2018年02月23日

【日記】ポメラDM200とダイヤモンドカーソル

「RBB TODAY」の舘神龍彦先生の記事、「【デジアナ文具最前線】第4回 ポメラ再入門(その3)ポメラはクラウドエディターになった」の中で、先生が「DM200ではダイヤモンドカーソルが使える」というような意味のことをお書きになっていて、「エッ」と仰天してしまった。

 少なくとも、わたしが愛用しているポメラ「DM200」の個体ではダイヤモンドカーソルは効かない。
 今この状態で、Ctrl-Eではなにも起きないし、Ctrl-Sは「セーブ」だし、Ctrl-Xは「切り取り」、Ctrl-Dは「動作なし」である。

 ここではっきりさせておくと、ダイヤモンドカーソルというのは、キーボードのホームポジションから手を離さず、Ctrlキーと特定のキーを押すとカーソル移動ができるという、CP/M時代のいにしえの英語ワープロWordstar≠ェ採用したキーボード操作体系である。

 Ctrl-A:カーソル単語一語前へ
 Ctrl-F:カーソル単語一語後ろへ
 Ctrl-E:カーソル上移動
 Ctrl-X:カーソル下移動
 Ctrl-S:カーソル左移動
 Ctrl-D:カーソル右移動
 Ctrl-R:一画面上スクロール
 Ctrl-C:一画面下スクロール
 Ctrl-G:カーソル位置一文字消去
 Ctrl-H:バックスペース


 これが満たされていて、初めて「ダイヤモンドカーソル実装」と言える(と、わたしは思っている)。
 また、欲を言えば「Ctrl-Q」を打ったあとの複合操作まであれば文句がない(Ctrl-Q-Fで「検索」など)。

 しかし、舘神先生はいろいろご著書を拝読したこともあり、いい加減なことをおっしゃる方ではない。その慧眼も存じあげているので、きっとどこか、わたしが知らない設定があるのだろうと、こうしてポメラ「DM200」を実際にいじりながら、ああでもないこうでもないと唸っているところだ。

 そこでわかったことだが(舘神先生はエディタとお書きになっているが)、ATOKの変換前文字列中(ひらがなで書いていて、下線がつけられている最中)ならば――

 Ctrl-S:カーソル左移動
 Ctrl-D:カーソル右移動
 Ctrl-G:カーソル位置一文字消去(気づき済み)
 Ctrl-H:バックスペース(気づき済み)

 が効くことを発見した。
 残念ながら、Ctrl-Eは「カーソル上移動」ではなく「カーソル文頭移動」に、Ctrl-Xは「カーソル下移動」ではなく「カーソル行末移動」になってしまう。

 以前にも書いたが、わたしは単文節変換の人なので、上記の複合キー操作がATOKの変換中、使えることに気づいていなかった
 Ctrl-Gは気づいていたが、DM200のエディタ内では「行指定ジャンプ」になってしまう。非常に非常に非常に非常に残念だ。

 ちなみに、Ctrl-Hは、ポメラ「DM100」から「DM200」になって、ATOK内だけではなくエディタ内でも効くようになった。このことは何度でも賞賛したい。

 Windowsなどのアプリケーションで、Ctrl-Hを「ヒストリ」などにしているアプリ制作者は、真夏に全身に蜜を塗り竹藪へ縛り付けて一晩蚊責めにしても足りないくらい罪深いと思っている。

 話を元に戻して、しかしやはり、この程度で「DM200はダイヤモンドカーソルが使える」とは言いがたい、と、わたしは感じる。

 よく記事を読むと、舘神先生は記事中で「ダイヤモンドカーソルを踏襲している」、というような意味あいでお書きになられていて「使える」と明言・断言はしていない。このあたり、微妙だけれど、間違ってはいないのだろうな……。

 ただちょっと、わたしの「本物のダイヤモンドカーソル」へのこだわりが強すぎて、DM200のCtrlキー操作程度では「踏襲」レベルにすらこぎつけていないと感じてしまうのが、違和感の原因なのだろう。

 Ctrl-Cが「コピー」、Ctrl-Xが「切り取り」、Ctrl-Vが「貼り付け」になったのは、CP/M全盛期のWordstar時代ではなく、Windows時代になってからだと記憶している。

 わたしがダイヤモンドカーソルを縦横に使って気持ちよく(キーボードで書いていることを忘れるくらい)書けるエディタは、自分でカスタマイズしたQXエディタしかない。

 親指シフトもそうだが、たとえ高機能であってもフィジカルな訓練を必要とする入力デバイスは、一般化、大衆化の波に呑まれると消えていってしまうものなのかもしれない。
 残念なことではあるが。
タグ:執筆機
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記