2018年02月13日

【日記】パンケーキ・ディ

 大方の日本人にとって、明日、2月14日(水)は「バレンタインディ」で悲喜こもごもなわけだが、日本人の0.3パーセントであるカトリック信者にとっては、今年の明日は「灰の水曜日」である。
 灰の水曜日はイースターの46日前と決まっているので、移動祝日であるイースターにともなって、毎年、日付が変わる。今年はたまたま、バレンタインディと重なったわけだ。

 教会は「灰の水曜日」を境に、祈りと節制の「四旬節」に入る。その前日に、美味しいものを食べておこう、というのがマルディグラ、別名「パンケーキ・ディ」である。

 というわけで、我が家では、お料理苦手のわたしがパンケーキを焼きますヨ(といっても、別に「男正月」と違って、この日のパンケーキは男性が焼く、という風習がカトリックにあるわけではない)。

 まずは材料一式。この日のために、ネットで評判だったダイソーでパンケーキの型も揃えてみました。



 レシピどおり、ホットケーキミックスをコネコネしまして――



 ダイソーのパンケーキ型の内側にバターを塗り塗り。難しいなぁ。お料理って結局「手技」だと思う。手先の器用でない自分には難関が多い。



 パンケーキミックスを内側のラインまで入れて――



 トントンと叩いて空気を抜く。ふーむ。なるほどね。



 弱火で温めたフライパンに、このケーキ型をそのまま投入ー。



 フタをして、7分焼きます。うまくいくかなぁ……。



 7分後。こんなものでいいのかなぁ? ここで裏返して、油(あるいはバター)をひいたフライパンに乗せろ、というレシピの指示。裏面を焼くときはフタはいらないそうで。
 えいや、っと。



 そしてまた三分焼きます。型はいつ取るのだろう。ちょっと不安になってきたので、ここで型を抜いてみますヨ。



 おぅ、竹串にもケーキミックスはついてこないし、いい感じではないかい?



 完成ー! お料理苦手男子の初心者パンケーキにしては及第点ではないでしょうか。
 調子に乗ってセカンドロットもいきますよ。



 ありゃあ、今度はちょっと失敗。パンケーキがはみ出てしまった。
 パンケーキミックスが残っているので、サードロットまでGo。



 形はアレですが、まぁ三段重ねのパンケーキができたのでよしとしましょう。
 お料理苦手男子の初心者パンケーキとしては、まぁまぁのできだと点を甘くしてくださいな。



 サイフォンでコーヒーを入れて、細君といただきます。
 味は、まあホットケーキミックスで作ったので、それほどひどいものにはなっていませんヨ(笑)。よかったよかった。
 なにかフルーツやクリームなどの甘いつけ合せを用意できるほどの気は回らない、お料理苦手男子でありました。

 というわけで、パンケーキでおなかいっぱい。けれど明日は「灰の水曜日」。額に灰で十字を描かれるカトリック信者も、チョコをもらえない男子も、チョコをあげない女子も、みな、罪深い人間なのです。
 塵から生まれ、塵に帰りなさい。どっとはらい。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記