2018年03月21日

【映画評】ブルース・オールマイティ

 ジム・キャリーは特別好きな俳優というわけではないのだが、「マスク」や「トゥルーマン・ショー」は大好きである。そしてこの「ブルース・オールマイティ(2003)」もお気に入り。実はけっこう、ジム・キャリー好きなのかもしれない。

 あらすじ――テレビ局ニュースリポーターのブルース・ノーランは、今日のナイアガラの取材こそは、どんな道化でも喜んで演じるつもりだった。なにしろ、アンカーマンの引退にともなって、次こそは自分が、という目が出てきていたからだ。
 ところがその取材中に、ライバルのエヴァンがアンカーマンの座を得たことを知ったブルース。自暴自棄になって、リポートは滅茶苦茶に。そして局はクビになり追い出されてしまう。しかも、やけくそついでに浮浪者を助けたらチンピラどもにリンチされるというおまけつき。



 ブルースは呪う。神はえこひいきしている「神は僕を無視している」、「あんたは職務怠慢だ」と。



 とたん、彼は不思議なポケットベル番号「5502」に呼び出される。無視したブルースだったが、翌日もしつこくこの番号に呼び出され、電話をかけてみると、相手は言った。「出世のチャンスを奪われた? 君より才能のないやつが横取りした? 君はブルースだね。じゃ、君に仕事がある。住所は――」
 ブルースがそこへ行ってみると、そこは外見ボロボロのビルディング。中のオフィスは真っ白でなにもない。清掃人がひとり、働いているだけだ。



 ドタバタの末、この清掃人こそが神≠セと知ったブルース。そして神≠ヘ「文句があるなら君が神の仕事をしろ」と伝えるのだった。



 この真っ白なオフィスのシーンのドタバタが、ジム・キャリーらしくて楽しい。神様役は見てのとおり、モーガン・フリーマンである。
 ところで謎の番号「5502」はなにかキリスト教か聖書由来なのかなぁと調べたが、ちょっとわからなかった。意味があるのかないのか、謎である。

 半信半疑のまま、ビルを飛び出したブルースは、レストランに飛び込んでトマト・スープを注文。そこでモーセのごとく、スープを二つに割るという奇跡を起こす。





 このあたりでもう爆笑である。

 自分が神の力を引き継いだことを知ったブルースは、もうやりたい放題。ブティックのショー・ウィンドウで一瞬にして気に入った服に着替え、前回やられたチンピラを叩きのめし、さらにはスクープをモノにしてテレビ局に復活。特ダネにつぐ特ダネをゲットして「MR.EXCLUSIVE」とまで呼ばれるように。
 さらにアンカーを務めていたエヴァンのろれつを回らなくして、自分がアンカーになるという道筋をつけるのだが――

 ブルースは大切な「神の仕事」を忘れていた。人々の祈りを聞く、という仕事である。頭の中に人々の祈りの声が山ほど押し寄せてくる。
 この祈りを具現化するシークエンスがまた楽しい。最初はファイルボックスだったのを、次はポストイットで整理しようとするが、部屋中が付箋だらけに。



 最終的には――



 オンライン化してしまうのだ(笑)。
 人々の祈りをダウンロードするが、これが朝までかかるというのは、ナローバンドなのか祈りが多すぎるのか。とにかく全部の祈りを全部かなえてしまうという暴挙に出たブルース。
 それでいいと思っていたブルースだったが、人々の祈りに尽きるところはない。街は混乱し暴動が起こり始める。

 自分のせいだ、と悟ったブルースは、例のビルへ。神に会い、助けを請う。
 ここの神のセリフが実にいい。

 神「ブルース。スープを二つに分けたのは奇跡じゃない。それは手品だ。仕事を持っているシングルマザーが子どもとの時間を作る。それが奇跡。ティーンエイジャーがドラッグから離れて学校へ通う。これも奇跡。人々はわたしにいろいろなことを頼る。しかしみな、自分が奇跡を起こせる力を持っている。奇跡を見たいかい? わが子よ。奇跡を起こせ(Be a miracle.)。


