2018年03月13日

【甘味】スタバ「ムースフォームラテ」

 スターバックスからメールで、下記のチケットをいただいたのだった。



 別に「無料」ではなく「有料」である。2018/03/15(木)に新発売される「ムースフォームラテ」を、先行して水曜日までお試しいただける、というチケット。

 せっかくだから、と、外出する用事もあったので、ショッピングセンター内のスタバへ朝いちで。最初のお客ですよ。

 カウンターのお嬢さんにスマホの上記画面をみせて――
 わたし「すみません、これをお願いできますか?」

 すると、お嬢さんの顔色がサッと変わった。なんでやねん。

 お嬢さん「申しわけありません。こちらの商品、今日、仕込みに失敗いたしまして、ご提供することができなくなってしまいました」

仕込みに失敗いたしまして!

 なんともまあ。では仕方ない。ここでCODなどを取ってのんびりせず、さっさときびすを返すのが俺よ。
 というわけで、電車に乗って中心街のスタバまで行くことに。
 おっと、ここでいいことが。JR内のAQUAでしか売っていないという、ダイドーの「甘美なふって飲むショートケーキ」缶を発見したのである。



 やったぁ。これ、去年の12月発売だったのでいまさらだが、わたしは今まで、なかなかめぐり合えなかったのだ。



「5回程度振ってから」との注意書きがあるが、わたしはシャコシャコと10回も振ってしまった。
 その結果がコレ。



 ん、フリフリ10回でも悪くない感じだ。飲んでみると、んー、まだ塊部分も残っていて、喉越しは甘い湯豆腐を飲んでいるよう。なんというか、ショートケーキをミキサーにかけて飲んだらこんな味だろうなぁ。という食感である。
 いや、決して悪くない。甘味者としてはお勧めの一品である。もう一度めぐり合ったらリピートしちゃうね、コレ。
 わたしの地元だと、なかなかAQUA自販機の中に入っていることが少ないのが残念だ。

 さて、二駅越えて、駅ビルの中のスタバへ。
 そこで例のバーコード画面をカウンターのお兄さんに見せたら、笑顔で「ご利用ありがとうございます」と言ってくださいましたよ。ホッ。ここでは――

仕込みに成功!

 していたらしい。ホットとアイスが選べるが、今日はホットをお願い。サイズはトールのみだ。
 さて、いただいたのがコレ。見かけは一見、ふつうのコーヒー。





 提供台のお嬢さんいわく「こちら、フォームミルクがたっぷり入っておりますので、ぜひ、リッドをしたままお召し上がりください」とのこと。
 となるとリッドを開けてみたくなるのが人情。席についてリッドを開けてみると――



 なるほど。フォームミルクが本当にたっぷりだ。
 リッドの飲み口のフタは、コーヒーのそれと違って、プチリと取れるようになっている。



 では再びリッドをして、一口。うん。コーヒーだ。エスプレッソにフォームミルクをたっぷり乗せたもの。そしてこのフォームミルク、全然甘くない。
 我が家でもミルクフォーマーで泡立てたフォームミルクを、ブラックコーヒーに乗せて飲むことがあるので、この味は嫌いではない。が、甘味ではないな、コレ。



 コクコクと飲んで、フォームミルク下部のコーヒーがなくなると、いきなり飲みにくくなる。リッドを開けてみると、フォームミルクがけっこう溜まったままだ。この粘度は自宅のミルクフォーマーではでないなぁ、などと当たり前のことに感心。
 いい歳をしたオッサンが、カップを唇につけて持ち上げ、その底をトントン叩いて中身を喉へ落とす、などというような恥ずかしいことはさすがにできなかったので、コンディメントバーへ行って砂糖を一袋いれ、スプーンを貰ってくる。



 かき混ぜて、すくうように食べると、このフォームミルクが――

うんまい!

 甘味好きなわたし。最初にリッドをあけたとき、そこに砂糖を入れてから飲んだ方がよかったかもな、と反省。

 このスタバの「ムースフォームラテ」。2018/03/15(木)から全国発売(ただしホットは2018/05/08までの期間限定)されるとのこと。
 次は、この密度の濃い粘度たっぷりのフォームミルクに、砂糖をひと袋分ふりかけて、自然に溶けるのをゆっくりと楽しみながら飲んでみるか、と思わせた一品であった。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味