2018年03月26日

【回想録】ゲーム「MYST」の思い出

 ゲーム「MYST」は、もとはマック用だったと記憶している。たしかHyperCardで動くよう作られ、その後、Windows版、家庭用ゲーム機にも移植されていったはず。

「MYST」は「ミスト」と読む。「マイスト」ではない。


(サターン版とプレイステーション版。サターン版には「A+R+L+Start」という謎の付箋がはってある。なにかの裏技モードがあったのかもしれない)

 わたしが初めて「MYST」を体験して、最後まで終わらせたのは、サターン版だった。これは「サン電子」が移植し販売したものだが、初期ロットには特定の動作をすると画面上にコアダンプするというバグがあり、バグを直した良品と交換してもらった、という経緯がある(のは別の記事でも書いたか)。


(これが珍しいバグ画面)

「MYST」は革命的だった。上で「体験」と書いたが、本当に「体験」であった。
 内容だが、プレイヤーは正体不明の「MYST島」に迷い込み、そこを起点にいくつかの世界を冒険して謎を解き、最終的にこの島を作った人物と接触して島を脱出する、というもの。

 こう書くと、アドベンチャー? RPG? と、現代のゲームしか知らない読者はいろいろ想像するかもしれないが、そういったゲームとは一線を画している。
 なにしろ、画面に現れるのは、静謐で美しい一枚絵のCGである。基本的に画面をクリックすると、次の画面へ移動するか、なにか画面上のものを動かすことができる。
 人は最後のシーン(と、図書館にある怪しげな本の中)にしか登場しない。
 基本、「MYST島」も、そこから行ける世界も、自然音のみでとても静かだ。たまに蝶がとんでいたりするが、どの世界も、恐ろしいほどの「静寂」に満ちている。そこにあるのは、圧倒的な「孤独感」だ。

 それまで、いや、今までも、これほどの「孤独感」を感じられるゲームはなかったと言ってもいい。

 そして、要所要所では、荘厳で美しい音楽が響く。

 各世界の「謎」は本当に「謎」である。「謎」として提示されることもない。なにをやっていいかすらわからない。「孤独感」と「謎ともわからない謎」の中で、プレイヤーはひたすら途方に暮れる。

 これらは、「MYST」の原作の制作会社「Cyan」が、当初、意図したものではないだろう。ただ、当時のPCおよび制作費の限界の中で制作したものが、逆に良い効果として結実したのだろうと想像している。

 その証拠に、続編の「RIVEN」では、いきなり人が登場してくるのだが、当時、パソコン通信では「ガッカリした」という声が大きかったのである。みな、「MYST」のあの孤独感が好きだったのだな。
 もちろん、「RIVEN」もそれなりに面白くはあったのだが、「MYST」のインパクトにはかなわなかったと感じている。

 今でも、深夜にサターンの「MYST」を、細君と二人で「なんかこの美しさが逆に怖いよね……」と言いながらプレイしていた日々を思い出す。

「MYST」の洒落ているところは、すべての謎を解くと、答への入り口はなんと、最初の出発場所からすぐのところにある、というところだ。答さえ知っていれば、開始から数分でエンディングを見ることができるのである。
 なお、その際、あるアイテムを持っていかないと、永久に「MYST島」に閉じ込められるというバッドエンドになるというのもなかなか。

 この「MYST」と「RIVEN」。音楽もなかなか素晴らしかったため、まだアマゾン日本がなかった時代でもあり、畏友R氏と折半しあって、アメリカアマゾンからCDを購入した憶えがある(R氏は尋常ではない音楽通なので、アメリカアマゾンが稼働し始めた頃から、すでに頼もしいアマゾンユーザーであった)。
 今もその曲を聴きながら、これを書いている。

「MYST」はその後シリーズになり、3DCGになった「real MYST」などもやってみたが、「なんかちがーう」という感想しかなかった。やはり「MYST」は、あの「孤独感」がなければダメだ、とわたしは思う。

 そうそう、「MYST」のパロディ作で「PYST」というものがあることをご存じの方は少ないだろう。読み方はもちろん、「パイスト」ではなく「ピスト」である。


(これが「PYST」のパッケージ。「インタラクティブCD-ROM&オンラインコメディー」と銘打たれているが、別にオンラインゲームではない)

 こちらのコンセプトは、「あの美しいMYST島が観光地になった。観光客が大勢訪れ、モノは捨てられ汚されひどいものに」というもの。謎などはなく、CD-ROMソフト黎明期のユーザーなら誰でも知っている「おばあちゃんとぼくと」のようなインタラクティブソフトであった。
 数十分で楽しめる内容であったが、それなりに面白かったと記憶している。

「MYST」と「RIVEN」は、もう一度やってみたいゲームの筆頭である。書斎をあさってみると、プレイステーション版も買っていた。今のプレステで動くのかな(そういったことにはめっきり疎くなってしまった)。
 きっと、もう一度「MYST島」に行くことができたら、あの孤独感の中に、懐かしさを感じるに違いない。
タグ:ゲーム
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録