眠っても疲れは取れない(逆に寝なくても疲れない)。同じように「食べなくて済む体」は、食べればやっぱり太る(食べないでいればBMI20くらいでやせ細ったりはしない)。
 ちなみに両者とも、普通に老化していつかは死ぬ。

 後付けでこんな条件をつけてみたが、それでもやっぱり、わたしは「食べなくて済む体」が欲しい。
「食べなくて済む体」というのは、実にコストパフォーマンスが高い。なにしろ、食費が一切かからないからである。これはもう、死ぬまで不死身が約束されているようなものである(なんだそれ)。
「眠らなくて済む体」は眠らなくて済むメリットはあっても、反面、働いて日々の糧を得なければならない。よっぽど働くのが好きな人でなければ「眠らなくて済む体」を選ぶメリットはないと思うのだが……。

 これはわたしの私感、たんなる感触だが、このお題を出すと、実際には「眠らなくて済む体」を選ぶ人の方が「食べなくて済む体」を選ぶ人より多いような気がするのである。
 わたしは「食べるの嫌い」な人だが、世の中には「食べるの大好き」な人ばかり。最近のマンガもグルメものばかり。特に日本人は――

日本「すまん。トイレ逝ってくる」
米露韓中北「いってらー」
中国「(ヒソヒソ)日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」
韓国「独島を占拠しても怒らない」
ロシア「北方領土を返さなくても怒らない」
北朝鮮 「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」
米国「よせ、それはもうおれがやってみた」
米露韓中北「一体どうすれば……(途方にくれる)」
中・韓「おれらは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、逆にビザ免除に動いてくれてるし……」
北・露「ふーむ……」
米国「……あ、でも、牛肉に脊柱に入れたら、日本国民が激怒したな」
露韓中北 「それは、おまい怒るよ」
中国「野菜に毒(農薬?)盛ったら怒ったぞ?」
韓国「生ゴミ餃子も怒った」
米国「寄生虫の卵を食い物に入れて輸出しあってる奴はちょっと黙れ」
ロシア「あいつ、食い物以外じゃ怒らねーんじゃねーの?」
米韓中北「あ!」


 という国民性ですから。
 民族性や属している宗教でも違うかもしれない。わたしは――

お前のゆえに、土は呪われるものとなった。お前は、生涯食べ物を得ようと苦しむ。(創世記 3:17)


 の労働懲罰説を取るカトリックだから、食べ物をあくせく探す人生など本来まっぴらだが、マメなピューリタンは違うかもしれない。

 また、性格判断や、その人の生きるスタンスがわかる質問かもしれない。人生のなにを大切にするか、仕事か、享楽か、家族か、なにかを成し遂げることか、そういったもので選択が変わるかもしれない。

 この話に、特にオチはない。ただ、みなさんだったらどちらを選ばれるかな? とお話を振ってみただけである。
 宴席の話題に、ちょっとこんなお題はいかが? もし面白い回答があったら、ぜひメールでお教えくださいな。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記