 ブルースは心を入れ替え、人々のために、自分ができる等身大のことで協力する。例の「神オンライン」もコンセントを抜き「ブルースは与え、ブルースは奪う」と一言。ここ、ヨブ記 1:21のパロディである。いいなぁ、こういうさりげなさ。
 エヴァンにも、自分がアンカーを退くことと祝辞を述べ、テレビ局の仕事も、今までどおり色モノリポーター≠ニして喜んで続けることにする。

 恋人のグレースが自分のためにどれだけ祈っているかを知ったブルース。高速道路でひざまづいて祈る。トラックにひかれたか、と思われた瞬間、真っ白な空間に。そしてまた神と会う。

 ここからのシークエンス。何度観てもいい。

 神「君には神の輝き(divine spark)がある。君には世界に楽しみと笑顔を与える才能がある。わたしがそう創った」
 ブルース「……自慢かよ(Quit bragging)」
 神「それだよ。それがわたしの言っているsparkだ」


 このブルースのウケが何度聞いてもいい。DVDの字幕だと――



 になっており、吹き替えだと「そうだっけ?」になっているが、やはり邦訳するなら「自慢かよ」が一番ピッタリくると思う。

「真の祈り」というものを悟ったブルースは、大怪我をしながらも現世に戻り、献血運動の会場から軽妙なリポートを送る。「Be a miracle.」の合言葉とともに。

 クリスチャンでなくても楽しめる、かるーいキリスト教入門として(そうか?)お勧めの一本。

 ちなみに、続編で、アンカーとなったエヴァンを主人公とした「エヴァン・オールマイティ」も作られているが、こちらはノアの箱舟を現代風にしたドタバタで、正直、それほど楽しい作品ではなかった。残念。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評

2018年03月20日

【甘味】スシロー「苺すぎるパフェ」

 細君が倒れた!
 いや、でも、すぐ立ち上がったの。

 細君は倒れたの!
 でも、すぐ立ち上がったの。

 だからね、細君は倒れたの!
 でも、すぐ立ち上がったの。

 こんなネタ、おそらく日本人1.27億人の中で、わかるのは数人しかいないと思われる(笑)。
 これは、タモリさんのオールナイトニッポンに忌野清志郎さんがゲストで出る予定だったとき、なにか都合でこられなかったことがあり、それでタモリさんが――

「清志郎は倒れたの! ね」
「でも、すぐ立ち上がったの」


 これをニッポン放送のスタジオで連呼して、そのたびにスタッフが爆笑。つられてリスナーも深夜に爆笑。今でも思い出すと、なぜかおかしくて涙が出るほど笑ってしまう。
 どなたか、この夜の放送のことをお覚えでいらっしゃいましたら、メールください。一緒に盛り上がりましょう。

 なんの話だっけ?
 そう、細君が倒れたの!
 でも、すぐ立ち上がったの。

 ほら、笑うでしょう?
 倒れたといっても、それほど心配はないよ、という深い意味もあるのである。ま、ちょっとした風邪である。

 で、外に出たついで、今夜は持ち帰り寿司にするか、と、いつもなら一人では入らない回転寿司「スシロー」に寄ると、なんという大混雑ぶり。持ち帰り寿司も40分待ちだという。
 そこで、最近評判の「スシローのスイーツ」を試してみるか、と、お一人さまでカウターへ座った次第。大勢待ち客がいても、一人カウンターならば10分もしないで案内してくれた。
 聞いた話だと「スシロー」は「スシローカフェ部」を発足し、甘いものにも力を入れているとか。さて、見せてもらおうか、「あきんどスシロー」の本気のスイーツとやらを。

 というわけで、この3月14日から発売(期間限定)という、スシローが一番自信を持っておすすめすの「苺すぎるパフェ」をパネルから注文。
 惹句には「苺すぎるパフェ――フレッシュ苺が、なんと14粒も入った、スシロー史上最も贅沢なパフェに仕上げました。みんなでわいわい、シェアしながらお楽しみ下さい!」とのこと。





