2018年02月05日

【日記】「Hi爆弾」(スパムメール)

 このところ、ロシア美人(想像)を装ったスパムメールがひどい。一日に3ケタの通数ではいってくるのだから閉口する。


(クリックで拡大できます)

 こんな感じだ。
 弊社スタッフのco.jpアドレスすべてに送られてくるので、みな渋い顔をしている。co.jpメアドなので、簡単に変えるわけにはいかない。いったい、どこの取引社がメアドをお漏らししたのだか。
 このスパム、われわれは通称「Hi爆弾」と呼んでいる。Subjectが「Hi」で、短時間で爆撃されることが多いから。

 ヘッダに特徴があって――

X-Mailer: PHPMailer 5.2.22


 をスパム条件にしてしまえば、メールクライアントで振り分けるのは簡単なのだが、わたしは仕事のメールをスマホに転送していて、そちらでは全メールを受信しているので、削除が面倒なことこの上ない。
 転送メールにフィルタをかけるのは容易だが、もしも本当の仕事のメールをスパムに入れてしまって読み逃してしまうリスクを考えると、それもちょっとできかねるか、と、思案に暮れているところだ。

 この「Hi爆弾」のスパム、内容はだいたい同じである。

Hi kyosuke, my name is Anya and i'm from Russia. Currently I live in US. Im so glad to see your profile on Facebook. You seem like my type and I would like us to know each other better. You are super cute and handsome. If you feel the same, email me *********@rambler.ru and I will send some of my photos. Hugs, Anya


 超訳すれば――

ハイ、キョースケ。あたしの名前はアーニャ。ロシア娘よ。でも今はアメリカにいるの。あなたのフェイスブックのプロフィール素敵だわ。あなたはわたしのタイプ。お互いのことを知り合えたらどんなに素敵かしら。あなたはとてもキュートでハンサム。もしなにかピンときたら、あたしにメールしてよ。そしたらあたしの写真を送るわ。チュ♥


 てな感じだろう。htmlメールだが、ウイルスやワームが添付されているわけではない。
 いったい、相手の目的がわからない。検索してみても、「心当たりのないメールに返事はしないでください」というあたりまえの回答があるばかり。

 ちなみに、「Hi爆弾」のそれぞれのメアドは違っているのである。

 そこで、いくつか届いたばかりの「Hi爆弾」に、こんなこともあろうかと用意してある捨てメアドでお返事を出してみることにした(真似しないように)。


(松本零士「宇宙戦艦ヤマト」1巻より引用。さすが真田さん)

Hi thx your mail.
What a girl you are!
I want to get to know each other real well.


 すると、しばらくして――

Subject: Failure Notice
Sorry, we were unable to deliver your message to the following address.
<*************@rambler.ru>:
Remote host said: 540 5.7.1 <***********@rambler.ru>: recipient address rejected: Blocked [RCPT_TO]


 あらら、Failure Notice。メーラーデーモンさんに拒否されてしまった。
 どうも、捨てメアドのsmtpサーバがDNSBLの情報をもとに送信を拒否している感じだ。

 他の「Hi爆弾」に載せられているメアドいくつかにも送りつけてみたが、結果は同じ。
 こうなるとなんだか、送るほうも送るだけムダ、という気がしないでもないのだが……。

 いったいなにがしたいのか、一向にわからないこの「Hi爆弾」スパム。出会い系サイトのサクラという話もあるが、真偽は定かではない。

 長年ネットをやっていると、こういうのも長くは続かない、とわかっているので、今は電子の防空壕をうまく使ってしのいでいるところである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記