2018年01月26日

【日記】セブンイレブン「チョコミントの生ガトーショコラ」

 というわけで、一日遅れ(この記事を書いているのは24日)でやっと入手しましたよ。セブンイレブンの「チョコミントの生ガトーショコラ」。



 店員さんが並べる横から売れていくというありさま。世の中にこんなに隠れチョコミン党がいたとは。でも先週発売の「チョコミントの和ぱふぇ」と「ざくざく食感チョコミントシュー」は残っていたので、チョコミン党というより、やはり「セブンを食うモノたち」が多いということかも。

 さて、細君の分とふたつ買ってきて、さっそく試食。
 細君の最初の感想は「思っていたより小さい」。確かに、ね、ウェブとかの写真で見ると、ショートケーキくらいの大きさと思いそうだが、実際にはちょっとミニサイズ。

 けっこう、綺麗に開けるのに苦労する包装である。
 お皿に乗っければこんな感じ。



 フォークで割ってみると――



 美味しそう。
 さっきの包装の話だが、こうやって剥くようになっている。



 つまり本来は、お皿に乗せて食べるのではなく、こうやって包装を剥いてオニギリのように食べるのが正解、なのかもしれない。セブン的には。



 今日はコーヒーメーカーで手抜きのドリップ。「父と子と聖霊の御名によって、アーメン」。射祷もそうそう、いただきます。

 む、これは――チョコミントとベース部のガトーショコラのバランスが絶妙だ。どちらかだけを食べると、しつこいか、スーッとしすぎだが、両方を口に入れて味わうと、実に美味しい。
 細君の感想は、甘すぎないし食べやすい。色もシュークリームより可愛いから、お客さまに出しても良さそうだけど……パッケージを開けにくいのが難点だぁ!

 それは確かに。お皿のないところでも食べられるパッケージングは秀逸ではあるけれど、剥きやすいもうひと工夫があっても良かったかな?

 とにもかくにも、念願の「チョコミントの生ガトーショコラ」を食べられて満足である。ごちそうさまでした。
 俺、これで故郷に帰って、女房と店を出せ、る、よ、ガクッ……。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記