「ご注文の品はレーンに乗って回ってきます」と表示されたので、パフェが回ってくると思い、わくわくしながらカメラを用意して待つこと十数分。ちなみに同パフェはレーンには回っていない。やはり注文専用らしい。

 と、いきなり後ろから――
「パフェ、お待たせいたしましたー」
 店員さんが手に持ってやってきた。ひょ、てっきりレーンを回ってくるのだとばかり思っていたから虚をつかれてしまった。
 さて、「苺すぎるパフェ」、そのいでたちは――







 およ、練乳なんてものもついてくる。
 上から見ると――



 美味しそう!
 さっそくいただきます。神に感謝(四旬節なのにー。でも昼食代わりなのでゴメンナサイ)。
 練乳を掛けなくても、苺は十分甘い。しばらく食べて減らしたところで、せっかくなので練乳投入。



 横についているハートの大きいのは、クッキーかと思っていたら、スポンジ生地である。



 全体の味としては、剛速球の「苺パフェ」だ。いよいよサクサクのフレーク部へ突入。



 ここから先は、撮影を忘れ、美味い甘い幸せーと食べつくし。
 ふと見ると、このパフェのカップ、スシローカフェ部のマークがついているのですな。気づかなかった。


(わかるかな……。ビミョーに「スシローカフェ部」のロゴが)

 さぁて、総評としては、さっきも少し触れたとおり、直球ド真ん中の苺パフェである。カップがガラスでない(プラスチック製)のが残念かな。味は美味しい、甘くて幸せ。しかし、量はもっともっと欲しかった。惹句では「シェアして」などと書いているが、「スシローカフェ部」は甘味好きをナメている。この程度の量では、お一人さまでも腹三分目である。

 なにしろ、この「苺すぎるパフェ」、お値段税込み1,058円である。『【甘味】デニーズ「とちおとめのザ・サンデー〜キャラメリゼ仕立て」』で食べた苺のキャラメリゼサンデーは、あのボリュームで税込み862円なのである

 さすが、あきんど<Xシロー!

 イチゴの粒数が多いから仕方ないのかもしれないが(以前記事にしたデニーズの『【日記】苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺!のザ・サンデー』でも11粒)、こういうスイーツの満足度は、単なるイチゴの粒数競争ではないのだなぁ、と思ったり。

 パフェの甘さは十分だったが、デニーズに比べお財布には辛い、と感じてしまう甘味者なのでした。
 というところで、この「苺すぎるパフェ」、期間限定メニューとのことなので、試してみたい方は是非スシローへ行って、あきんどぶりを堪能してきてくださいな。

 あ、そうそう、ご心配なく。
 細君は倒れたの!
 でも、お寿司を持って帰ったら、すぐ立ち上がったの。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年03月19日

【回想録】23年前(1995年)の3月

 1995の3月20日には、あの忌まわしき「地下鉄サリン事件」が起こっている。
 デジカメもまだ、エポックメーキングとなる民生機(RICOH DC-1)はまだ発売前で、その頃の個人的な記録も、銀塩写真で撮っていた。



 これは、私的ネットの仲間と行った「ナムコワンダーエッグ」の写真からの一枚。
「ナムコワンダーエッグ」は二子玉川に1992年に開園した、ナムコ経営の小さなテーマパーク。2000年の末に閉園している。

 焼きまれた日付を見ると、1995年3月19日。23年前の今日ではないか。そして「地下鉄サリン」の一日前。なんとも、複雑な気分になる。

 ここには「ギャラクシアン3」という、みなで参加する形のアトラクションがあるのだが、最後のボス敵を参加者みなで乱れ撃ちすると、まず間違いなくミッション成功するようになっていた。
 そこで、オフで参加人数が多かった我々は、何度目かのチャレンジで「わざとラスボスで手を抜いてバッドエンドを迎えてみない?」という計画を立てた。悪い奴らである。

