2018年03月11日

【日記】結婚は命がけでやるものです

 ツイッターで話題になったものの引用。

30代独身の知人女性に「結婚って他人と一緒に住むわけじゃん。寝てる時に包丁で刺される可能性もあるし、よくそんなリスキーなことできるね」って言われたんだけど、もう野生動物の発想だなって思った。


 これ、正確には「野生動物の発想」ではなく「群れを作らない動物の発想」だと思う。野生動物でも、群れを作る種族はたくさんある。
 もうちょっと厳しく言ってしまえば「社会性のない動物」である。身近な例をあげれば、ネコなんかがそう。単独で生き、基本的に群れを作らない。親子関係以外はね。

 さて、本稿ではそういうことを書きたいのではない。むしろ、わたしはこの書き込みに純粋に驚いたのである。
 結婚というのは、いつ配偶者に殺されるかわからない、そういう覚悟を持ってする、命がけのことである。こんなことは、既婚者ならば当然のこと、未婚者も知っていて、本当は当たり前のことなのだ。

 原典を当たることができないので正確な引用はできないが、日本の血液型性格診断の祖、能見正比古氏のエッセイの中に、こんな内容があった。
 なにか夫婦の間で意見の相違があり、能見氏はふて腐れて寝てしまった。その後ろで妻がなにか包丁を持っている気配があるので、能見氏は寝ぼけつつ「殺すなら痛くないように頼む」と言った。結局、能見氏は朝まで無事に過ごすことができたのだが、妻の本心はわからない。ただ、女房になら殺されてもいいという覚悟はあった、という。

 わたしがそれを読んだのは未婚の頃だったが、なぜか心に残る一文であった。

 実際、夫婦というのはそういうものである。互いに、完全犯罪で相手を殺すことができる関係性の中で生活しているのである。
 その覚悟なくして、結婚などできない。

 わたしも細君にプロポーズし、結婚したのは、「この女になら殺されてもいい」と確信したからである。「彼女に殺されるなら本望だ」と、むしろ「殺されるなら彼女にお願いしたい」と。
 ちなみに、細君がどう思っているかどうかはわからないが(笑)。

 ここ最近、結婚率が減っている、離婚率が増えている、というのは、このあたりにも原因があるのではないかな、と、思ったりもする。

 はっきり言っておく。「結婚は命がけでやるものです」よ。
 その覚悟なくして、夫婦というものは成長しない。

 結婚てのはね、若い男女がワイングラスを持って「乾杯」なんてやっているのとはわけが違う。散らかったキッチンテーブルの向かいに座った配偶者といつケンカが始まってもおかしくない、刺すか、刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。尻の青いガキはすっこんでろ。
(昔懐かしい吉野家コピペの改変だが、これも今の世代には通用しないらしい)

 いささかとっちらかり気味になったので、話を最初に戻すが、人間は社会的動物であり、基本、群れを作って生活するようにできている。
 最初の引用にある「30代独身の知人女性」は、野生動物の発想でもなんでもない、30歳になろうが、どれだけ仕事ができようが、結局は社会性が薄い――ようするに「幼い」のである。今の人間は、幼いまま年を取る。ウーパールーパーのようなものである。

 それが一概に悪いことだとは言わない。
 ただ、これからの非婚社会、少子化社会を解決したいと政府が思うならば、若者の「金がない」問題ばかりではなく、こういった幼形成熟≠ノもスポットライトを当てねばならないかもしれないな、と思うのである。

 それと、携帯だスマホだLINEだTwitterだとコミュニケーションの手段ばかりが高度化し、逆に選択肢が多いゆえにか「この相手になら殺されても本望だ」とまで愛せる相手にめぐり合うことができなくなってしまったこの社会も、また不幸だなぁ、と嘆息ひとつ。

 追記:わたしは非婚、少子化を、若者の選択≠セと思っているので、これもまた一概に悪いことだと思っていない。ウーパールーパー、可愛いじゃん。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記