 バヒュバヒューンとザコ敵を撃ちまくり、いよいよボス的登場。我々オフ仲間はそこでトリガーをパタッととめる。いきなりの劣勢化にドーム内がどよめくが、あああああーっ! そうこうしているうちに、こちらがやられてしまった。
 どういう表示だったかは思い出せないが、とても珍しい「バッド・エンド」を見られたのは確かである。
 みなで笑いながら場外へ出たが、そのとき参加していた、他のプレイヤーのみなさん、申しわけありませんでした。



 もう一枚は、以前にも貼ったが、当時のモバイル通信の風景である。こうやって、灰色のISDN公衆電話の方に、モジュラジャックで接続し、通信していた。つないでいたマシンは何だろう。ポケットOASYSだったかもしれない。

 もっとも、みながみな、こんな使い方をしていたわけではなく、こんなことをやっているのは、我々のような酔狂なネットワーカーばかりで、仕事の現場で使われていたというような話は聞いたことが(まだ)なかった。

 前述したとおり、まだデジカメすら民生機ではなかった時代である(マビカはあったが)。そう、携帯電話すら、みんな持っていなかった。

 今は小学生の85パーセントが、公衆電話の使い方を知らない時代になったそうである。
 当時のSF作家が想像もできなかった2018年を、我々は生きている。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年03月18日

【甘味】デニーズ「とちおとめのザ・サンデー〜キャラメリゼ仕立て」

 出張のために外出。平日の昼に街を歩いていると、おや、デニーズに幟が立っている。







 腹は減っていなかったが(わたしは定時に食事を摂るのではなく、空腹になったら食べるタイプ)、春の陽気に誘われて、どうにも食指がムズムズと……。
 気づいたら店内に入ってしまっていた。

 さっそく席に案内されると、ラミメニューがババン。



 これは食欲ならぬ甘欲≠そそる。イチゴの名品「とちおとめ」を使い、上から――
 ・フレッシュ苺
 ・クレームムースリーヌ
 ・バナナ
 ・苺ソルベ&バニラアイス
 ・サクサクのパイ
 ・苺ゼリー&ナタデココ
 ・フレッシュ苺
 ・苺クリーム
 ・苺ソース
 ・バニラアイス
 ・苺ソース

 と、重層につくられたサンデーである。しかも何たる偶然か、今日(2018/03/13)からの新メニューらしい。頼まない理由がないですな。
 これは楽しみ、と、ランチもとらずに注文。なんか、向かいのOLさん二人に笑われているような気がしないでもないが、気にしなーい。

 待つことしばらく、来ましたよ――。





 あまりの充填ぶりに、上のイチゴが一個、ポロンと落ちてしまっていた。



 ウェイトレスのお嬢さんも謝ってくださったが、別に食べられれば気にしないのでよし。
 上から見たら大迫力だ。



 食べてみると、イチゴの酸味、キャラメリゼのほのかな苦味、クリームの甘味、アイスの冷たさが心地よーい。
 次の打ち合わせの時間を頭に入れながら、ゆっくりとパクパク楽しんで、ふー、ごちそうさまでした。



 このメニューも「期間限定」とのことなので、イチゴのサンデー好きは、ぜひ、デニーズへGOということで。

 あぁ、やっぱり春はいいな。甘いものを楽しむと体調も良くなる気がする。
 えっ、この先、また寒くなるの!? うーん。まぁ、三寒四温のシーズン、本格的な春になるまで、耐えるしかないですな。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年03月17日

【回想録】ラジオドラマ『ガルシン「信号」』の思い出

 ロシアの作家ガルシンの短編に「信号」というものがある。教科書にも載っていたので、「ああ、懐かしい」と思われた方も多いのではないだろうか。

 わたしたちの中学校の教科書にも、この、ガルシンの「信号」が載っていた。中学二年のそれではなかったかなぁ。おそらく、教科書のかなり後半の方だったと思う。三学期に入ってからの内容ではなかっただろうか。

「【回想録】思い出に残る授業」にも出てくる国語の先生は鷹揚で、三学期のこの、ガルシンの「信号」を、生徒各自の自由課題にしたのだった。
 つまり、感想文を書くのも、漢字の書き取りをするのも、なにをするのも自由、としたのである。ただし、成果物は提出すること、となっていた。

 そこで、わたしが所属していたやんちゃグループは、これを「ラジオドラマ」にすることにしたのである。

 シナリオは畏友H君が担当した。主役のセミョーン≠ヘわたし、主役の妻役はS君が裏声で(我々のグループに女生徒はいなかった)。線路を壊すヴァシーリィ≠H君が、その他の役とテクニカルエンジニアをこだわり屋のY君、演出はK君が務めた。

 成績だけでなく地頭も良かったH君のシナリオは完璧であった。短い時間によくまとめたと皆で驚いたものだ。
 録音にはそう時間がかけられない。一日でやるしかない。幸い、気のいいS君が部屋を貸してくれるというので、日曜日、皆で数台のラジカセや効果音レコードを持って彼の家を訪問した。
 当時、簡単にケーブルをつないでミキシングや多重録音はできなかった。一台のラジカセでBGMを流しながら、別のラジカセで録音し、台詞入れを行うのである。
 もちろん、中学生のやることだから、稚拙である。しかしこの日は、朝からもうみんな、笑いが止まらなかった。

「オープニングはこの曲でやんね?」
「いやもうちょっと壮大な感じでさ」
「壮大な話じゃないじゃんこれ(一同笑)」
「Sの裏声、悪いけどちょっとキモすぎ」
「ここでこの効果音はあまりに合ってなくない?(一同笑)」
「恭介噛みすぎ。やりなおし」
「この噛んでるところが迫真の演技なんだよ(笑)」

 こんな調子だから、朝から始めたのに、もう日が暮れ始めているのにまだ終わらない。

 最後、ストーリーを知っている方ならご存知だと思うが、ヴァシーリイは最後に鉄道の線路を壊し列車の転覆を謀る。それを阻止しようと、セミョーンは自らの体を刺して、噴出した血でハンカチを赤くぬらし、それを振って列車を止めようとするのである。

「ここは効果音が一番生きるところだな」
「ナイフで体を刺すシーン、いい音がないなぁ」
「これはどうだろう」と、S君がジャージのチャックをジャッ≠ニ引き下ろした。いい感じである(と、みな思った(笑))。
「あとは血しぶきが出るシーンの音だな」
「もうさ、めんどくさいから、泉がゴボゴボ湧き出てるこの効果音集から取っちゃおうぜ」
「もうそれでいいんじゃない(一同笑)」

 というわけでGo。H君の迫真の演技のあと、S君がジャージのチャックをジャッ≠ニ引き下ろし、泉がゴボゴボ湧き出る音が……。
 そしてわたしセミョーンの独白のあと、ヴァシーリィが決める。「あっしをしばっておくんなせぃ。あっしが、線路を外したんだ……」

 録音を聞き返してみると、いやもう、全員、大爆笑。血が吹き出るとかいう話ではない。こりゃもうセミョーン、出血多量で死んでるって、というレベルである。

 最後には、当時流行していたスターウォーズのテーマを流して、無理矢理感動的に終わるという、中学生がつくったならではのラジオドラマ「ガルシン『信号』」ができあがったのであった。

 いや、思い返しても懐かしく、そして、あのときの楽しい一日が心に蘇ってくる。
 録音テープはおのおのダビングして、もちろん、成果物として先生にも提出した。先生が聞いてくれたかどうかはわからない。感想はいただけなかったんじゃないかなぁ。

 あのときの録音テープは、10年、20年と経って、たしかMiniDisc化まではしたはずだが、mp3にまではしていなかったと思う。
 機会があったら、MDの棚から該当ディスクを探しだしてデジタル化して残しておきたい。
 今聞いてみると、きっと恥ずかしい「黒歴史」は通り過ぎ、むしろ中学生の頃のあのピュアさ、純真さを想起して、暖かい気持ちになれそうに思うから。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録